前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
408件中 1 - 10件表示
  • 潮州料理

    潮州料理から見たカキ (貝)カキ (貝)

    潮州料理の特徴としては、乾物、魚醤、塩などを使った、うま味と塩味を持った味の煮て作る料理が多いことが挙げられる。もともとの文化、通商の中心地である潮州市は韓江で海とつながっているが、海岸線からは20kmほど内陸にあり、スルメ、干しカキ、魚の干物、乾燥させた浮き袋、ふかひれなどといった海産物系の乾物をよく利用してきた。これらの素材は、煮てやれば、うま味を引き出せるので、スープをはじめとして、比較的あっさりしているが素材のうま味を活かした料理に特色がある。潮州料理 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥羽市立鏡浦中学校

    鳥羽市立鏡浦中学校から見たカキ (貝)カキ (貝)

    1999年(平成11年) - カキの養殖体験を開始する。鳥羽市立鏡浦中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 江波 (広島市)

    江波 (広島市)から見たカキ (貝)カキ (貝)

    江波は江戸時代、広島の外港の町として栄え、半農半漁の集落であった。とくに海苔とカキが採取され、畑があく冬に海苔を天日干ししていた。江戸時代幕末には横浜港や神戸港などのように貿易港にする案が浮上したが、版籍奉還により白紙となり、さらに1889年宇品港(現在の広島港)の築港により宇品港に外港としての座を譲った。また戦時中の広島工業港建設による埋め立てにより、徐々に市街地化されていった。江波 (広島市) フレッシュアイペディアより)

  • 台湾料理

    台湾料理から見たカキ (貝)カキ (貝)

    食材では新竹の米粉(ビーフン)、カキ、サバヒー、カラスミ、メボウキ、エシャロット、また料理では台南の担仔麺、意麺などが著名である。台湾料理 フレッシュアイペディアより)

  • 愛南町

    愛南町から見たカキ (貝)カキ (貝)

    根本的な行政課題は、地域振興で、中核産業である水産業の振興が町勢復興の鍵を握る。かつおの水揚げで四国地域では知られている深浦港や、カキ養殖の御荘湾、緋扇貝(ひおうぎがい)などの素材には恵まれている。愛南町 フレッシュアイペディアより)

  • 草津地区

    草津地区から見たカキ (貝)カキ (貝)

    広島市民から見て草津は「漁師町」と考えられており、その港は古くは神武天皇期には整備されており、白村江の戦いのときに使われたといわれている(現在は港が埋め立てられた為それを見ることが出来ない)。また水運、軍事的にも活用され、毛利元就の厳島の戦いの前哨戦の舞台となった。その後、江戸時代になると軍港としての役割は終わったが、西国街道の門前町になった。中期には「カキの養殖法」が開発された。草津地区 フレッシュアイペディアより)

  • 蛎塚新田

    蛎塚新田から見たカキ (貝)カキ (貝)

    桑名市の中央部、大和地区の地域内に位置する。古墳時代の貝塚があり土師器・須恵器・牡蛎殻などが出土している。地形的には東部は平地で西部は丘陵で、旧来からの集落は西部にある。特に東部で稲作が卓越している。住民による自治組織には蛎塚東自治会と蛎塚西自治会がある。蛎塚新田 フレッシュアイペディアより)

  • 福建料理

    福建料理から見たカキ (貝)カキ (貝)

    出汁には干したカキ(「淡菜」)やアゲマキガイや魚などの乾物をよく使う。福建料理 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台湾

    仙台湾から見たカキ (貝)カキ (貝)

    主な漁業資源は、カレイ、マアナゴ、アカガイ、ホッキガイ、ウニ、カキなどである。松島湾のマガキの養殖(内海)、仙台湾(狭義)のノリの養殖(外海、浜辺から2kmほど沖合い)も盛んである。季節により、潮干狩りを楽しめる場所がある。湾沿いに点在している湿地は、全体で日本の重要湿地500の1つに選定されている。また、湾内ではミンククジラを対象とする調査捕鯨が行われている。仙台湾 フレッシュアイペディアより)

  • オランダ料理

    オランダ料理から見たカキ (貝)カキ (貝)

    ニシン(生食用)、ムール貝、ヨーロッパウナギ、カキ、エビといった魚介類がこの地域特有で広く食されている。白身魚を小さく切って衣で揚げた料理、キベリンは地域の名物であったが、全国的なファストフードとなった。オランダ料理 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
408件中 1 - 10件表示

「牡蠣」のニューストピックワード