51件中 41 - 50件表示
  • 千葉市

    千葉市から見た片岡易之片岡易之

    片岡易之(埼玉西武ライオンズ):花見川区千葉市 フレッシュアイペディアより)

  • サウスポー

    サウスポーから見た片岡易之片岡易之

    逆に元来左利きであるが右投げという選手も珍しいが実在する。掛布雅之、藤井康雄、立浪和義、阿部慎之助、田中賢介、鳥谷敬、由規、丸佳浩(以上、左打ち)、衣笠祥雄、山崎武司、岩隈久志、片岡易之、坂本勇人、炭谷銀仁朗(以上、右打ち)らである。但し、掛布の場合は野球の左打ち修正の際に日常生活の動作を左に変え、そのまま左利きになったと言われる。また松中信彦は社会人野球以前は左肩の故障により右投げであったがプロ入り後左投げに戻した。サウスポー フレッシュアイペディアより)

  • 1983年

    1983年から見た片岡易之片岡易之

    2月17日 - 片岡易之、プロ野球選手1983年 フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕之

    中島裕之から見た片岡易之片岡易之

    は第2回WBC日本代表に選出された。1次選考選手発表の際にイチローは片岡易之・岸孝之らと共に「(選ばれれば)日本代表のキーマンになる3人」と語った。大会では2番遊撃手として出場、発熱で一部の試合を欠場したが、2度目のキューバ戦でスタメンに復帰した。チームトップの打率.364、出塁率.516、7打点を記録して日本代表の大会2連覇に貢献した。ペナントレースでは開幕から25試合本塁打がなかったが、6月21日の対東京ヤクルトスワローズ戦で通算100本塁打を達成。オールスターゲームに選手間投票によって選出され5度目の出場。第2戦でファウルボールを観客席に突っ込んで捕球するなどしてベストプレー賞を受賞し、「守備で賞を頂けたことがうれしい」とコメント。主に3番遊撃手としてリーグで唯一全試合フルイニング出場してシーズン後半には故障した中村剛也の代わりに4番打者も経験し、2年連続で3割20本塁打20盗塁、自己最多の92打点、173安打で自身初の最多安打、出塁率.398で2年連続となる最高出塁率のタイトルを獲得し、2年連続でベストナインも受賞した。遊撃守備はリーグワーストタイの12失策ながら、自己最高の守備率を記録した。中島裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 栗山巧

    栗山巧から見た片岡易之片岡易之

    は2番打者・5番打者として起用されていたが、片岡易之が故障で離脱した7月以降は1番打者として起用され、好不調の波が激しかったチームにおいて安定した打撃で貢献した。2年連続で全試合フルイニング出場を達成したが、ケガの影響から9月8日の対千葉ロッテ18回戦より従来の中堅から左翼の守備に回り、その後シーズン終了まで左翼手として起用された。打撃面では前述の通りシーズンを通して好調を維持し、打率は内川聖一が怪我から復帰するまでリーグトップを続け、最終的にはリーグ5位で2年連続の打率3割超を達成、得点圏打率は両リーグトップの.380を記録した。また5月6日の対楽天2回戦では田中将大から球団通算8000号本塁打となる決勝2点本塁打を放った。11月には右ひじの遊離軟骨除去手術を受けた。栗山巧 フレッシュアイペディアより)

  • 文化放送ライオンズナイター

    文化放送ライオンズナイターから見た片岡易之片岡易之

    2007年からは、文化放送の組織改革により、アナウンサーが実況アナウンサーと技術スタッフも兼任する「アナデユースナイター」の放送体制となっている。これにより番組のキャッチコピーも14年ぶりに一新。キャッチコピーは「生西武やってます。」但し、遠征試合は従来どおり、NRN系列局(下記参照)が技術スタッフを担当する。また、試合開始直前に放送される「プロ野球直前情報」では、主に監督へのインタビューが、試合中の1回表(ビジターの場合は1回裏)終了直後には「中島裕之の今日も一発、やったるで!!」と題して同選手へのインタビューが放送されている。さらに2007年からの試みとして、監督もしくは球団にゆかりのある人物によるタイトルコールを番組冒頭に使いはじめた(2007年は伊東勤監督の双子の子供が、2008・2009年は渡辺久信監督がそれぞれ務めた)2009年は若手選手のインタビュー「ピックアップライオンズ」ほか、選手自身の肉声による選手紹介(事前収録したテープを流す。例えばアナウンサーが「一番・セカンド」とコールしたあと、「片岡易之」と片岡自身によるコールの音声を流す)およびジングルを流している。文化放送ライオンズナイター フレッシュアイペディアより)

  • 時刻表

    時刻表から見た片岡易之片岡易之

    また、埼玉西武ライオンズを保有していることから、西武ドームでの野球開催時臨時ダイヤも掲載されている。第20号では野球ダイヤページがカラー化され2007年時点での主力選手の選手紹介(中島、片岡、西口、和田、帆足、小野寺、赤田、中村、涌井)も掲載されていたが第21号では選手紹介の類は省略され時刻表部分も2色刷の時刻表になっている。かつては試合終了時間に合わせて臨時列車を運行していたため「行き」のみ掲載であったが近年は試合終了時間にかかわらず同一のダイヤで運行されるようになり、「帰り」のダイヤも掲載されている。なお、かつては西武園競輪への競輪ダイヤのページもあったが21号より西武園線および国分寺線ページの本文中に記載されている。時刻表 フレッシュアイペディアより)

  • 黒瀬春樹

    黒瀬春樹から見た片岡易之片岡易之

    はオープン戦で二塁・遊撃・三塁と様々な守備位置で起用され、プロ4年目にして初の開幕1軍登録となったが、出場機会の無いまま3月29日に降格。しかし片岡易之の離脱で再昇格し、4月25日の対福岡ソフトバンクホークスで9番・二塁手で先発出場、杉内俊哉から第1打席の初球を初安打し、その後の打席で初犠打を記録した。シーズン終盤には一塁手での出場も2試合経験し、一塁・二塁・三塁を守るなどユーティリティーぶりを発揮した。2軍では守備率が初めて.950を越え、チーム2位の打率.281・6本塁打・42打点をマークした。黒瀬春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 森本稀哲

    森本稀哲から見た片岡易之片岡易之

    、前年限りで引退した新庄剛志に代わって中堅手に定着。シーズン終盤まで片岡易之(西武ライオンズ)と盗塁王のタイトルを争うなど(結果は片岡が盗塁王)、不動の1番打者として全イニング出場を果たし、2年連続のリーグ最多得点と初の打率3割を記録。24試合連続安打はリーグ歴代6位タイ、球団では大下弘と並び最多タイ記録。右打者であるが、内野安打の数も稲葉篤紀に次ぐリーグ2位を記録。最多得票でゴールデングラブ賞と、初のベストナインを受賞。補殺数は両リーグ1位の15個を記録した。森本稀哲 フレッシュアイペディアより)

  • 2月17日

    2月17日から見た片岡易之片岡易之

    1983年 - 片岡易之、プロ野球選手2月17日 フレッシュアイペディアより)

51件中 41 - 50件表示

「片岡治大」のニューストピックワード