73件中 11 - 20件表示
  • 片岡安祐美

    片岡安祐美から見た辻発彦

    2009年9月9日、中日ドラゴンズ2軍との交流戦(ナゴヤドーム)にて、9回表一死無走者にて代打で登場し、岩田慎司よりレフト前ヒットを放つ。なお、この代打をコールしたのは自軍監督の萩本欽一ではなく、なぜか対戦相手の監督辻発彦であった。辻は続けて二死後には萩本の代打もコールしている(投手岩田、投ゴロ)。片岡安祐美 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡安祐美

    片岡安祐美から見た小椋真介

    2005年6月4日、福岡Yahoo!JAPANドームで行われた福岡ソフトバンクホークスとの親善試合で、7回表に代打で出場。小椋真介と対戦し、キャッチャーゴロに打ち取られる。片岡安祐美 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡安祐美

    片岡安祐美から見た日本テレビ放送網

    片岡は萩本欽一と初めて会ったとき、萩本から「いい目をしている。こんな目に会ったのはキムタク以来だ」と言われた(萩本はこのことを小堺一機などにも語っている)。萩本は片岡に初対面のその日に夜の9時から朝の4時までぶっ続けで話しこんだ(※当時、片岡は女子高校生)。萩本の「人の目をそらさずずっと話し続ける」習慣や、「態度がなってない」などときつい言動などがあり、片岡は「正直言って毛嫌いしていた」。が、『24時間テレビ30』(日本テレビ系)のマラソンで萩本が走る姿を見て、「胸が痛くなり」、見直したという。なお、片岡が小林と入籍した際に婚姻届の証人として署名している。片岡安祐美 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡安祐美

    片岡安祐美から見た小学館

    『TOUCH UP!』(小学館、2008年)ISBN 978-4093637190片岡安祐美 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡安祐美

    片岡安祐美から見たエイベックス・グループ

    レコード会社のエイベックスと個人スポンサー契約を結んでおり、練習試合では「エイベックス片岡」という登録名で出場することもある。背番号は「1」だが、「はじめて」と読む(ゴールデンゴールズ最初の選手の意)。ユニフォームのバックネームは「AYUMI」(「KATAOKA」のものもある)。片岡安祐美 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡安祐美

    片岡安祐美から見たテレビ東京

    ドラGO!(テレビ東京) - 同じ事務所の東貴博とペアで出演片岡安祐美 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡安祐美

    片岡安祐美から見た全日本クラブ野球選手権

    、第39回全日本クラブ野球選手権で、茨城ゴールデンゴールズが松山フェニックス(愛媛)をタイブレークの末8-7で破り、6年ぶり3回目の優勝、自身としては初の優勝に導いた。大会史上初の女性の優勝監督となった。片岡安祐美 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡安祐美

    片岡安祐美から見た北別府学

    2005年3月20日、プロ野球マスターズリーグ選抜との「球団設立記念試合」に2番二塁手でスタメン出場。第1打席は川口和久と対戦しセカンドゴロ、第2打席は北別府学と対戦しライト前に流し打つがライトゴロに終わる。片岡安祐美 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡安祐美

    片岡安祐美から見た津口竜一

    2005年8月20日、こまちスタジアムで行われた「秋田社会人選抜」との試合で、津口竜一(TDK)からセンター前ヒットを打ち、公式戦初ヒットを記録。片岡安祐美 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡安祐美

    片岡安祐美から見た黒滝将人

    2007年5月31日、プロ野球イースタン・リーグ7球団の混成チーム「フューチャーズ」との交流試合で9回に代打として出場。黒滝将人(ロッテ)からレフト前に落ちるヒットを打った。片岡がプロ選手からヒットを打ったのはこれが初めて。片岡安祐美 フレッシュアイペディアより)

73件中 11 - 20件表示

「片岡安祐美」のニューストピックワード