前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
520件中 1 - 10件表示
  • 城山貝塚

    城山貝塚から見たカキ (貝)カキ (貝)

    1号貝塚は岩陰の下にあり、ハマグリ、アサリ、カキ、ハイガイを中心とする貝類が厚さ約60センチも堆積し、縄文時代後期の土器が多く出土している。岩陰を利用した住まいの跡と考えられる。城山貝塚 フレッシュアイペディアより)

  • 潮州料理

    潮州料理から見たカキ (貝)カキ (貝)

    潮州料理の特徴としては、乾物、魚醤、塩などを使った、うま味と塩味を持った味の煮て作る料理が多いことが挙げられる。もともとの文化、通商の中心地である潮州市は韓江で海とつながっているが、海岸線からは20kmほど内陸にあり、スルメ、干しカキ、魚の干物、乾燥させた浮き袋、ふかひれなどといった海産物系の乾物をよく利用してきた。これらの素材は、煮てやれば、うま味を引き出せるので、スープをはじめとして、比較的あっさりしているが素材のうま味を活かした料理に特色がある。潮州料理 フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア料理

    オーストラリア料理から見たカキ (貝)カキ (貝)

    時にオーストラリアには魚料理は少ないと言われることもあるが、多くの魚介類が利用されている。オーストラリアの1,100万平方キロメートルの漁業水域は世界第三位の面積であり、料理に利用される魚介類の採取を可能にしている。オーストラリア大陸の周囲に広がる清浄な海では、国内外に出回る良質な海産物が育まれている。商業的に収穫される海産物として、ロブスター、エビ、マグロ、サケ、アワビがあり、カキ、サケ、ミナミマグロなど60以上の品種が養殖されている。オーストラリア大陸の河川、湖は比較的まばらであるが、食用に適した独特の淡水魚と甲殻類を提供している。漁業、水産物の養殖は羊毛、牛肉、小麦、乳製品に次ぐオーストラリアで5番目に重要な第一次産業となっている。オーストラリア料理 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥羽市立鏡浦中学校

    鳥羽市立鏡浦中学校から見たカキ (貝)カキ (貝)

    1999年(平成11年) - カキの養殖体験を開始する。鳥羽市立鏡浦中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 厚岸町

    厚岸町から見たカキ (貝)カキ (貝)

    町名の由来は諸説あるが、いずれもアイヌ語に基づいている。有力な説は市街地の西にある現在のアツケシ沼でアットウシの原料となるオヒョウニレの皮を剥いだことに由来するもので、「アッケウシイ(アッケウシ)」〔オヒョウニレの皮・剥ぐ・いつもする・所〕、あるいは「アッケシト」〔オヒョウニレ・下の・沼〕から転じたものとされている。このほか、アイヌ研究家のジョン・バチェラーが、「アッケシ」をカキの意とする説を挙げている。厚岸町 フレッシュアイペディアより)

  • 愛南町

    愛南町から見たカキ (貝)カキ (貝)

    根本的な行政課題は、地域振興で、中核産業である水産業の振興が町勢復興の鍵を握る。かつおの水揚げで四国地域では知られている深浦港や、カキ養殖の御荘湾、緋扇貝(ひおうぎがい)などの素材には恵まれている。愛南町 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾料理

    台湾料理から見たカキ (貝)カキ (貝)

    食材では新竹の米粉(ビーフン)、カキ、サバヒー、カラスミなどの海産物、メボウキ、エシャロット、オオタニワタリ、筍などの野菜、また料理では台南の担仔麺、意麺などが著名である。台湾料理 フレッシュアイペディアより)

  • 貝殻

    貝殻から見たカキ (貝)カキ (貝)

    中国医学ではイタボガキ科の貝殻を「牡蛎」(ぼれい)と称して生薬として利用してきた。焼成してから粉砕した粉は日本薬局方にも「ボレイ末」として収載されており、制酸、鎮静、解熱などの作用があり、桂枝加竜骨牡蛎湯、柴胡加竜骨牡蛎湯などの漢方薬に配合される。また、アワビ属の貝殻を「石决明」(せきけつめい)と称して、同様に薬用にしてきた。「清肝明目」(せいかんめいもく)、即ち、肝機能を改善し、同時に目の機能を高める効果があるとする。主成分はどちらも炭酸カルシウムであるが、「石决明」は局方には入っていない。貝殻 フレッシュアイペディアより)

  • 二枚貝

    二枚貝から見たカキ (貝)カキ (貝)

    カキ目(イタボガキ目) = ウグイスガイ目 - カキ(マガキ)、タイラギ など二枚貝 フレッシュアイペディアより)

  • チョッカル

    チョッカルから見たカキ (貝)カキ (貝)

    キムチ漬けにも使うものに加え、スケトウダラおよびその魚卵、イカ、メカジキ、カキ、カニなどのチョッカルが、副食物として食べられる。副食物とするものは一般的に塩分濃度を高くし、発酵および熟成には5 - 9ヶ月という長い期間をかける。日本の塩辛と異なり、副食物とする際には唐辛子の粉やニンニク、ネギ、ゴマ、ごま油などを加えて調味する。チョッカル フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
520件中 1 - 10件表示

「牡蠣」のニューストピックワード