64件中 31 - 40件表示
  • 片岡 安祐美(茨城ゴールデンゴールズ)

    片岡安祐美から見たイースタン・リーグ

    2007年5月31日、プロ野球イースタン・リーグ7球団の混成チーム「フューチャーズ」との交流試合で9回に代打として出場。黒滝将人(ロッテ)からレフト前に落ちるヒットを打った。片岡がプロ選手からヒットを打ったのはこれが初めて。片岡安祐美 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡 安祐美(茨城ゴールデンゴールズ)

    片岡安祐美から見た阪神甲子園球場

    最初は三塁手だったが二塁手にコンバート。2番二塁手として県大会ベスト8。3年生の夏休みに父に連れられ初めて甲子園へ観戦に行き感動。高校では高野連の規定で女子は公式戦に出場できないため女子野球部のある高校への進学も考えるが、甲子園に行きたいという想いが強く、高野連の規定が変わることを信じ熊本商業に進学(父の後輩が熊本商業野球部監督だったこともあり、女子の入部を受け入れてくれた)。片岡安祐美 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡 安祐美(茨城ゴールデンゴールズ)

    片岡安祐美から見たナゴヤドーム

    2009年9月9日、中日ドラゴンズ2軍との交流戦(ナゴヤドーム)にて、9回表一死無走者にて代打で登場し、岩田慎司よりフルカウントからレフト前ヒットを放つ。なお、この代打をコールしたのは自軍監督の萩本欽一ではなく、なぜか対戦相手の監督辻発彦であった。辻は続けて二死後には萩本の代打もコールしている(投手岩田、投ゴロ)。片岡安祐美 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡 安祐美(茨城ゴールデンゴールズ)

    片岡安祐美から見た佐藤企画

    現在、クラブチームの茨城ゴールデンゴールズ(茨城GG)に所属する。また、同球団の問い合わせ先が設けられている芸能事務所・佐藤企画にも所属している。片岡安祐美 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡 安祐美(茨城ゴールデンゴールズ)

    片岡安祐美から見たポーラ (企業)

    ポーラ化粧品「WHITISSIMO」(2007年)片岡安祐美 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡 安祐美(茨城ゴールデンゴールズ)

    片岡安祐美から見たレコード会社

    レコード会社のエイベックスと個人スポンサー契約を結んでおり、練習試合では「エイベックス片岡」という登録名で出場する事もある。背番号は「1」だが、「はじめて」と読む(ゴールデンゴールズ最初の選手の意)。ユニフォームのバックネームは「AYUMI」(「KATAOKA」のものもある)。片岡安祐美 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡 安祐美(茨城ゴールデンゴールズ)

    片岡安祐美から見た流通経済大学

    片岡 安祐美(かたおか あゆみ、1986年11月14日 - )は、日本の女子野球選手(内野手)、監督。熊本県熊本市東区出身。流通経済大学経済学部経営学科卒業。片岡安祐美 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡 安祐美(茨城ゴールデンゴールズ)

    片岡安祐美から見たヴィーナスリーグ

    2012年4月より関東の女子野球リーグであるヴィーナスリーグに加盟するクラブチーム「サムライ」に茨城ゴールデンゴールズと掛け持ちで参加している。片岡安祐美 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡 安祐美(茨城ゴールデンゴールズ)

    片岡安祐美から見た日本高等学校野球連盟

    最初は三塁手だったが二塁手にコンバート。2番二塁手として県大会ベスト8。3年生の夏休みに父に連れられ初めて甲子園へ観戦に行き感動。高校では高野連の規定で女子は公式戦に出場できないため女子野球部のある高校への進学も考えるが、甲子園に行きたいという想いが強く、高野連の規定が変わることを信じ熊本商業に進学(父の後輩が熊本商業野球部監督だったこともあり、女子の入部を受け入れてくれた)。片岡安祐美 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡 安祐美(茨城ゴールデンゴールズ)

    片岡安祐美から見た野球日本女子代表

    2002年からは4年連続で女子野球日本代表に選出され、2003年は大会初本塁打(ランニング)を記録。2005年もオーストラリア・ゴールドコーストで開催される女子野球世界大会の日本代表に選出された。2008年第3回ワールドカップ女子野球の女子野球日本代表に選出された。片岡安祐美 フレッシュアイペディアより)

64件中 31 - 40件表示

「片岡安祐美」のニューストピックワード