156件中 91 - 100件表示
  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た厚岸駅

    カキの煮汁でご飯を炊き、炊き上がったところでカキを混ぜ数分ほど蒸らして作る。厚岸駅や広島駅では駅弁にもなっている。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た

    中国広東省などでは、厚めのをつけた天ぷらが好まれている。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た松島

    宮城県(牡鹿半島、松島沿岸)カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た生牡蠣色

    カキの身のような色として、生牡蠣色がある。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たホタテガイ

    養殖する方法は、カキの幼生が浮遊し始める夏の初めにホタテの貝殻を海中に吊るすと幼生が貝殻に付着するので、後は餌が豊富な場所に放っておくだけというものである。野生のものは餌が少ない磯などに付着するため、総じて養殖物の方が身が大きくて味も良い。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たヘドロ

    二枚貝は水中の懸濁態物質やプランクトンを取り込むため、カキを収穫することで、水中の栄養塩の回収につながる。特にカキは濾過量が他の2枚貝に比べて多い。米国チェサピーク湾では、オイスターガーデニングと呼ばれる水質浄化活動も行われている。カキの擬糞はゴカイなどの底生生物の餌となり、底生生物は魚類の餌となる。しかし、過剰なカキ養殖などにより底生生物による分解能力を超えて擬糞が発生すると、低層が貧酸素化し、底泥もヘドロ化することがある。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た土鍋

    土鍋の内側の周囲全体に味噌を厚く塗った中に、カキ、ネギやその他の具材を入れて加熱し、味噌が溶け出したら食べる。広島県の郷土料理。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た台湾

    台湾や中国福建省、広東省の一部で一般的な料理で、お好み焼きのように平たく焼いてから、甘い味のタレをかけて食べる。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たパン粉

    カツレツの手法によって、生のカキに小麦粉をまぶし、溶き卵をくぐらせてからパン粉をつけて、油で揚げる。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た栄養素

    グリコーゲンのほか、必須アミノ酸をすべて含むタンパク質やカルシウム、亜鉛などのミネラル類をはじめ、さまざまな栄養素が多量に含まれるため、「海のミルク」とも呼ばれる。カキフライのような揚げものや、鍋物の具にして食べるほか、新鮮なものは網焼きにしたり生食したりする。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

156件中 91 - 100件表示

「牡蠣」のニューストピックワード