86件中 31 - 40件表示
  • 片岡易之

    片岡易之から見たアディダス

    スパイクシューズは以前はゼットを使用、現在はアディダスを使用している。片岡易之 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡易之

    片岡易之から見たオリックス・バファローズ

    、キャンプ中に起こした足の怪我による調整不足により打撃不調に陥り、打順も1番から2番へ降格された。さらに試合中に両肩を次々に亜脱臼し、7月9日に二軍降格となった。その後一軍に復帰、9番打者としてチームの10連勝に貢献するものの、10月4日の対オリックス22回戦において、守備範囲内に飛んだ後藤光尊の打球を左肩の痛みをかばって捕球できず適時打としてしまったことから、片岡本人の申し出により再び一軍登録を外れ二軍へ降格となった。同年オフ、本人の意向により左肩の手術を行った。片岡易之 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡易之

    片岡易之から見たタッキー&翼

    タッキー&翼「Venus」(2008年6月4日のみ、今井翼が西武ドームの始球式に登場したため)片岡易之 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡易之

    片岡易之から見たSOUL'd OUTSOUL'd OUT

    Diggy-MO'「サムライズム」(2009年)片岡易之 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡易之

    片岡易之から見た福地寿樹

    、5月に高木浩之から二塁手のレギュラーを奪うと、打率.292を記録して2番・二塁手のレギュラーをほぼ不動のものにした。中島裕之の故障で8月からは遊撃手に回った。千葉ロッテ戦では1試合3盗塁を2試合連続で決めるなど走塁技術も向上し、1番・右翼手の福地寿樹とのコンビで2人合わせて53個の盗塁を決めた。またバントの技術にも優れ、リーグ2位の33犠打を記録した。片岡易之 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡易之

    片岡易之から見た片岡昭吾

    片岡 治大(かたおか やすゆき、本名:片岡 保幸(読み同じ)、1983年2月17日 - )は、埼玉西武ライオンズに所属するプロ野球選手(内野手)。2012年までの登録名は片岡 易之(読み同じ)。兄は社会人野球選手のコーチの片岡昭吾片岡易之 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡易之

    片岡易之から見た貝塚政秀

    初出場:2005年3月26日、対オリックス・バファローズ1回戦(インボイスSEIBUドーム)、8回裏に貝塚政秀の代打として出場片岡易之 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡易之

    片岡易之から見たB'z

    B'z「ultra soul」(2010年-、2011年については自身のtwitterでのファンアンケートにより決定)片岡易之 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡易之

    片岡易之から見た岸孝之

    、WBC日本代表に選出された。片岡を選出した理由として日本代表監督の原辰徳は「足(走塁)で代表に選んだ」という程、片岡の走塁技術の高さが評価された形になった。その際、片岡をトランプの「JOKER」と例えた。また、イチローも「ファミスタの『ピノ』みたいでしょ」と評しており、一次候補選手の中では中島裕之・岸孝之に並ぶキーマンに挙げた。一次ラウンドこそ出番はなかったが、キューバ戦から主に先発が左投手時にスタメンに。決勝・韓国戦では、同点の7回表、先頭打者としてレフト前ヒットで出塁すると続くイチローの打席では1ボールからの2球目で盗塁に成功。さらにイチローのバントヒット、中島裕之のレフト前ヒットと続き、片岡が貴重な勝ち越しのホームを踏んだ。片岡易之 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡易之

    片岡易之から見たダリン・ジャクソン

    、ドラフト3巡目で西武ライオンズに入団。石毛宏典、ダリン・ジャクソン、松井稼頭央のつけていた背番号7を入団時にいきなり与えられたことからも、球団の期待の大きさが窺い知れる。その期待に応え、2005年5月1日に9番・二塁手で初スタメン出場。その後も安定した結果を残し、シーズン途中からは栗山巧と1・2番コンビを組んだ。1年目から一軍に定着して81試合に出場。4本塁打・6盗塁と結果を残した。シーズン終了後には盗塁増加のため色々なトレーニングを試みるも結果は出ずにいたが、盗塁成功には致命的な足の遅さを技術で補おうと陸上競技をトレーニングに取り入れたところ、盗塁数が倍増したという片岡易之 フレッシュアイペディアより)

86件中 31 - 40件表示

「片岡治大」のニューストピックワード