前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
217件中 1 - 10件表示
  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た広東省

    中国広東省などでは、厚めの衣をつけた天ぷらが好まれている。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た日本テレビ放送網

    カキの殻の表面は剃刀の刃のように薄いものが重なっており、生食の際には軍手などの手袋を用いないと手のひらに無数の傷がつく。網焼きや生食では身だけでなく汁もともに吸う。多くの人はカキの身にのみ栄養があると考えているが、身が浸されている殻の中の海水を含む汁にも多くの栄養素が含まれていることが知られている。カキの独特の風味は貝類の内臓の味であるということを日本テレビの科学番組『所さんの目がテン!』で検証しており、ここではハマグリの内臓を寄せ集めて作ったカキフライもどきが本物と区別が付かないことを、20人中18人が騙されたという結果で示した。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た西日本旅客鉄道

    食中毒の原因となる寄生虫や病原微生物が少ない地下海水を使う陸上養殖も、日本では行われている。JR西日本は大崎上島(広島県)で育てた陸上養殖カキを「オイスターぼんぼん」の商品名で出荷している。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たハマグリ

    日本では縄文時代ごろから食用されていたとされ、多くの貝塚から殻が発見されており、ハマグリに次いで多く食べられていたと考えられている。室町時代ごろには養殖も行われるようになったという。大坂では明治時代まで広島から来るかき船が土佐堀、堂島、道頓堀などで船上での行商を行い、晩秋の風物詩となっていた。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た有明海

    有明海沿岸に生息し食用にされるが、他所へはほとんど出回らない。マガキにごく近縁な種で、殻の表面はやや滑らか。産卵は、6-7月。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たカキノキ

    植物のカキ(柿)とは同音だが、共通語ではアクセントの位置が異なる。カキ(貝)の場合はカキであり、これは「夏季」「夏期」「下記」「火気」「花器」「火器」「花卉」等の熟語などとも同じ。他方、カキ(柿)はカキである(それぞれ太字にアクセント)。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た食中毒

    古くから食べられてきたカキであるが、その一方で「あたる」食品(食材)としても知られている。カキの食中毒が注目されるのは非加熱状態で食べられる機会が多いことと関係している。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た古代ローマ

    干潟の泥砂底にある程度の大きさに育った稚貝を蒔いて育てる方法。古代ローマ時代から行われていたとされ、日本では1950年代後半まで有明海沿岸などで行われたが、ノリ養殖が盛んになり衰退した。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た鍋料理

    食用としての歴史は非常に長く、世界中で食され、人類が親しんできた貝の一つである。グリコーゲンのほか、必須アミノ酸をすべて含む。タンパク質やカルシウム、亜鉛などのミネラル類をはじめ、さまざまな栄養素が多量に含まれるため、「海のミルク」と呼ばれる。カキフライのような揚げものや、鍋物の具にして食べたり、新鮮なものは網焼きや生で食す。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たシェイクスピア

    英語のoysterは孤独を好む性質や寡黙さの代名詞。成句としては、「カキのように口が堅い、as close as an oyster」、「リンゴとカキ(月とスッポン)のように似ても似つかない、as like as an apple to an oyster」、シェイクスピア作品に由来する「世界は儲けの種である、The world's one's oyster」、アメリカ口語では「泥中のカキのようにこの上もなく満足して、like an oyster in the mud」、「カキのようにぴったり固く締める、tight as oyster」などがある。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
217件中 1 - 10件表示

「牡蠣」のニューストピックワード