165件中 21 - 30件表示
  • 片平 なぎさ

    片平なぎさから見た日本テレビ放送網

    東京都大田区に生まれ、不動産会社経営の両親、姉の4人家族の中で育つ。高畑小1年のとき品川区に転居し、中延小へ転校。のち区立荏原第二中学校に進学。1974年に日本テレビのオーディション番組『スター誕生!』に出演し、1975年に東芝から「純愛」で歌手デビュー。同年に「美しい契り」で第17回日本レコード大賞新人賞、新宿音楽祭銀賞などを受賞した。同じ事務所所属の榊原郁恵とは同学年であり同じ堀越高校時代の同級生であり親友。互いに名前で呼び合う仲。片平なぎさ フレッシュアイペディアより)

  • 片平 なぎさ

    片平なぎさから見たホリプロ

    東京都品川区出身。ホリプロ所属。堀越高等学校卒業。片平なぎさ フレッシュアイペディアより)

  • 片平 なぎさ

    片平なぎさから見たロート製薬

    ロート製薬(ビタチャージ40目薬、タクティー)片平なぎさ フレッシュアイペディアより)

  • 片平 なぎさ

    片平なぎさから見た新婚さんいらっしゃい!

    長寿番組『新婚さんいらっしゃい!』(ABCテレビ制作・テレビ朝日系)では、1981年11月15日から1992年5月17日までの10年半にわたって、桂三枝(現・六代桂文枝)の4代目アシスタントを務めた。番組アシスタントとしては、2008年1月6日放送分で事務所の後輩の山瀬まみが更新するまでの最長出演であった。片平なぎさ フレッシュアイペディアより)

  • 片平 なぎさ

    片平なぎさから見た志穂美悦子

    映画初主演作となる『瞳の中の訪問者』の撮影中、シャワーシーンを控えた片平が共演者の志穂美悦子とともに大林宣彦監督から別室に呼び出され、「次のシーンは(片平演じる)千晶が瞳で恋をする人と初めて会う大事なシーンだ。とても綺麗に撮りたい。美しい映像にしたい。(少し沈黙の後)脱いでくれないかな?」と云われ、その後、数時間大林からの柔らかい物腰で説得されるも悩み続ける両者であったが、最初に志穂美が口を開き「なぎさちゃんが脱ぐんだったら私も脱ぐ」と発言し、片平の返答待ちとなる。片平も大林の映像や監督に対し敬意を評し、作品の撮影意図も理解していたが当時高校生であった片平には荷が重く、また芸能界に入る時の条件として「絶対に脱がない!」と父親との固い約束があったので結局その場では判断できず一晩悩んで考えた結果、断る事となった。それ以降、現在に至るまで片平が撮影で脱ぐ事はなかった。(『瞳の中の訪問者』片平なぎさのインタビューより)片平なぎさ フレッシュアイペディアより)

  • 片平 なぎさ

    片平なぎさから見た乙羽信子

    世界一の愛妻物語(2006年9月12日、ドラマ・コンプレックス) - 乙羽信子片平なぎさ フレッシュアイペディアより)

  • 片平 なぎさ

    片平なぎさから見た山岡久乃

    『いごこち満点』で共演した山岡久乃に、「あなたはセリフを言う時、肩を上げるクセがある。芝居は上手にならなくていいから、そのクセだけは直しなさい」と言われた。30年経った今も、肩に力が入りそうな時はこの言葉を思い出している。片平なぎさ フレッシュアイペディアより)

  • 片平 なぎさ

    片平なぎさから見たABCテレビ

    長寿番組『新婚さんいらっしゃい!』(ABCテレビ制作・テレビ朝日系)では、1981年11月15日から1992年5月17日までの10年半にわたって、桂三枝(現・六代桂文枝)の4代目アシスタントを務めた。番組アシスタントとしては、2008年1月6日放送分で事務所の後輩の山瀬まみが更新するまでの最長出演であった。片平なぎさ フレッシュアイペディアより)

  • 片平 なぎさ

    片平なぎさから見た梅垣達志

    作詞:東海林良、作曲:梅垣達志片平なぎさ フレッシュアイペディアより)

  • 片平 なぎさ

    片平なぎさから見た山上路夫

    作詞:山上路夫、作曲:三木たかし片平なぎさ フレッシュアイペディアより)

165件中 21 - 30件表示

「片平なぎさ」のニューストピックワード