51件中 21 - 30件表示
  • 原拓也 (野球)

    原拓也 (野球)から見た片岡易之片岡易之

    2011年前半は守備固めなどの途中出場が主であったが、7月に片岡易之が故障で長期離脱したことに伴い2番・セカンドとしてレギュラー固定されるようになる。1番の栗山巧が高い出塁率を誇ったため犠打で送る場面が多く、つなぎの役割をこなし、平野謙を上回る球団新記録の51犠打を記録した。しかし得点圏打率は.149であった他、この年も盗塁0個に終わり、送りバントも終盤のプレッシャーのかかる場面では失敗も目立つなど課題も残った。11月13日、背番号が「5」に変更されることが発表された。原拓也 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 越智大祐

    越智大祐から見た片岡易之片岡易之

    、初の開幕一軍入りを決め、3月28日の東京ヤクルトスワローズ戦で中継ぎとしてプロ初登板。しかし、制球難から打たれる場面が多く、4月18日に二軍落ち。5月4日に再登録された後は敗戦処理での登板が主だったが、しだいに制球難・防御率が改善され、7月25日の東京ヤクルトスワローズ戦で初勝利を挙げる。シーズン途中からは山口鉄也と共に中継ぎの柱を担った。チーム最多の68試合に登板した一方で、セ・リーグ最多の15暴投を記録した。11月9日、日本シリーズでの埼玉西武ライオンズ第7戦では1点リードの7回から登板。ところが、8回に片岡易之への死球を機に同点を許すと、連続四球でピンチを広げ平尾博嗣に決勝適時打を打たれた。結果的にチームは日本一を逃したが、原監督は試合後に「越智と心中したのだから間違いは無い」とコメントし、一介の無名投手から名を挙げたシーズンとなった。シーズンオフには年俸も大幅に上がり、背番号も22へ変わった。越智大祐 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た片岡易之片岡易之

    2008年のシーズン前半は代走や守備固めとしての出場が主だったが、7月から1番に定着し、8月からのチームの快進撃に貢献。故障の多い鈴木に対し、練習を減らして体のケアを十分にするようにとの伊原ヘッドコーチの指示が躍進につながったといわれている。9月19日の阪神戦では江草仁貴から右打席での初本塁打も記録した。盗塁も2006年の25盗塁を上回り、巨人では1990年の緒方耕一以来となる30盗塁をマークし(盗塁成功率は.857)、メークレジェンドと言われたリーグ連覇の立役者となった。同年、初のタイトルとなるゴールデングラブ賞を受賞。日本シリーズでは西武の片岡易之が盗塁を5つ成功する一方で鈴木は1つのみと、レギュラーシーズンで見せた足を十分に生かすことができなかったものの、打撃ではチーム最多の4打点を記録し、自身初の日本シリーズ優秀選手賞を受賞した。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 鬼崎裕司

    鬼崎裕司から見た片岡易之片岡易之

    移籍直後はイースタン・リーグに出場していたが、一軍昇格後は片岡易之の離脱で二塁手に原拓也がレギュラーで定着したため、主にシーズン終盤から阿部真宏と共に内野のバックアップとして帯同していた。鬼崎裕司 フレッシュアイペディアより)

  • ディー・ブラウン (野球)

    ディー・ブラウン (野球)から見た片岡易之片岡易之

    自身か中島裕之がホームランを打った時には、ベンチのカメラ前で「ロックスター」というパフォーマンスをする。なおシーズン当初は2人だけだったが、途中から片岡易之が勝手に参加しはじめ、カメラに映らない範囲でもエアギターする選手などがいたりする。ディー・ブラウン (野球) フレッシュアイペディアより)

  • デーブ大久保

    大久保博元から見た片岡易之片岡易之

    2008年5月7日の対日本ハム戦で、9回裏に片岡易之がダルビッシュ有からサヨナラ安打を放ち勝利したが、ベンチを飛び出て喜びの余りバッターランナーの片岡を追いかけたところ右脚大腿部の肉離れを起こして歩けなくなり、細川亨とクレイグ・ブラゼルに抱えられてベンチ裏のトレーナーズルームに運ばれた。この前日にはボカチカがサヨナラ本塁打を放ったが、そのとき既に大久保の右脚には異変が起きていた。大久保博元 フレッシュアイペディアより)

  • 浅村栄斗

    浅村栄斗から見た片岡易之片岡易之

    はオープン戦で結果を残して開幕スタメン入りを果たしレギュラーの座を一年間守った。チーム事情もあって守備位置は固定されず、不慣れな外野もこなした。オープン戦は片岡易之の出遅れのためその復帰まで主に二塁手として出場、片岡が復帰してから交流戦までは主に一塁手、交流戦の指名打者が使えない試合ではファーストに回るホセ・フェルナンデスのために左翼手を務めることになった。発注していたファーストミットや外野用グラブが開幕に間に合わなかったため、序盤戦は中村剛也のミットを借りて出場し、外野手用のグラブは栗山巧のものを借りてプレーしていた。交流戦明けからは他の選手の入れ替わりにより、一塁手、二塁手、三塁手、左翼手に加え右翼手も守った。守備の負担があったためか中盤は打撃の調子を落としていたが、再び一塁手に固定された10月は打率が.460とリーグトップの成績を残し、チームのクライマックスシリーズ出場に貢献したとして初の月間MVPを獲得した。浅村栄斗 フレッシュアイペディアより)

  • ピノ (ゲームキャラクター)

    ピノ (ゲームキャラクター)から見た片岡易之片岡易之

    2008年、イチローは片岡易之の走塁について「ファミスタの『ピノ』みたいでしょ」と評している。ピノ (ゲームキャラクター) フレッシュアイペディアより)

  • 長田秀一郎

    長田秀一郎から見た片岡易之片岡易之

    小島よしおに顔が似ていると言われており、2007年のファン感謝祭で片岡易之からの無茶振りで2008年シーズンでもしお立ち台に上がれたら海パン一丁で小島のギャグを披露することを宣言した。しかし前述通り翌年の登板はわずか1試合に留まり、公約は果たせなかった。長田秀一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た片岡易之片岡易之

    、前年の手術の影響か開幕スタメンは新加入の小坂誠に譲ったが、3割を超える好調な打撃ですぐにレギュラーの座を取り返した。相変わらずの得点圏打率の高さを記録するなど打線を牽引していたが、5月6日の西武戦で片岡易之が放ったセンター前への飛球を捕球する際にセンターの鉄平と交錯、左足首を捻挫して登録選手を抹消された(後に靱帯損傷と発表)。3か月に及ぶリハビリの末、8月5日に一軍復帰。10月16日の福岡ソフトバンクホークスとのクライマックスシリーズ第1ステージ第1戦では杉内俊哉から初回先頭打者本塁打を放った。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

51件中 21 - 30件表示

「片岡治大」のニューストピックワード