408件中 61 - 70件表示
  • 日本オイスター協会

    日本オイスター協会から見たカキ (貝)カキ (貝)

    日本オイスター協会(にほんオイスターきょうかい Japan Oyster Association 略称JOA)はオイスターマイスターの育成を通してカキの需要と供給の増加と正しいカキの情報の提供を目的としている団体。日本オイスター協会 フレッシュアイペディアより)

  • 長島 (岡山県)

    長島 (岡山県)から見たカキ (貝)カキ (貝)

    中央部の船越は、屋島の合戦の後に源義経の船が長島に吹き寄せられ、武蔵坊弁慶が船を引き越した地であるという伝説がある。大正時代は島内のほとんどが山林で、中部より西側に水田が点在し、20世帯余りが住んでいた。ボラ敷網が有名だったが1960年頃から衰退し、かわって鴻島との間でカキの養殖が盛んになった。長島 (岡山県) フレッシュアイペディアより)

  • マガキガイ

    マガキガイから見たカキ (貝)カキ (貝)

    なお、「貝」をつけない「マガキ」は、二枚貝のカキの一種 Crassostrea gigas で、全くの別種となる。マガキガイ フレッシュアイペディアより)

  • 2-ノナノール

    2-ノナノールから見たカキ (貝)カキ (貝)

    2-ノナノール(2-nonanol)は単純なアルコールの一つ。キュウリのような芳香を持ち、カキ \(貝\)で確認されている。いくつかの昆虫によってフェロモンとして使われており、市販もされている。2-ノナノール フレッシュアイペディアより)

  • 酸菜

    酸菜から見たカキ (貝)カキ (貝)

    酸菜カキ鍋は、酸菜とカキ、その他を鍋に入れて煮て、多少の塩で味付けをして、みんなで鍋を囲んで食べる。酸菜 フレッシュアイペディアより)

  • 諫早湾

    諫早湾から見たカキ (貝)カキ (貝)

    湾奥部の潮間帯には泥干潟が広がり、泥質部を好むシチメンソウ(ミルマツナ)、ウミマイマイ、ハイガイ、タイラギ、カキ、アゲマキ、ハラグクレチゴガニ、アリアケガニ、シオマネキ、ムツゴロウなどの生物が生息していた。諫早湾 フレッシュアイペディアより)

  • 閉暗所愛好会

    閉暗所愛好会から見たカキ (貝)カキ (貝)

    第四話 かき 牡蠣 oyster閉暗所愛好会 フレッシュアイペディアより)

  • オイスターバー

    オイスターバーから見たカキ (貝)カキ (貝)

    オイスターバー()は、生牡蠣を食事に出すレストランやバールの内部の一角に設けられた施設、ないし、レストランの類型のひとつ。牡蠣はその場で、通常はカウンター内の顧客に見えるところで、殻を開ける。オイスターバー フレッシュアイペディアより)

  • 湯木貞一

    湯木貞一から見たカキ (貝)カキ (貝)

    1901年、神戸市花隈(現中央区花隈)の鰻料亭「中現長」(現存せず)の跡取り息子として誕生。湯木家は元広島藩士。明治維新で祖父が武士を廃業しかき船を始めて関西に移った。父がかき船を嫌い始めた料亭の跡を16歳で嗣ぎ、父の下で板前の修行を始める。24歳の時、松平不昧著『茶会記』を読み、茶道に目覚め、茶懐石を料理に取り入れ、料理の品格を高めたいという志を立てる。しかし、貞一の目指す料理と実家の料理とは路線に異なりがあったことなどから次第に確執が深まり、30歳の時に家出同然で独立、大阪市新町(現西区新町)にカウンターのみの割烹料理屋「御鯛茶処 吉兆」を開いた。これが吉兆の始まりである。ただ、開店当日、客は0人だったという今では信じられない逸話が残っている。その後、クチコミで評判が広まり、固定客もついて経営は安定する。湯木貞一 フレッシュアイペディアより)

  • 石川県道253号豊田笠師保停車場線

    石川県道253号豊田笠師保停車場線から見たカキ (貝)カキ (貝)

    七尾市中島地区の南西部に位置する。日用川によって形成された平野部に位置する豊川地区と、旧田鶴浜町との境に近い七尾西湾沿岸の笠師保地区とを結ぶ。途中、中島町笠師地区(上笠師)の集落を抜けるため、2つの峠部を越えるものの、標高はさほど高くはない。終点部の笠師保地区は七尾西湾に面しており、周辺ではカキの養殖を営む作業場などがみられる。石川県道253号豊田笠師保停車場線 フレッシュアイペディアより)

408件中 61 - 70件表示

「牡蠣」のニューストピックワード