217件中 91 - 100件表示
  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た日生諸島

    岡山県(瀬戸内海、備前市日生諸島、瀬戸内市虫明湾、浅口市寄島町)カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たパン粉

    カツレツの手法によって、生のカキに小麦粉をまぶし、溶き卵をくぐらせてからパン粉をつけて、油で揚げる。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た豊前海

    福岡県(糸島半島、豊前海カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た栄養素

    食用としての歴史は非常に長く、世界中で食され、人類が親しんできた貝の一つである。グリコーゲンのほか、必須アミノ酸をすべて含む。タンパク質やカルシウム、亜鉛などのミネラル類をはじめ、さまざまな栄養素が多量に含まれるため、「海のミルク」と呼ばれる。カキフライのような揚げものや、鍋物の具にして食べたり、新鮮なものは網焼きや生で食す。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たフランス

    かつてのヨーロッパ、特にフランスでカキと言えば本種のことであったが、1970年代以降、寄生虫などにより激減。需要をまかなうために日本産のマガキを輸入して養殖するようになった。それ以来フランスなどで流通するカキの相当部分は日本由来のマガキであるという。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たペルム紀

    約2億95千万年前から始まるペルム紀には出現し三畳紀には生息範囲を広げた。浅い海に多く極地を除き全世界に分布する。時に大規模に密集した漏斗状のカキ礁の化石が出土することもある。着生した基盤に従って成長するため殻の形が一定せず、波の当たり具合などの環境によっても形が変化するため、外見による分類が難しく、野外では属さえも判別できないこともある。このため、未だに分類が混乱しているが、DNA 解析による分類がなされつつある。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た熟語

    植物のカキ(柿)とは同音だが、共通語ではアクセントの位置が異なる。カキ(貝)の場合はカキであり、これは「夏季」「夏期」「下記」「火気」「花器」「火器」「花卉」等の熟語などとも同じ。他方、カキ(柿)はカキである(それぞれ太字にアクセント)。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た味噌

    土鍋の内側の周囲全体に味噌を厚く塗った中に、カキ、ネギやその他の具材を入れて加熱し、味噌が溶け出したら食べる。広島県の郷土料理。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た牟礼町

    香川県(瀬戸内海、高松市牟礼町、さぬき市)カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た細菌

    現代において、食中毒症状を引き起こす原因としては貝毒、細菌(腸炎ビブリオ、大腸菌など)とウイルス(特にノロウイルス)がよく知られているが、どの原因も生育環境(海水)に由来するものであり、二枚貝特有の摂餌行動などによって貝内部、特に消化器官(中腸腺など)に取り込まれ濃縮されるものである。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

217件中 91 - 100件表示

「牡蠣」のニューストピックワード