86件中 71 - 80件表示
  • 片岡易之

    片岡易之から見た2009 ワールド・ベースボール・クラシック 決勝トーナメント

    、WBC日本代表に選出された。片岡を選出した理由として日本代表監督の原辰徳は「足(走塁)で代表に選んだ」という程、片岡の走塁技術の高さが評価された形になった。その際、片岡をトランプの「JOKER」と例えた。また、イチローも「ファミスタの『ピノ』みたいでしょ」と評しており、一次候補選手の中では中島裕之・岸孝之に並ぶキーマンに挙げた。一次ラウンドこそ出番はなかったが、キューバ戦から主に先発が左投手時にスタメンに。決勝・韓国戦では、同点の7回表、先頭打者としてレフト前ヒットで出塁すると続くイチローの打席では1ボールからの2球目で盗塁に成功。さらにイチローのバントヒット、中島裕之のレフト前ヒットと続き、片岡が貴重な勝ち越しのホームを踏んだ。片岡易之 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡易之

    片岡易之から見た失策

    、2番・二塁手で初の開幕スタメンをつかんだが、4月18日の日本ハム戦で右翼手のG.G.佐藤と接触して右ひざと胸部を打撲し途中退場。翌日の試合ではケガを押して代打に出て安打を放ったものの、状態が悪く登録を抹消された。5月30日に復帰したが、しばらくはケガの影響で2割台前半の低打率にあえいだ。8月に月間打率.353(13盗塁)を記録して打率を急上昇させたが、最終的に打率.256に終わった。しかし盗塁技術は格段に向上し、38盗塁を記録。本多雄一との激しい争いを制して自身初の盗塁王のタイトルを獲得した。守備でも失策が前年の13個から5個と大幅に減り、守備率.993は二塁手部門でリーグトップの数字であった。犠打も前年より増やし、リーグ2位の35個を記録した。片岡易之 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡易之

    片岡易之から見た始球式

    タッキー&翼「Venus」(2008年6月4日のみ、今井翼が西武ドームの始球式に登場したため)片岡易之 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡易之

    片岡易之から見たDiamonds

    プリンセス・プリンセス「Diamonds」(2009年、ライオンズ・クラシック限定)片岡易之 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡易之

    片岡易之から見たRising Sun/いつかきっと…

    EXILE「Rising Sun」(2012年、ultra soulと併用)片岡易之 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡易之

    片岡易之から見た睡蓮花

    湘南乃風「睡蓮花」(2008年)片岡易之 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡易之

    片岡易之から見たCatch The Wave

    Def Tech「Catch The Wave」(2006年 - 2007年)片岡易之 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡易之

    片岡易之から見た東京ガス硬式野球部

    2001年に内海哲也と同期で東京ガスへ入社。怪我が多かったため、登録名を「片岡 易之」(読み同じ)にした。片岡易之 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡易之

    片岡易之から見た飛球

    打撃では二塁打、三塁打が多く2009、2010年には2桁本塁打を記録するなどパンチ力も備えるが、アッパースイングのため高めの球に弱く、フライアウトで凡退することが多い。またリードオフマンタイプではあるが早いカウントから打ちに行くため、三振は少ないが四球も少なくなっており、出塁率に課題を残す。片岡易之 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡易之

    片岡易之から見た盗塁王

    、5月に一軍に昇格。しかし7月10日のソフトバンク戦で右手首を負傷し、靭帯を損傷。9月に手術を受け、プロ入り後最低の52試合出場に留まった。盗塁も、プロ入り後最低の7個に終わった。契約更改では、3,500万円減の9,500万円でサインし、盗塁王奪回を誓った。同年12月30日、登録名を「片岡 治大」に変更することが発表された。片岡易之 フレッシュアイペディアより)

86件中 71 - 80件表示

「片岡治大」のニューストピックワード