520件中 11 - 20件表示
  • 貝毒

    貝毒から見たカキ (貝)カキ (貝)

    貝の種類により、毒の「蓄積しやすさ」および「排泄(代謝)」の速度は異なる。つまり、同一海域産であっても、貝によって毒化の期間が変わり、中毒を起こす場合と起こさない場合がある。ホタテガイ、ムラサキイガイは比較的毒化が長期間続き、カキは短期間である。貝毒 フレッシュアイペディアより)

  • 柴胡加竜骨牡蛎湯

    柴胡加竜骨牡蛎湯から見たカキ (貝)カキ (貝)

    柴胡(さいこ)、半夏(はんげ)、桂皮(けいひ)、茯苓(ぶくりょう)、黄岑(おうごん)、大棗(たいそう)、人蔘(にんじん)、牡蛎(ぼれい)、竜骨(りゅうこつ)、生姜(しょうきょう)、大黄(だいおう)柴胡加竜骨牡蛎湯 フレッシュアイペディアより)

  • 桂枝加竜骨牡蛎湯

    桂枝加竜骨牡蛎湯から見たカキ (貝)カキ (貝)

    桂皮(けいひ)、芍薬(しゃくやく)、大棗(たいそう)牡蛎(ぼれい)、竜骨(りゅうこつ)、甘草(かんぞう)、生姜(しょうきょう)桂枝加竜骨牡蛎湯 フレッシュアイペディアより)

  • 軟体動物

    軟体動物から見たカキ (貝)カキ (貝)

    多くの種類が食用や薬用などで人間に利用されてきた。貝塚等から、先史時代より貝類が人類の食料になっていたことが知られている。古代ローマでは食用としてカキが養殖されていたという記録も残されている。軟体動物 フレッシュアイペディアより)

  • 岸朝子

    岸朝子から見たカキ (貝)カキ (貝)

    沖縄出身の両親のもと、東京で生まれる。父親はアメリカで苦学して養殖業を学び、カナダと日本で牡蠣養殖を成功させた人物。女子栄養学園卒の友人がつくったロールサンドの味に魅了され料理に興味を持つ。永田町小学校(現・麹町小学校)から東京高等師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)に転入し卒業。府立第三高女(現・東京都立駒場高等学校)を経て、1942年、女子栄養学園(現・女子栄養大学)卒業。東大農学部勤務後、21歳で軍人と見合い結婚し、1947年から夫婦で千葉県でカキの養殖業を手がける。その後、出産を経て、1953年に養殖業を廃業して東京へ移住。1955年に主婦の友社の「料理の好きな家庭婦人を求む」の求人に応募して入社し、4人の子どもを育てながら料理記者としてスタートを切る。岸朝子 フレッシュアイペディアより)

  • 小天橋駅

    小天橋駅から見たカキ (貝)カキ (貝)

    通常は普通列車と快速列車しか停車しないが、夏季(海水浴シーズン)と冬季(カニ・カキシーズン)には一部の特急が臨時停車する。小天橋駅 フレッシュアイペディアより)

  • ヒラムシ

    ヒラムシから見たカキ (貝)カキ (貝)

    ツノヒラムシなどは蛎殻の内に侵入し捕食する事から、養殖に甚大な被害を及ぼすため、牡蛎の養殖棚を川の河口に接した汽水域まで移動させ、塩分濃度の違いを生かしてツノヒラムシの駆除を行う手法もある。ヒラムシ フレッシュアイペディアより)

  • 福建料理

    福建料理から見たカキ (貝)カキ (貝)

    出汁には干したカキ(「淡菜」)やアゲマキガイや魚などの乾物をよく使う。福建料理 フレッシュアイペディアより)

  • オイスターソース

    オイスターソースから見たカキ (貝)カキ (貝)

    オイスターソースは広東料理でよく使われるカキを主原料とする調味料のひとつ。日本語では牡蠣油ともいう。オイスターソース フレッシュアイペディアより)

  • 女川町

    女川町から見たカキ (貝)カキ (貝)

    町域は、三陸復興国立公園地域に指定されている。北上山地と太平洋が交わるリアス式海岸は天然の良港を形成し、カキ(牡蛎)やホタテガイ(帆立貝)、ギンザケ(銀鮭)などの養殖漁業が盛んで、金華山沖漁場が近いことから、地方卸売市場には暖流・寒流の豊富な魚種が数多く扱われる。中でもサンマの水揚げ量は全国でも有数であり、大漁を祈る「サンマdeサンバ」という曲が地域の祭りや運動会で踊られることもある。女川町 フレッシュアイペディアより)

520件中 11 - 20件表示

「牡蠣」のニューストピックワード