156件中 31 - 40件表示
  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た淡路島

    かつては多く食用にされ、能登半島や淡路島周辺が有名な産地であったが、現在は瀬戸内海地方で僅かに市場に出回る程度で、絶滅危惧種状態。食用のみならず貝殻が最上質の胡粉の原料となる点でも重要であり、本種の復活と養殖技術開発の努力がなされている。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た産地偽装

    日本国内産についてはまず問題になることはないが、韓国では2001年にカキが原因で1,000人規模の罹患者を出した。この際、韓国産のカキが日本国内において、国内産として産地偽装され流通されていることが発覚した。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た絶滅危惧種

    かつては多く食用にされ、能登半島や淡路島周辺が有名な産地であったが、現在は瀬戸内海地方で僅かに市場に出回る程度で、絶滅危惧種状態。食用のみならず貝殻が最上質の胡粉の原料となる点でも重要であり、本種の復活と養殖技術開発の努力がなされている。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た室町時代

    日本では縄文時代ごろから食用されていたとされ、多くの貝塚から殻が発見されており、ハマグリに次いで多く食べられていたと考えられている。室町時代ごろには養殖も行われるようになったという。大坂では明治時代まで広島から来る「牡蠣船」が土佐堀、堂島、道頓堀などで船上での行商を行い、晩秋の風物詩となっていた。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た2009年

    日本の2009年における牡蠣水揚げ量は209200トン。内訳は広島県が105900トンでシェア約50%、宮城県が48100トンでシェア約23%、岡山県が18300トンでシェア約8%、以下岩手県、兵庫県、三重県、北海道、石川県、福岡県、長崎県、香川県、新潟県、愛媛県、京都府…と続いている。広島県は大規模業者が多いのに対し、宮城県は個人での生産が多く、牡蠣生産に携わる漁業関係者は宮城県が一番多い。また、同年の輸入量は14,892トンであり、輸入量の93%を韓国からのものが占めていた。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た広島県

    最も一般的な種で、日本でカキといえば本種。本来は冬が旬であるが、大型で夏でも生殖巣が発達しない「3倍体牡蠣」も開発され、市場に出ている。広島県、宮城県、三重県産が有名。韓国からの輸入品も相当量ある。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た大腸菌

    それ以外の海域で採取されたものであって、大腸菌群最確数が一定以下の海水、または塩分濃度3%の人工塩水を用い、かつ、当該海水若しくは人工塩水を随時換え、又は殺菌しながら浄化したものカキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た厚岸町

    広島県・厚岸町(北海道)で水揚げされるカキの出汁を用いて醤油が製造される。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た備前市

    広島風お好み焼きの具材としてポピュラーである。また、お好み焼きの具にカキを使ったものでは岡山県の備前市日生地区の通称カキオコが有名。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た炭酸カルシウム

    「ボレイ末」は炭酸カルシウム (CaCO3) が主成分で、リン酸塩、他マグネシウム、アルミニウム、ケイ酸塩、酸化鉄などを含有する。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

156件中 31 - 40件表示

「牡蠣」のニューストピックワード