217件中 51 - 60件表示
  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た養殖

    カキの中でもマガキ属(Crassosrea)は世界的に食用目的での養殖が最も多い二枚貝である。主な養殖方法は海中にぶら下げる方法(筏垂下)とある程度育った貝を海底に撒く方法(地蒔き)があり、古代ローマ時代は地蒔きによる方法で行われたが、現在の日本では海中にぶら下げる方法が主流となっている。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た厚岸町

    広島県・厚岸町(北海道)で水揚げされるカキの出汁を調合した醤油が製造される。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た岡山県

    最も一般的な種で、潮線上にも生息し比較的大きな礁を形成する。日本でカキといえば本種。本来は冬が旬であるが、大型で夏でも生殖巣が発達しない「3倍体牡蠣」も開発され、市場に出ている。広島県、宮城県、岡山県産が有名。韓国からの輸入品も相当量ある。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た備前市

    広島風お好み焼きの具材としてポピュラーである。また、お好み焼きの具にカキを使ったものでは岡山県の備前市日生地区のカキオコが有名。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たネギ

    土鍋の内側の周囲全体に味噌を厚く塗った中に、カキ、ネギやその他の具材を入れて加熱し、味噌が溶け出したら食べる。広島県の郷土料理。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たホタテガイ

    現在の養殖の方法は、カキの幼生が浮遊し始める夏の初めにホタテの貝殻を海中に吊るすと幼生が貝殻に付着するので、後は餌が豊富な場所に放っておくだけというものである。野生のものは餌が少ない波消しブロックや磯などに付着するため、総じて養殖物の方が身が大きくて味も良い。欧米では種ガキを原盤(フランス語ではクペール)という網状の円盤で採取するが、ある程度大きくなるとそれから外して網籠に入れて干満の差が大きい場所の棚に置くか干潟にばら撒いて育成する。この方式はホタテガイで種ガキを海中につけっぱなしにしておく日本の方式よりも身が大きくなりやすい。(カキ養殖に関しては(英語版):en:Oyster farmingも参照のこと)カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た腸炎ビブリオ

    のどちらかであることが規定されている。また、規格基準としては、細菌数E.coli(大腸菌)最確数、V. parahaemolyticus(腸炎ビブリオ)最確数も規定されている。これらに加えさらに厳しい指導基準を各生産地域が設けている場合もある。なお、生食用カキの上記加工基準を満たすために、紫外線殺菌された海水中や人工海水などを充分に循環させた環境下にて絶食状態として数日間飼育される場合がある。この場合、貝表面や貝内部に取り込まれた細菌の大部分を貝内から排出させほぼ無菌状態になることとは引き替えに、同様の処理がされていないものに比べ身が痩せてしまうこともあるので、加熱処理用のものよりも味が劣ることがある。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た炭酸カルシウム

    「ボレイ末」は炭酸カルシウム (CaCO3) が主成分で、リン酸塩、他マグネシウム、アルミニウム、ケイ酸塩、酸化鉄などを含有する。処方例として、安中散、桂枝加竜骨牡蛎湯、柴胡加竜骨牡蛎湯などに使われる。また、農薬として、長期的に使用すると除草効果(雑草の根張りが悪くなる)があるとされる。薬理作用として、かき肉には血糖低下(カキ身エキス)、免疫増強作用(中性多糖類)、牡蛎制酸などの作用があるとされる。薬用以外には天然炭酸カルシウムとして、あるいは1000℃程度に焼成するとカキ灰などとも呼ばれる酸化カルシウム (CaO) が主成分のものとなるので、消しゴムの添加剤などの工業用や食品添加物、砂糖精製用助剤などに利用することも行われている。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たフランス料理

    ヨーロッパ原産で、イタボガキに似た外観で輪郭が丸く平たい貝。別名:ヨーロッパガキ。市場ではフランス牡蠣、ブロン、フラットなどとも呼ばれる。日本では宮城県気仙沼市の舞根(もうね)などで僅かに養殖され、高級食材としてフランス料理店などに卸される。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た瀬戸内海

    かつては多く食用にされ、能登半島や淡路島周辺が有名な産地であったが、現在は瀬戸内海地方で僅かに市場に出回る程度で、絶滅危惧種状態。食用のみならず貝殻が最上質の胡粉の原料となる点でも重要であり、本種の復活と養殖技術開発の努力がなされている。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

217件中 51 - 60件表示

「牡蠣」のニューストピックワード