520件中 71 - 80件表示
  • ホトトギスガイ

    ホトトギスガイから見たカキ (貝)カキ (貝)

    北海道から九州、日本以外では朝鮮半島・中国にも分布するが、世界各地の温帯域にも分布を広げている。これは養殖用に持ち出されたカキに付いた個体、または船のバラスト水に混じった幼生が移入先で定着したものと推定されている。ホトトギスガイ フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパヘダイ

    ヨーロッパヘダイから見たカキ (貝)カキ (貝)

    成魚の体長は50から60cm程度。一般的には水深30mでよくみられるが、成魚は150mの深さにもいる。個体または小さな集団で行動する。食欲旺盛で餌は主に甲殻類やムール貝やカキなどの貝類。強力な歯で殻を噛み砕いて食べる。産卵時期は10月から12月。ヨーロッパヘダイ フレッシュアイペディアより)

  • ケフサイソガニ

    ケフサイソガニから見たカキ (貝)カキ (貝)

    内湾・汽水域の潮間帯から潮下帯にかけて生息する。潮が引いた海岸では転石下やカキ殻の間等によく見出される。人の手が入った環境にも多く、コンクリートブロックの下や石組み護岸の間にも見られる。隠れ場所が全くない砂泥のみの区域、淡水の影響がない区域、荒波が打ち寄せる区域にはほとんどいない。ケフサイソガニ フレッシュアイペディアより)

  • カニヤドリカンザシ

    カニヤドリカンザシから見たカキ (貝)カキ (貝)

    1960年代後半には静岡県の浜名湖で養殖カキに甚大な被害を与えた。また、在来の近縁種と競争する可能性も指摘されている。カニヤドリカンザシ フレッシュアイペディアより)

  • カサネカンザシ

    カサネカンザシから見たカキ (貝)カキ (貝)

    瀬戸内海では1969年から1970年代初めにかけて養殖カキに本種が異常に密生したことがあり、こうした貝類・網・ブイの被害額は数十億円に達する。また、発電所や工場などの取水施設に大量に付着し、汚損被害を発生させる。カサネカンザシ フレッシュアイペディアより)

  • 舞鶴かき丼

    舞鶴かき丼から見たカキ (貝)カキ (貝)

    舞鶴市漁業協同組合、社団法人舞鶴市水産協会、舞鶴観光協会でつくる「舞鶴かきグルメキャンペーン協議会」が、地元の特産であるカキを使ったご当地グルメを開発し、2006年(平成18年)1月からキャンペーンを開始した。以後毎年冬期の12月から3月に渡りキャンペーンを行っており、2010年(平成22年)3月現在、舞鶴市内の16店舗で提供している。舞鶴かき丼 フレッシュアイペディアより)

  • かき正

    かき正から見たカキ (貝)カキ (貝)

    先代が広島県出身のため、広島産のかきやふぐを得意とする。建物は古く、当初の建築。本館、はなれ、食堂からなる。芸妓が上げられる。かき正 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤忠勇

    佐藤忠勇から見たカキ (貝)カキ (貝)

    佐藤 忠勇(さとう ただお、1887年(明治20年)11月 - 1984年(昭和59年)4月1日)は日本の水産学者。カキの浄化法を確立した人物であり、的矢かきの生みの親である。佐藤忠勇 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマノカミ

    ヤマノカミから見たカキ (貝)カキ (貝)

    11-12月に水温が7-8℃になると、成長したヤマノカミは川を下って海に入る。1-3月に河口付近のカキやタイラギなど大型二枚貝の死殻内に卵塊を産む。他に竹筒や空き缶などを産卵基質として利用した例も報告されている。ヤマノカミ フレッシュアイペディアより)

  • 荒浜町

    荒浜町から見たカキ (貝)カキ (貝)

    特産物は阿武隈川を溯上するサケで、明治末期には年85tもの漁獲高があり、薄塩にした生鮭が盛んに贈答品に用いられたという。合併直前期の昭和28年(1953年)の統計によれば、漁業売上高は6,238万6千円で、主な漁獲品目としてカレイ・ヒラメ・カナガシラ・アナゴ・メロウド・タコが挙げられており、これに加えて牡蠣・海苔・ナマコの養殖が行われていた。荒浜町 フレッシュアイペディアより)

520件中 71 - 80件表示

「牡蠣」のニューストピックワード