520件中 91 - 100件表示
  • ミヤコドリ

    ミヤコドリから見たカキ (貝)カキ (貝)

    英名の「Oystercatcher」とは、カキなどの二枚貝を食べる習性に由来している。くちばしは上下に平たくて先が鋭く、わずかに口を開けた二枚貝に素早くくちばしを差し込み、貝柱を切断して殻を開け、中身を食べる。ほかにカニやゴカイなども食べる。ミヤコドリ フレッシュアイペディアより)

  • ゴールウェイ国際オイスター・フェスティバル

    ゴールウェイ国際オイスター・フェスティバルから見たカキ (貝)カキ (貝)

    ゴールウェイ国際オイスター・フェスティバル(ゴールウェイこくさいオイスター・フェスティバル、Galway International Oyster Festival)は、アイルランド共和国ゴールウェイで毎年カキの季節の始まりである9月に行われる食品祭。ゴールウェイ国際オイスター・フェスティバル フレッシュアイペディアより)

  • 宮浜温泉

    宮浜温泉から見たカキ (貝)カキ (貝)

    瀬戸内海の沿岸に旅館が立地し、日本三景で知られる宮島を望む。カキやアナゴ、アサリなどが名物となっている。宮浜温泉 フレッシュアイペディアより)

  • ロウアー・ニューヨーク湾

    ロウアー・ニューヨーク湾から見たカキ (貝)カキ (貝)

    レナペの時代以前より、ネイティブ・アメリカンがこのエリアに住み着いていた。ロウアー湾は豊かな海洋生態系 (en) を保っており、複数種の魚や軟体動物、特にカキ、アサリ(クラム)およびムール貝(マッセル)の繁殖場所となっている。20世紀には、人口の増加と工業汚染により、この湾の水質と海洋生物を養うことのできる環境は大幅に損なわれた。この湾の水質はクリーン・ウォーター法 (en) の成立により改善に向かっている。ロウアー・ニューヨーク湾 フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ・マジノ

    アンドレ・マジノから見たカキ (貝)カキ (貝)

    しかし、彼自身はマジノ線の竣功を見ることはなかった。1932年1月7日、腸チフスによりパリで死去。54歳。好物であったカキに中(あた)ったためといわれる。アンドレ・マジノ フレッシュアイペディアより)

  • はづき (アイドル)

    はづき (アイドル)から見たカキ (貝)カキ (貝)

    嫌いなものはホヤ、カキ(過去に当たったらしい)はづき (アイドル) フレッシュアイペディアより)

  • 付着生物

    付着生物から見たカキ (貝)カキ (貝)

    フジツボ、コケムシ、多毛類の一部、貝類の一部(ムラサキイガイやイシマテ、カキ)、サンゴその他多数。付着生物 フレッシュアイペディアより)

  • 草津漁港

    草津漁港から見たカキ (貝)カキ (貝)

    草津漁港(くさつぎょこう)とは、広島市西区草津港(ここでは町名)にある市内最大の漁港で、カキの養殖の発祥の地である。草津漁港 フレッシュアイペディアより)

  • 氏家待合所

    氏家待合所から見たカキ (貝)カキ (貝)

    1960年に発売開始。カキを使った炊き込みご飯。ヒジキが散らされており、カキ、ツブ、アサリ、シイタケ、フキなどが載せられている。福神漬と沢庵漬けが付け合わせとなっている。百貨店の駅弁大会に登場することもあり、そこでは他のかきめし弁当と区別するため『氏家かきめし』という名称を用いる事が多い。氏家待合所 フレッシュアイペディアより)

  • アカニシ

    アカニシから見たカキ (貝)カキ (貝)

    肉食性で養殖のアサリやカキを食い荒らす貝として関係者を悩ませることもしばしばある。アカニシ フレッシュアイペディアより)

520件中 91 - 100件表示

「牡蠣」のニューストピックワード