156件中 41 - 50件表示
  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た香港

    台湾、広東省(特に汕頭市)、香港などで好まれる料理のひとつ。カキのむき身を米の粥に入れ、揚げたネギ、広東セロリ、コリアンダーなどを添えたもの。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たネギ

    土鍋の内側の周囲全体に味噌を厚く塗った中に、カキ、ネギやその他の具材を入れて加熱し、味噌が溶け出したら食べる。広島県の郷土料理。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た腸炎ビブリオ

    のどちらかであることが規定されている。また、規格基準としては、細菌数E.coli(大腸菌)最確数、V. parahaemolyticus(腸炎ビブリオ)最確数も規定されている。これらに加えさらに厳しい指導基準を各生産地域が設けている場合もある。なお、生食用カキの上記加工基準を満たすために、紫外線殺菌された海水中や人工海水などを充分に循環させた環境下にて絶食状態として数日間飼育される場合がある。この場合、貝表面や貝内部に取り込まれた細菌の大部分を貝内から排出させほぼ無菌状態になることとは引き替えに、同様の処理がされていないものに比べ身が痩せてしまうこともあるとされている。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たカキフライ

    一旦岩などに付着すると、一生ほとんど動かないため、筋肉が退化し内臓がほとんどを占めている。日本テレビの科学番組『所さんの目がテン!』ではハマグリの内臓を寄せ集めてカキフライもどきを作ったところ、20人中18人が騙されたという結果が出た。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た北海道

    広島県・厚岸町(北海道)で水揚げされるカキの出汁を用いて醤油が製造される。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た宮城県

    最も一般的な種で、日本でカキといえば本種。本来は冬が旬であるが、大型で夏でも生殖巣が発達しない「3倍体牡蠣」も開発され、市場に出ている。広島県、宮城県、三重県産が有名。韓国からの輸入品も相当量ある。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た三重県

    最も一般的な種で、日本でカキといえば本種。本来は冬が旬であるが、大型で夏でも生殖巣が発達しない「3倍体牡蠣」も開発され、市場に出ている。広島県、宮城県、三重県産が有名。韓国からの輸入品も相当量ある。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た岡山県

    広島風お好み焼きの具材としてポピュラーである。また、お好み焼きの具にカキを使ったものでは岡山県の備前市日生地区の通称カキオコが有名。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たカツレツ

    カツレツの手法によって、生のカキに小麦粉をまぶし、溶き卵をくぐらせてからパン粉をつけて、油で揚げる。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た食用

    カキ(牡蛎、牡蠣、硴、英名:oyster)は、ウグイスガイ目イタボガキ科に属する二枚貝の総称、あるいはカキ目もしくはカキ上科に属する種の総称。海の岩から「かきおとす」ことから「カキ」と言う名がついたといわれる。古くから、世界各地の沿岸地域で食用、薬品や化粧品、建材(貝殻)として利用されてきた。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

156件中 41 - 50件表示

「牡蠣」のニューストピックワード