408件中 41 - 50件表示
  • 草津町 (広島県)

    草津町 (広島県)から見たカキ (貝)カキ (貝)

    藩政期、草津は広島城下の外港としての役割を果たし、浜田藩(松平氏)の船屋敷が一時設置されていたこともある。また街道筋に位置する草津城址には城下町の西端を示す大門が設けられた。広島およびその近辺の水産物の集散地でもあり、延宝年間以降はカキの養殖が盛んになり、仁保島・江波などと並ぶ特産地となった。さらに沖合に広がる遠浅の干潟では早い時期から新開地の造成が行われた。草津町 (広島県) フレッシュアイペディアより)

  • 尚道子

    尚道子から見たカキ (貝)カキ (貝)

    父親は宮城新昌(みやぎ しんしょう)。沖縄県国頭郡大宜味村の出身で、日米でカキの養殖法の開発と普及に貢献し「日本の牡蛎王」の異名をとった。母親の“つる”は大宜味尋常小学校校長で教育者だった親泊朝擢(おやどまり ちょうたく)の娘で、琉球王国第二尚氏3代尚真王の長男(廃嫡)・尚維衡(浦添王子朝満)の後裔にあたる。夫は琉球王国最後の国王・尚泰の孫で元日本住宅公団副総裁、日本におけるダイニングキッチンの発明者としても知られる尚明(しょう あきら)。妹は料理評論家・記者の岸朝子。次男の尚承(しょう つぐる)も料理家で、東京銀座で和食と沖縄料理の店ZENを営む傍らNHK連続テレビ小説『ちゅらさん』の料理指導や『きょうの料理』の講師を務めた。ちなみに尚道子が考案した「たこさんウインナー」は、夫の尚明を励ますために作ったと、NHKのテレビ番組「プロジェクトX〜挑戦者たち〜」にて紹介された。尚道子 フレッシュアイペディアより)

  • マウスユニット

    マウスユニットから見たカキ (貝)カキ (貝)

    アサリやカキ、ホタテなどの本来は毒を持たない貝類も、有毒プランクトン(Alexandrium属など)の影響により毒化することがある。日本では1970年代後半に、貝毒による食中毒が多発したことから、これを防止するための水産庁通達「麻痺性貝毒に対する措置について」(1978年)で、市場流通品の貝に含まれる毒量の基準が設けられた。マウスユニット フレッシュアイペディアより)

  • 繊毛粘液摂食

    繊毛粘液摂食から見たカキ (貝)カキ (貝)

    普通の水域では、餌粒子の量は多くないので、このような動物は、常に多量の海水を出し入れすることになる。例えば、カキは一時間当たり30-40lの水を鰓に送り届けている。そして余分な餌粒子は偽糞として放出する。つまり、それだけの量の海水中から微粒子をかき集めて固形化している訳である。したがって、二枚貝類は水の浄化に対して大きな働きを持っている。繊毛粘液摂食 フレッシュアイペディアより)

  • 牡蠣の土手鍋

    牡蠣の土手鍋から見たカキ (貝)カキ (貝)

    牡蠣の土手鍋(かきのどてなべ)とは、鍋の周りに味噌を塗りつけ、カキと豆腐や野菜を煮ながら食べる広島県の郷土料理(鍋料理)。牡蠣の土手鍋 フレッシュアイペディアより)

  • トロ箱

    トロ箱から見たカキ (貝)カキ (貝)

    また、一般に小型の木箱はトロ箱とは呼ばない。特にウニの容器はその形状から「げた」などと呼ばれる。その他、水産業界では魚介類の運搬容器としてサンマ用の樽やカキ用のブリキ缶が用いられるが、これらもトロ箱とは呼ばない。トロ箱 フレッシュアイペディアより)

  • サン=ホセ=モゴテ

    サン=ホセ=モゴテから見たカキ (貝)カキ (貝)

    サン=ホセ相(San José;1150B.C.?850B.C.)は、ベラクルス州のオルメカ文明の祭祀センター、サン=ロレンソとほぼ並行する時期に当たる。サン=ホセ=モゴテは、60?70haのセンターに成長し、建造物2号では、階段下にジャガーと思われるものと猛禽の頭と思われる石彫が置かれるが、オルメカとは様式がことなり、出土した土偶もオルメカの影響を受けたと思われるものがわずかに見られるが、大部分が在地の系統を引くものである。このころの人口は700人ほどに達したと推定されている。一方、この時期の土器は、オルメカの影響を強く受けたとも考えられる「半人半ジャガー」のモチーフと「炎のヘビ」のモチーフが刻まれた。4つの居住区のうちA,C区に「炎のヘビ」のモチーフ、B区に「半人半ジャガー」のモチーフの土器が検出されている。サン=ホセ=モゴテの集落は、磁鉄鉱の鏡、真珠貝や棘つきのカキ、雲母を加工した装飾品、磨製石斧などの生産をおこなっていた。サン=ホセ=モゴテの支配者層は、北方のモレーロス州やベラクルス州、メキシコ中央高原、東方のチャパス州との交易を行っていたと考えられる。次のグアダルーペ相(Guadalupe;850B.C.?700B.C.)になると、日干し煉瓦の基壇を持つ大形の公共建造物が建てられるようになる。土器は、他のメソアメリカ地域と並行して刻線文の施された白色土器が主体となる。サン=ホセ=モゴテ フレッシュアイペディアより)

  • 帯状分布

    帯状分布から見たカキ (貝)カキ (貝)

    帯状分布(おびじょうぶんぷ、たいじょうぶんぷ、ゾーネーション)とは、あるものの分布が、長い広がりをもちながら、比較的狭い幅に限られた、一定の帯の形になることを指す。特に、生物の分布がある方向に向かって入れ替わって行き、外から見るとそれぞれの生物の分布域が帯状に見えるものを指すことが多い。代表的なのは、海岸の岩の上に見られ、カキやフジツボがそれぞれにある水準に層をなしているのがよく分かる。ここでは、生物の帯状分布について説明する。帯状分布 フレッシュアイペディアより)

  • 金ヶ崎

    金ヶ崎から見たカキ (貝)カキ (貝)

    北側は相生湾や相生市の町並、東側は室津や姫路の播磨臨海工業地帯、西側には釜崎や赤穂御崎、ふもとには蔓島やカキの養殖しているかきいかだ、そして南側には家島諸島の浮かぶ播磨灘が一望出来る。金ヶ崎 フレッシュアイペディアより)

  • 笠師保村

    笠師保村から見たカキ (貝)カキ (貝)

    当時、産業は米作中心で、七尾湾沿いではカキ養殖も多く行われていた。笠師保村 フレッシュアイペディアより)

408件中 41 - 50件表示

「牡蠣」のニューストピックワード