217件中 31 - 40件表示
  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た電子レンジ

    冷めたカキの調理品を電子レンジで温める際は、温めている途中で破裂するおそれがあるため、あらかじめラップでくるんだり、カキに切れ込みを入れたりした方が良い。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たナポレオン・ボナパルト

    一般的に魚介の生食を嫌う欧米食文化圏において、カキは例外的に生食文化が発達した食材であり、古代ローマ時代から珍重され、養殖も行われていた。生ガキはフランス料理におけるオードブルとなっている。ナポレオン、バルザック、ビスマルクなどがカキの愛好家であったことが知られている。また、北アメリカのフランス系カナダ人やケイジャンの食文化でも生食される。ニューオーリンズなどのケイジャン文化圏の観光地では生ガキが名物料理のひとつであり、生ガキをメニューの中心に据える「オイスターバー」と呼ばれるレストランもそれらの土地では珍しくない。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た亜鉛

    食用としての歴史は非常に長く、世界中で食され、人類が親しんできた貝の一つである。グリコーゲンのほか、必須アミノ酸をすべて含む。タンパク質やカルシウム、亜鉛などのミネラル類をはじめ、さまざまな栄養素が多量に含まれるため、「海のミルク」と呼ばれる。カキフライのような揚げものや、鍋物の具にして食べたり、新鮮なものは網焼きや生で食す。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た世界

    カキ(牡蛎、蛎、牡蠣、蠣、牡?、?)は、ウグイスガイ目イタボガキ科とベッコウガキ科に属する二枚貝の総称、あるいはカキ目もしくはカキ上科に属する種の総称。海の岩から「かきおとす」ことから「カキ」と言う名がついたといわれる。古くから、世界各地の沿岸地域で食用、薬品や化粧品、建材(貝殻)として利用されている。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た津波

    2011年、東日本大震災の津波により宮城県のカキ養殖施設が壊滅状態に陥った時には、フランスのカキ養殖業者達がかつて日本に助けてもらった恩返しとして、養殖施設の復旧を支援した。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た駅弁

    カキの煮汁でご飯を炊き、炊き上がったところでカキを混ぜ数分ほど蒸らして作る。厚岸駅や広島駅では駅弁にもなっている。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たシジミ

    貝の身を食べることに関して、アサリやハマグリ、シジミ、サザエなどは加熱してから丸のまま、ホタテは貝柱で生で食べることはあるにしても、丸ごとでは焼いたり茹でたりしてから食べ、アオヤギの小柱は軍艦巻などにしたり、舌の部分は湯振りしてから食べるのが基本等々だが、カキに関しては調理方法や食べ方については生食のケースが多いため、十分注意する必要がある。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た深セン市

    海外では香港郊外の流浮山はカキの焼き物などの料理が有名な養殖地であったが、近くのの工業化によって、海水の汚染が酷くなり、衰退している。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たレモン

    カキの殻を合わせ目からナイフ状のヘラを差し込み、貝柱を切断してこじ開け、身をつまみ出して食べる。生ガキとも呼ぶ。レモン汁、食酢、タバスコ等を使った酸味のある調味ダレを添えることもある。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た風評被害

    日本では報道により、「ノロウイルスと言えばカキ」という印象が広まり、特に2006年から2007年にかけてノロウイルス感染報道があるごとにカキの売上が減少した。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

217件中 31 - 40件表示

「牡蠣」のニューストピックワード