408件中 91 - 100件表示
  • 気仙沼漁港

    気仙沼漁港から見たカキ (貝)カキ (貝)

    フカヒレの生産量では日本一を誇り、カキ、ホタテガイ、アワビ、ウニ、ワカメ、コンブなどの魚介藻類も特産である。気仙沼漁港 フレッシュアイペディアより)

  • 山木陽介

    山木陽介から見たカキ (貝)カキ (貝)

    嫌いな食物・事柄 - カキ・シャンパン(甘ったるい匂いが駄目)・渋滞・筋肉痛・待たされること。山木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • TAKUYA (マジシャン)

    TAKUYA (マジシャン)から見たカキ (貝)カキ (貝)

    好きな食べ物:野菜、牛タン、カキTAKUYA (マジシャン) フレッシュアイペディアより)

  • 濤沸湖

    濤沸湖から見たカキ (貝)カキ (貝)

    カキの養殖、ヤマトシジミ、アサリの漁獲がある。湖沼性ニシンの増殖試験に地元漁業が取り組んでいる。濤沸湖 フレッシュアイペディアより)

  • 宮宇地美穂

    宮宇地美穂から見たカキ (貝)カキ (貝)

    RNCが運営するRNCアナウンスカレッジの第1期卒業生。彼女が担当している夕方のニュースの料理コーナーで食材をつまみ食いしてシェフに怒られたり、「とことん!土曜〜び!!」では司会者の時にカキを60個を一人で平らげたり、マツタケを焼かずに生で食べたり、取れたてのタコを生きたまま食べようとした。これらの食いっぷりが日テレのニュースの女王決定戦で放映された。宮宇地美穂 フレッシュアイペディアより)

  • ルールズ (レストラン)

    ルールズ (レストラン)から見たカキ (貝)カキ (貝)

    1798年、創業者のトマス・ルール(Thomas Rule)は、当初(牡蠣料理を提供する)オイスターバーとしてこの店を開いたが、初期から伝統的なイギリス料理を提供しており、それは現在まで続いている。ルールズは特に、ゲーム(狩猟された鳥獣肉:フランス料理でいうジビエ)料理が名高く、ペナイン山脈の高地にラーティントン・エステート(The Lartington Estate)という自前の農場を構えているルールズ (レストラン) フレッシュアイペディアより)

  • イシダタミ

    イシダタミから見たカキ (貝)カキ (貝)

    北海道南部から九州まで分布する。分布域内の岩礁海岸ではスガイやタマキビなどと並んで最も一般的な貝の一つであり、岩石質の海岸ならば外洋・内湾・汽水域を問わず生息する。砂浜や干潟の砂泥上には生息しないが、そこに岩石やカキ殻などがあるとそれに付着した個体を見ることができる。天然の海岸のみならず、人間の手によって改変されたコンクリート護岸にも多く棲みつく。イシダタミ フレッシュアイペディアより)

  • 仁保島村

    仁保島村から見たカキ (貝)カキ (貝)

    江戸期の初め、広島藩領となった仁保島は、向灘(今日の向洋地区)や似島、金輪島、宇品島、峠島など近隣の島嶼とともに「仁保島村」としてまとめられた。平地に乏しく農業に不適な地形であるため村の主要な産業は漁業であり、仁保島側の柞木(ほうそぎ)浦・淵崎浦・日宇那浦・丹那浦・大河浦・本浦に加え先述の向灘浦が「仁保七浦」と称され村内漁業の拠点であった。1662年、東新開(現在の東雲・霞地区)および西新開(現在の皆実町)の造成により仁保島が広島城下と、ついで1671年には堀越新開の造成によって向灘が府中村(現・安芸郡府中町)と、それぞれ地続きになった。本浦および淵崎の住民はこの地に耕地を求め、米や麦の栽培を行った。江戸中期には海苔・カキの養殖が盛んになり村の重要な特産品になった。またこの時期、村民の出漁は遠く対馬まで及んだ。仁保島村 フレッシュアイペディアより)

  • イボニシ

    イボニシから見たカキ (貝)カキ (貝)

    肉食性で、穿孔腺という酸を分泌する器官を持ち、主に固着性の動物の殻に穿孔腺からの酸と歯舌の運動で穴を開け、その肉を捕食する。ただし、同様の環境に生息する同じ科のシマレイシガイダマシが殻に直接丸い孔を時間をかけて穿孔するのに対し、イボニシの場合には殻の合わせ目に微細な刻み目をうがち、そこから毒を注入して抵抗力を奪い、こじ開けて中の肉を摂食することも多い。獲物は主として岩に固着する貝類(特にカキやカサガイ類など)やフジツボ類を好む。このため同様の生態をもつアカニシやレイシガイなどとともにカキ養殖業にとって害貝となっている。しかし後述の田辺湾のP型イボニシでは食性幅は狭く、ほとんどイワフジツボしか捕食しないことや、特定の餌で飼育した個体は、その後も他個体よりもその餌を好む傾向があることも報告されている(阿部, 1994)。イボニシ フレッシュアイペディアより)

  • 似島学園

    似島学園から見たカキ (貝)カキ (貝)

    戦後の窮迫した社会状況の中、養豚、養鶏、カキの養殖などをして生活。1948年児童福祉法に基づく児童養護施設として認可され、1952年社会福祉法人似島学園と改称。1966年には知的障害者施設高等養護部を併設。敷地内の似島国民学校も1950年、広島市立似島学園小・中学校として独立し現在に至っている。開園以来の保護児童数はのべ3000人を越え、現在も120人余りの児童、青少年が在園している。似島学園 フレッシュアイペディアより)

408件中 91 - 100件表示

「牡蠣」のニューストピックワード