86件中 51 - 60件表示
  • 片岡易之

    片岡易之から見た阪神タイガース

    初盗塁:2005年5月17日、対阪神タイガース1回戦(西京極球場)、6回表に二盗(投手:福原忍、捕手:野口寿浩)片岡易之 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡易之

    片岡易之から見た千葉ロッテマリーンズ

    、5月に高木浩之から二塁手のレギュラーを奪うと、打率.292を記録して2番・二塁手のレギュラーをほぼ不動のものにした。中島裕之の故障で8月からは遊撃手に回った。千葉ロッテ戦では1試合3盗塁を2試合連続で決めるなど走塁技術も向上し、1番・右翼手の福地寿樹とのコンビで2人合わせて53個の盗塁を決めた。またバントの技術にも優れ、リーグ2位の33犠打を記録した。片岡易之 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡易之

    片岡易之から見た二塁手

    、ドラフト3巡目で西武ライオンズに入団。石毛宏典、ダリン・ジャクソン、松井稼頭央のつけていた背番号7を入団時にいきなり与えられたことからも、球団の期待の大きさが窺い知れる。その期待に応え、2005年5月1日に9番・二塁手で初スタメン出場。その後も安定した結果を残し、シーズン途中からは栗山巧と1・2番コンビを組んだ。1年目から一軍に定着して81試合に出場。4本塁打・6盗塁と結果を残した。シーズン終了後には盗塁増加のため色々なトレーニングを試みるも結果は出ずにいたが、盗塁成功には致命的な足の遅さを技術で補おうと陸上競技をトレーニングに取り入れたところ、盗塁数が倍増したという片岡易之 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡易之

    片岡易之から見た遊撃手

    、5月に高木浩之から二塁手のレギュラーを奪うと、打率.292を記録して2番・二塁手のレギュラーをほぼ不動のものにした。中島裕之の故障で8月からは遊撃手に回った。千葉ロッテ戦では1試合3盗塁を2試合連続で決めるなど走塁技術も向上し、1番・右翼手の福地寿樹とのコンビで2人合わせて53個の盗塁を決めた。またバントの技術にも優れ、リーグ2位の33犠打を記録した。片岡易之 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡易之

    片岡易之から見たオールスターゲーム (日本プロ野球)

    、初めて1番打者に定着。選手間投票で選出されオールスターゲームに初出場した。中島が北京オリンピック出場で不在の間は遊撃手に回ることもあった。リーグ最多打数を記録しながら前年より打率を大きく上げ、2番を打った栗山とともに167安打で最多安打のタイトルを獲得した。盗塁は前半戦だけで前年を上回り、12個増やし50盗塁を記録。2位の渡辺直人を16個引き離し2年連続の盗塁王となった(パ・リーグの50盗塁以上は1997年の松井稼頭央以来)。打率は3割に満たず、四球が少ないことから出塁率も.322と、やや物足りない面はあったが、リーグトップの得点圏打率.382と勝負強さを見せた。日本シリーズでは7試合で5盗塁(成功率10割)と大暴れし、特に第7戦の8回表においては先頭打者として越智大祐から死球を受け出塁したが、続く栗山巧の打席の初球でいきなり盗塁を敢行した。この時監督の渡辺久信は、死球の際に片岡がガッツポーズをしたのを見て彼の盗塁意欲を感じ取り、初球での犠打(バント)指示をやめたという。この試合の解説として出演していた赤星憲広からも「僕には出来ない」と言わしめた盗塁だった。その後改めてバントで3塁に進み1死3塁で3番中島裕之を迎えた。1回表の同様の場面では「ゴロゴー(ゴロと判断したらスタート)」で本塁へ突入してタッチアウトになり先制点を逃していたが、この場面では「ギャンブルスタート」指示によりバットに当った瞬間にスタートを敢行。中島の三塁ゴロの間に本塁へ突入して同点に追いつき、逆転日本一の足がかりを作る活躍を見せた。アジアシリーズ初戦のSK戦では風邪のため欠場したが、決勝までの3試合に1番・遊撃手として出場、チームのアジアシリーズ制覇に貢献した。片岡易之 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡易之

    片岡易之から見た右翼手

    、2番・二塁手で初の開幕スタメンをつかんだが、4月18日の日本ハム戦で右翼手のG.G.佐藤と接触して右ひざと胸部を打撲し途中退場。翌日の試合ではケガを押して代打に出て安打を放ったものの、状態が悪く登録を抹消された。5月30日に復帰したが、しばらくはケガの影響で2割台前半の低打率にあえいだ。8月に月間打率.353(13盗塁)を記録して打率を急上昇させたが、最終的に打率.256に終わった。しかし盗塁技術は格段に向上し、38盗塁を記録。本多雄一との激しい争いを制して自身初の盗塁王のタイトルを獲得した。守備でも失策が前年の13個から5個と大幅に減り、守備率.993は二塁手部門でリーグトップの数字であった。犠打も前年より増やし、リーグ2位の35個を記録した。片岡易之 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡易之

    片岡易之から見た内野手

    片岡 治大(かたおか やすゆき、本名:片岡 保幸(読み同じ)、1983年2月17日 - )は、埼玉西武ライオンズに所属するプロ野球選手(内野手)。2012年までの登録名は片岡 易之(読み同じ)。兄は社会人野球選手のコーチの片岡昭吾。片岡易之 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡易之

    片岡易之から見た今すぐKiss Me

    LINDBERG「今すぐKiss Me」(2009年、ライオンズ・クラシック限定)片岡易之 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡易之

    片岡易之から見た宮城球場

    初先発出場:2005年5月1日、対東北楽天ゴールデンイーグルス8回戦(フルキャストスタジアム宮城)、9番・二塁手として先発出場片岡易之 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡易之

    片岡易之から見たピノ (ゲームキャラクター)

    、WBC日本代表に選出された。片岡を選出した理由として日本代表監督の原辰徳は「足(走塁)で代表に選んだ」という程、片岡の走塁技術の高さが評価された形になった。その際、片岡をトランプの「JOKER」と例えた。また、イチローも「ファミスタの『ピノ』みたいでしょ」と評しており、一次候補選手の中では中島裕之・岸孝之に並ぶキーマンに挙げた。一次ラウンドこそ出番はなかったが、キューバ戦から主に先発が左投手時にスタメンに。決勝・韓国戦では、同点の7回表、先頭打者としてレフト前ヒットで出塁すると続くイチローの打席では1ボールからの2球目で盗塁に成功。さらにイチローのバントヒット、中島裕之のレフト前ヒットと続き、片岡が貴重な勝ち越しのホームを踏んだ。片岡易之 フレッシュアイペディアより)

86件中 51 - 60件表示

「片岡治大」のニューストピックワード