156件中 51 - 60件表示
  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た二枚貝

    カキ(牡蛎、牡蠣、硴、英名:oyster)は、ウグイスガイ目イタボガキ科に属する二枚貝の総称、あるいはカキ目もしくはカキ上科に属する種の総称。海の岩から「かきおとす」ことから「カキ」と言う名がついたといわれる。古くから、世界各地の沿岸地域で食用、薬品や化粧品、建材(貝殻)として利用されてきた。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たオイスターソース

    カキ油(オイスターソース)は中華料理の重要な調味料。中国マカオのものが著名。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た食品添加物

    薬用以外には天然炭酸カルシウムとして、あるいは1000℃程度に焼成すると牡蠣灰などとも呼ばれる酸化カルシウム (CaO) が主成分のものとなるので、消しゴムの添加剤などの工業用や食品添加物、砂糖精製用助剤などに利用することも行われている。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た瀬戸内市

    岡山県(備前市日生諸島、瀬戸内市虫明湾、浅口市寄島町)カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た真空パック

    缶詰や真空パックで流通している。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たアクセント

    植物のカキ(柿)とは同音だが、共通語ではアクセントの位置が異なる。カキ(貝)の場合はカキであり、これは「夏季」「夏期」「下記」「火気」「花器」「火器」「花卉」等の熟語などとも同じ。他方、カキ(柿)はカキである(それぞれ太字にアクセント)。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た日生諸島

    岡山県(備前市日生諸島、瀬戸内市虫明湾、浅口市寄島町)カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た細菌

    現代において、食中毒症状を引き起こす原因としては貝毒、細菌(腸炎ビブリオ、大腸菌)とウイルス(特にノロウイルス)がよく知られているが、どの原因も生育環境(海水)に由来するものであり、二枚貝特有の摂餌行動などによって貝内部、特に消化器官(中腸腺など)に取り込まれ濃縮されるものである。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た岩絵具

    日本画によく使われる白色の顔料。岩絵具の一つにも分類される。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たミネラル

    グリコーゲンのほか、必須アミノ酸をすべて含むタンパク質やカルシウム、亜鉛などのミネラル類をはじめ、さまざまな栄養素が多量に含まれるため、「海のミルク」とも呼ばれる。カキフライのような揚げものや、鍋物の具にして食べるほか、新鮮なものは網焼きにしたり生食したりする。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

156件中 51 - 60件表示

「牡蠣」のニューストピックワード