520件中 81 - 90件表示
  • イワガキ

    イワガキから見たカキ (貝)カキ (貝)

    イワガキ フレッシュアイペディアより)

  • 国崎町

    国崎町から見たカキ (貝)カキ (貝)

    天永2年(1111年)の記録『国崎神戸文書』では、内宮や外宮への供祭物として水取鮑・玉抜鮑・甘掻鮑・津布・荒・塩を、直会料や六節御贄として魚貝類若干を納めたほか、「丁部」として労役が課されていた。国崎の船に関する記録がいくつか残されており、文明13年(1481年)には勢田川を通航する国崎舟に対して「新役」が課されたことを内宮に訴え、同17年(1485年)に国崎船が北畠氏によって一志郡矢野浦で拿捕(だほ)される事件が発生し、永禄8年(1565年)には大湊へ3艘の国崎船が入港していることが分かっている。国崎町 フレッシュアイペディアより)

  • キャサリン・トラウ

    キャサリン・トラウから見たカキ (貝)カキ (貝)

    父親のロイはアイオワから移住してきて、イルワコでカキ漁をしていた。キャサリンはイルワコ高等学校を卒業してから、双子の姉シャーロットとともにオレゴン州ポートランドに移り、聖ビンセント看護婦学校に通った。1933年頃に二人でポートランドの聖ビンセント病院の看護婦を務めた。その後、同病院とシアトル市健康管理部で看護婦職を続けながらワシントン大学に通い、公衆衛生学の学位を授与された。その後、ワシントン州ベリアンで骨董店を開いた。キャサリン・トラウ フレッシュアイペディアより)

  • カキ目

    カキ目から見たカキ (貝)カキ (貝)

    カキ目は二枚貝綱翼形亜綱に属する分類群。カキをはじめとした二枚貝を含んでいる。イタボガキ目とも。カキ目 フレッシュアイペディアより)

  • アパラチー

    アパラチーから見たカキ (貝)カキ (貝)

    アパラチー族はトウモロコシ、豆類、スカッシュ、カボチャおよびヒマワリを育てた。野生のイチゴ、グリーンブライア(イバラ)の根や芽、アカザのような野菜、小麦粉を作るときに使われる1種類以上の識別されていない水生植物の根、ヒッコリーの実、ドングリ、ノコギリヤシの実およびカキの実を採集した。川や湖では魚やカメを捕まえ、メキシコ湾岸ではカキや魚を獲った。陸地では鹿、クロ熊、ウサギおよびカモを狩った。アパラチー フレッシュアイペディアより)

  • パサマクォディ

    パサマクォディから見たカキ (貝)カキ (貝)

    パサマクォディ族(Passamaquoddy、別名はPeskotomuhkati)とは北米大陸に定住するインディアン部族。「パサマクォディ」は「カキを採る人々」という意味。パサマクォディ フレッシュアイペディアより)

  • マレンヌ

    マレンヌから見たカキ (貝)カキ (貝)

    スードル川の河口右側で成長したまちで、カキの大生産地であるマレンヌ=オレロン流域の名称で知られる。マレンヌ フレッシュアイペディアより)

  • レッツ!東広島

    レッツ!東広島から見たカキ (貝)カキ (貝)

    1月18日:今が旬!プリップリ安芸津の牡蠣(ロケ地:安芸津 等)レッツ!東広島 フレッシュアイペディアより)

  • ユビナガホンヤドカリ

    ユビナガホンヤドカリから見たカキ (貝)カキ (貝)

    同所的にはウミニナ類、ムシロガイ類、カキ類、ヒメハゼ、アベハゼ、ケフサイソガニ、スジエビモドキ等が見られる。ユビナガホンヤドカリ フレッシュアイペディアより)

  • 長野県製薬

    長野県製薬から見たボレイカキ (貝)

    黒色丸状の御岳百草丸を、より服用しやすい顆粒状形へと新規開発したのが「御岳百草顆粒ウコン入」。主成分のオウバクエキスに、日本薬局方ボレイ末、エンゴサク末、ウコン末を加えた顆粒剤の胃腸薬。ただし、ウコンは成分としての含有量は多くはない。長野県製薬 フレッシュアイペディアより)

520件中 81 - 90件表示

「牡蠣」のニューストピックワード