408件中 11 - 20件表示
  • 貝殻

    貝殻から見たカキ (貝)カキ (貝)

    中国医学ではイタボガキ科の貝殻を「牡蛎」(ぼれい)と称して生薬として利用してきた。焼成してから粉砕した粉は日本薬局方にも「ボレイ末」として収載されており、制酸、鎮静、解熱などの作用があり、桂枝加竜骨牡蛎湯、柴胡加竜骨牡蛎湯などの漢方薬に配合される。また、アワビ属の貝殻を「石决明」(せきけつめい)と称して、同様に薬用にしてきた。「清肝明目」(せいかんめいもく)、即ち、肝機能を改善し、同時に目の機能を高める効果があるとする。主成分はどちらも炭酸カルシウムであるが、「石决明」は局方には入っていない。貝殻 フレッシュアイペディアより)

  • 二枚貝

    二枚貝から見たカキ (貝)カキ (貝)

    カキ目(イタボガキ目) = ウグイスガイ目 - カキ(マガキ)、タイラギ など二枚貝 フレッシュアイペディアより)

  • ヒラムシ

    ヒラムシから見たカキ (貝)カキ (貝)

    ツノヒラムシなどは蛎殻の内に侵入し捕食する事から、養殖に甚大な被害を及ぼすため、牡蛎の養殖棚を川の河口に接した汽水域まで移動させ、塩分濃度の違いを生かしてツノヒラムシの駆除を行う手法もある。ヒラムシ フレッシュアイペディアより)

  • 宮城県

    宮城県から見たカキ (貝)カキ (貝)

    県の太平洋沿岸部から奥羽山脈のふもとにかけて広大な平野部を持ち、ササニシキ、ひとめぼれなどの稲作中心の農業が行われており、米所として有名である。また、世界三大漁場の三陸沖漁場に近いため、県内には気仙沼漁港、石巻漁港、塩釜漁港の3つの特定第3種漁港を初めとする142の漁港があり、全国屈指の水揚げ量を誇る。1県に複数の特定第3種漁港を持つ県は、日本国内において宮城県が唯一である。カツオ、サンマ、マグロのほか、カキ、ふかひれ、ホヤなどの特産の水産物を持つ。その他、高級和牛牛肉の仙台牛、イチゴやナシなどの果物、伝統野菜に山菜など、豊富な食材を多く産出している点から、県は「食材王国みやぎ」を宣伝句に掲げている。宮城県 フレッシュアイペディアより)

  • 軟体動物

    軟体動物から見たカキ (貝)カキ (貝)

    多くの種類が食用や薬用などで人間に利用されてきた。貝塚等から、先史時代より貝類が人類の食料になっていたことが知られている。古代ローマでは食用としてカキが養殖されていたという記録も残されている。軟体動物 フレッシュアイペディアより)

  • 養殖業

    養殖業から見たカキ (貝)カキ (貝)

    ウナギ(蓄養のみ)、タイ、ホタテ、カキ、ホヤなどが養殖されている。養殖業 フレッシュアイペディアより)

  • ヒトデ

    ヒトデから見たカキ (貝)カキ (貝)

    このような特殊な食べ方で、普通の動物には食べにくい固着性の貝(カキ等)なども餌にしてしまう。一説によると、ホタテガイなど二枚貝の一部に見られる急激な移動能力はヒトデの捕食から逃れるために発達したと考えられている。実際には甲殻類や環形動物、時には小魚までが餌になっている。ヒトデ フレッシュアイペディアより)

  • 厚岸町

    厚岸町から見たカキ (貝)カキ (貝)

    町名の由来は、アイヌ語のアッケウシ(atkeusi オヒョウニレの皮をいつもはぐ所)から。アイヌ語でカキの意とするバチェラーの説は疑わしいとされる。厚岸町 フレッシュアイペディアより)

  • お好み焼き

    お好み焼きから見たカキ (貝)カキ (貝)

    トッピングに使われる具材…イカ天、生イカ、ねぎ、生エビ、もち、チーズ、カキ、コーンお好み焼き フレッシュアイペディアより)

  • 行橋市

    行橋市から見たカキ (貝)カキ (貝)

    周防灘に面している行橋市は漁業も盛んで、シャコやワタリガニ(この地域ではガザミと呼ぶ)などがよく知られており、また、蓑島地区と稲童地区はカキの養殖を行っており、一般の方も直売所で買うことができる(冬場のみ)。その他にアサリやマテガイ、キヌ貝などの海産物の産地であるため、春先から初夏にかけては潮干狩り(有料)で賑わっている。行橋市 フレッシュアイペディアより)

408件中 11 - 20件表示

「牡蠣」のニューストピックワード