156件中 21 - 30件表示
  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た福建省

    台湾や中国福建省、広東省の一部で一般的な料理で、お好み焼きのように平たく焼いてから、甘い味のタレをかけて食べる。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た

    台湾、広東省(特に汕頭市)、香港などで好まれる料理のひとつ。カキのむき身を米のに入れ、揚げたネギ、広東セロリ、コリアンダーなどを添えたもの。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た八代市

    1946年頃熊本県八代市鏡町からアメリカに輸出された牡蠣の子孫が現在アメリカ西海岸でクマモトの名で養殖されている。クマモトは小振りながら味が濃く、クリーミーとしてアメリカ市場で最も人気が高い高級牡蠣。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たノロウイルス

    現代において、食中毒症状を引き起こす原因としては貝毒、細菌(腸炎ビブリオ、大腸菌)とウイルス(特にノロウイルス)がよく知られているが、どの原因も生育環境(海水)に由来するものであり、二枚貝特有の摂餌行動などによって貝内部、特に消化器官(中腸腺など)に取り込まれ濃縮されるものである。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た世界

    カキ(牡蛎、牡蠣、硴、英名:oyster)は、ウグイスガイ目イタボガキ科に属する二枚貝の総称、あるいはカキ目もしくはカキ上科に属する種の総称。海の岩から「かきおとす」ことから「カキ」と言う名がついたといわれる。古くから、世界各地の沿岸地域で食用、薬品や化粧品、建材(貝殻)として利用されてきた。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た駅弁

    カキの煮汁でご飯を炊き、炊き上がったところでカキを混ぜ数分ほど蒸らして作る。厚岸駅や広島駅では駅弁にもなっている。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た深セン市

    香港郊外の流浮山は牡蠣の焼き物などの料理が有名な養殖地であったが、近くのの工業化によって、海水の汚染が酷くなり、衰退している。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たレモン

    カキの殻を合わせ目からナイフ状のヘラを差し込み、貝柱を切断してこじ開け、身をつまみ出して食べる。生ガキとも呼ぶ。レモン汁、食酢等を使った酸味のある調味ダレを添えることもある。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た鍋料理

    季節の具材とともに煮る鍋料理の一つ。土手鍋とは異なる。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た砂糖

    薬用以外には天然炭酸カルシウムとして、あるいは1000℃程度に焼成すると牡蠣灰などとも呼ばれる酸化カルシウム (CaO) が主成分のものとなるので、消しゴムの添加剤などの工業用や食品添加物、砂糖精製用助剤などに利用することも行われている。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

156件中 21 - 30件表示

「牡蠣」のニューストピックワード