217件中 21 - 30件表示
  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た

    台湾、広東省(特に汕頭市)、香港などで好まれる料理のひとつ。カキのむき身を米のに入れ、揚げたネギ、広東セロリ、コリアンダーなどを添えたもの。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た

    カキ(牡蛎、蛎、牡蠣、蠣、牡?、?)は、ウグイスガイ目イタボガキ科とベッコウガキ科に属する二枚貝の総称、あるいはカキ目もしくはカキ上科に属する種の総称。の岩から「かきおとす」ことから「カキ」と言う名がついたといわれる。古くから、世界各地の沿岸地域で食用、薬品や化粧品、建材(貝殻)として利用されている。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た姫路市

    兵庫県(瀬戸内海(相生市、赤穂市、姫路市(家島諸島)など))カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た

    カキの殻を合わせ目からナイフ状のヘラを差し込み、貝柱を切断してこじ開け、身をつまみ出して食べる。生ガキとも呼ぶ。レモン汁、食酢、タバスコ等を使った酸味のある調味ダレを添えることもある。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たイワガキ

    主に炭酸塩鉱物の方解石からなる殻を持つ。食用にされるマガキやイワガキなどの大型種がよく知られるが、食用にされない中型から小型の種も多い。どの種類も岩や他の貝の殻など硬質の基盤に着生するのが普通であるが、付着する物質は必ずしも岩である必要は無く小さな岩片や他の貝殻も利用されるが、泥底にも対応する。船にとって船底に着生して抵抗となる固着動物は大敵であるが、カキもその代表的な生物である。マガキは干潮時には水面上に露出する場所に住む場合も多く、体内にグリコーゲンを多く蓄えているため、他の貝と違って水が無い所でも1週間程度は生存する。また、着生してからはほとんど動かないため、筋肉が退化し内臓がほとんどを占めている。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た八代市

    八代海周辺で食用にされたが、1946年頃熊本県八代市鏡町からアメリカに種ガキが輸出され、現地で養殖が進むと八代海では生産されなくなった。アメリカに輸出されたシカメガキは現在もワシントン州沿岸を中心にクマモトの名で養殖されている。小振りながらクリーミーで濃い味が特徴。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たアサリ

    貝の身を食べることに関して、アサリやハマグリ、シジミ、サザエなどは加熱してから丸のまま、ホタテは貝柱で生で食べることはあるにしても、丸ごとでは焼いたり茹でたりしてから食べ、アオヤギの小柱は軍艦巻などにしたり、舌の部分は湯振りしてから食べるのが基本等々だが、カキに関しては調理方法や食べ方については生食のケースが多いため、十分注意する必要がある。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たノロウイルス

    現代において、食中毒症状を引き起こす原因としては貝毒、細菌(腸炎ビブリオ、大腸菌など)とウイルス(特にノロウイルス)がよく知られているが、どの原因も生育環境(海水)に由来するものであり、二枚貝特有の摂餌行動などによって貝内部、特に消化器官(中腸腺など)に取り込まれ濃縮されるものである。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た東日本大震災

    2011年、東日本大震災の津波により宮城県のカキ養殖施設が壊滅状態に陥った時には、フランスのカキ養殖業者達がかつて日本に助けてもらった恩返しとして、養殖施設の復旧を支援した。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た三畳紀

    約2億95千万年前から始まるペルム紀には出現し三畳紀には生息範囲を広げた。浅い海に多く極地を除き全世界に分布する。時に大規模に密集した漏斗状のカキ礁の化石が出土することもある。着生した基盤に従って成長するため殻の形が一定せず、波の当たり具合などの環境によっても形が変化するため、外見による分類が難しく、野外では属さえも判別できないこともある。このため、未だに分類が混乱しているが、DNA 解析による分類がなされつつある。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

217件中 21 - 30件表示

「牡蠣」のニューストピックワード