片岡治大 ニュース&Wiki etc.

片岡 治大(かたおか やすゆき、1983年2月17日 - )は、千葉県千葉市花見川区出身の元プロ野球選手(内野手)。右投右打。本名は片岡 保幸、2005年から2012年までの登録名は片岡 易之(以上、いずれも読み同じ)。兄は元社会人野球選手の片岡昭吾。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「片岡易之」のつながり調べ

  • 文化放送ライオンズナイター

    文化放送ライオンズナイターから見た片岡易之

    2007年からは、文化放送の組織改革により、アナウンサーが実況アナウンサーと技術スタッフも兼任する「アナデユースナイター」の放送体制となっている。これにより番組のキャッチコピーも14年ぶりに一新。キャッチコピーは「生西武やってます。」但し、遠征試合は従来どおり、NRN系列局(下記参照)が技術スタッフを担当する。また、試合開始直前に放送される「プロ野球直前情報」では、主に監督へのインタビューが、試合中の1回表(ビジターの場合は1回裏)終了直後には「中島裕之の今日も一発、やったるで!!」と題して同選手へのインタビューが放送されている。さらに2007年からの試みとして、監督もしくは球団にゆかりのある人物によるタイトルコールを番組冒頭に使いはじめた(2007年は伊東勤監督の双子の子供が、2008・2009年は渡辺久信監督がそれぞれ務めた)2009年は若手選手のインタビュー「ピックアップライオンズ」ほか、選手自身の肉声による選手紹介(事前収録したテープを流す。例えばアナウンサーが「一番・セカンド」とコールしたあと、「片岡易之」と片岡自身によるコールの音声を流す)およびジングルを流している。(文化放送ライオンズナイター フレッシュアイペディアより)

  • 黒瀬春樹

    黒瀬春樹から見た片岡易之

    には、レギュラー二塁手・片岡易之とレギュラー遊撃手・中島裕之が公式戦開幕前のWBCに日本代表として参加していたことから、オープン戦のほぼ全試合に出場。一軍公式戦でも、在籍中では最多の24試合に出場した。6月14日の対広島戦(西武ドーム)では、延長12回裏無死満塁から代打で起用されたところ、広島のマーティ・ブラウン監督が「内野手5人・外野手2人」の変則シフトを実行。黒瀬は青木高広から痛烈な飛球を放ったものの、左翼手として起用されながら二塁ベース後方を守っていた小窪哲也に捕られた。さらに、小窪 → 捕手・石原慶幸 → 一塁手・喜田剛への転送によって一塁走者が封殺された結果、NPBの公式戦では珍しい「7(左翼手)-2(捕手)-3(一塁手)」という併殺が成立。試合自体も、後続打者の凡退で12回引き分けに終わった。なお、7月に右膝を傷めると、9月には手術を受けている。(黒瀬春樹 フレッシュアイペディアより)

「片岡治大」のニューストピックワード

  • 長岡 米百俵フェス〜花火と食と音楽と〜2018

  • 谷村新司プレミアムコンサート 生きる2018〜小児がんなど病気と闘う子どもたちとともに〜

  • 劇場版コード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命−