51件中 31 - 40件表示
  • レオ (埼玉西武ライオンズ)

    レオ (埼玉西武ライオンズ)から見た片岡易之片岡易之

    2008年、関口宏の東京フレンドパークII(TBSテレビ)に石井一・涌井が来園した際にはホッケー対決時にお客さんを盛り上げたり、2009年さんまのまんまお正月SP(フジテレビ)に岸、涌井、栗山、片岡、中村が出演した際、本編が始まる前にまんまやラフくんなどと和気あいあいとしていた。また、2010年のフレンドパークでは、ライオンズと横浜ベイスターズとの球団対抗戦ということもあり、ベイスターズのホッシーゾとともに番組を盛り上げたが、行き過ぎたパフォーマンスもあり、関口宏支配人から「君たちはいいから。」と突っ込みを受けた。レオ (埼玉西武ライオンズ) フレッシュアイペディアより)

  • 東京ガス硬式野球部

    東京ガス硬式野球部から見た片岡易之片岡易之

    片岡易之内野手( 西武ドラフト3巡)東京ガス硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 関口宏の東京フレンドパークII

    関口宏の東京フレンドパークIIから見た片岡易之片岡易之

    2010年2月18日 - 横浜ベイスターズ(清水、内川、吉村・2枚) 対 埼玉西武ライオンズ(石井一、片岡、中島・3枚)※通常放送。プロ野球スペシャル初の対抗戦。関口宏の東京フレンドパークII フレッシュアイペディアより)

  • 花見川区

    花見川区から見た片岡易之片岡易之

    片岡易之(プロ野球選手・埼玉西武ライオンズ所属。WBC2009年日本代表)花見川区 フレッシュアイペディアより)

  • 平尾博嗣

    平尾博嗣から見た片岡易之片岡易之

    2006年、片岡易之が二塁手のレギュラーを獲得し、出場機会が減ってしまう苦しいシーズンとなったが、その粘り強いバッティングは健在で、得点圏打率は通常の打率をはるかに超える.290をマークした。左投手に強く、左投手が先発したときには江藤智とともにスタメン出場するのが恒例となった。プレーオフ第一ステージで左投手のソフトバンクの和田毅が先発したときも二人揃って起用された。毎年のように故障で二軍落ちを経験していたが、このシーズンは年間を通じて一軍登録され、自己最多の出場機会を得た。平尾博嗣 フレッシュアイペディアより)

  • フルタの方程式

    フルタの方程式から見た片岡易之片岡易之

    片岡易之(西武、2009年パ・リーグ盗塁王)フルタの方程式 フレッシュアイペディアより)

  • ultra soul

    ultra soulから見た片岡易之片岡易之

    プロ野球・埼玉西武ライオンズ内野手片岡易之が登場曲として使用。ultra soul フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た片岡易之片岡易之

    1990年と2005年にほとんどの選手の応援歌の変更がなされている(1990年の変更は関東地区のみで九州では従前の応援歌のまま)。しかし、チャンスでの打席になると、その選手の変更前の応援歌や以前同じ背番号をつけていた選手の応援歌などが演奏されることもある。西武ドームで細川亨がチャンスで打席に立ったとき、伊東勤元監督の選手時代の応援歌が演奏されたこともあった。2008年時点ではチャンステーマとして片岡易之及び中島裕之の打席で石毛宏典の応援歌、クレイグ・ブラゼルの打席でアレックス・カブレラの応援歌、ヒラム・ボカチカの打席でホセ・フェルナンデスの応援歌が使用されている。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 本多雄一

    本多雄一から見た片岡易之片岡易之

    (1回)?馬原孝浩(1回)という、この年の典型的な必勝投手リレーでヤクルトに完封勝ちしている。)オールスターゲーム前には、西武・片岡易之に並ぶリーグトップの40盗塁を記録。そして9月26日の楽天戦において、永井怜・嶋基宏のバッテリーから2盗塁を記録。この盗塁でシーズンの盗塁数が59個に到達し、片岡に並び、盗塁王を獲得し自身初の全試合出場、前年に川崎が記録したチーム記録の43犠打を更新する50犠打を記録。リーグ優勝に貢献する活躍を見せた。本多雄一 フレッシュアイペディアより)

  • 藤川球児

    藤川球児から見た片岡易之片岡易之

    は開幕から16試合連続無失点を記録し、例年以上の好調ぶりを見せた。この年は他の中継ぎ投手の不調でセットアッパーが固定できず、交流戦と夏場を中心に、本来の抑え投手の役目に加えてセットアッパーのポジションも兼任することとなった。結果として例年よりイニングをまたぐ登板が増え、1イニング以上の登板した試合はシーズン全体で12試合に及んだ。4月13日東京ドームでの対巨人戦で、通算セーブ数で山本和行の130セーブを抜き、歴代単独14位と球団記録を達成した。ファン投票(セ・リーグ抑え部門1位)で6年連続のオールスターゲームに選出され、第1戦の9回に登板し、里崎智也・片岡易之・中島裕之を迎えて投じた16球全て直球で、三者連続三振に仕留めた。9月5日の対広島戦で通算150セーブを達成。9月に入ると久保田の復調でイニングまたぎ登板は減ったが、制球が定まらず9月だけで2本の逆転被本塁打を打たれたり、それ以外でもピンチを招く場面が度々あった。この年の被本塁打はプロ入り後ワーストの7本を数え、防御率も中継ぎに定着した2005年以降ではワーストとなる2.01で、WHIPも2005年以降ではワーストの1.08を記録し低迷する。藤川球児 フレッシュアイペディアより)

51件中 31 - 40件表示

「片岡治大」のニューストピックワード