217件中 61 - 70件表示
  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た香港

    台湾、広東省(特に汕頭市)、香港などで好まれる料理のひとつ。カキのむき身を米の粥に入れ、揚げたネギ、広東セロリ、コリアンダーなどを添えたもの。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たカキフライ

    食用としての歴史は非常に長く、世界中で食され、人類が親しんできた貝の一つである。グリコーゲンのほか、必須アミノ酸をすべて含む。タンパク質やカルシウム、亜鉛などのミネラル類をはじめ、さまざまな栄養素が多量に含まれるため、「海のミルク」と呼ばれる。カキフライのような揚げものや、鍋物の具にして食べたり、新鮮なものは網焼きや生で食す。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たカルシウム

    食用としての歴史は非常に長く、世界中で食され、人類が親しんできた貝の一つである。グリコーゲンのほか、必須アミノ酸をすべて含む。タンパク質やカルシウム、亜鉛などのミネラル類をはじめ、さまざまな栄養素が多量に含まれるため、「海のミルク」と呼ばれる。カキフライのような揚げものや、鍋物の具にして食べたり、新鮮なものは網焼きや生で食す。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た栄養塩

    カキの餌となる植物プランクトンを増やすため、栄養塩が湾に流れ込む川の上流の植林なども行われている。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たグリコーゲン

    主に炭酸塩鉱物の方解石からなる殻を持つ。食用にされるマガキやイワガキなどの大型種がよく知られるが、食用にされない中型から小型の種も多い。どの種類も岩や他の貝の殻など硬質の基盤に着生するのが普通であるが、付着する物質は必ずしも岩である必要は無く小さな岩片や他の貝殻も利用されるが、泥底にも対応する。船にとって船底に着生して抵抗となる固着動物は大敵であるが、カキもその代表的な生物である。マガキは干潮時には水面上に露出する場所に住む場合も多く、体内にグリコーゲンを多く蓄えているため、他の貝と違って水が無い所でも1週間程度は生存する。また、着生してからはほとんど動かないため、筋肉が退化し内臓がほとんどを占めている。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た北海道

    広島県・厚岸町(北海道)で水揚げされるカキの出汁を調合した醤油が製造される。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た宮城県

    最も一般的な種で、潮線上にも生息し比較的大きな礁を形成する。日本でカキといえば本種。本来は冬が旬であるが、大型で夏でも生殖巣が発達しない「3倍体牡蠣」も開発され、市場に出ている。広島県、宮城県、岡山県産が有名。韓国からの輸入品も相当量ある。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たニューオーリンズ

    一般的に魚介の生食を嫌う欧米食文化圏において、カキは例外的に生食文化が発達した食材であり、古代ローマ時代から珍重され、養殖も行われていた。生ガキはフランス料理におけるオードブルとなっている。ナポレオン、バルザック、ビスマルクなどがカキの愛好家であったことが知られている。また、北アメリカのフランス系カナダ人やケイジャンの食文化でも生食される。ニューオーリンズなどのケイジャン文化圏の観光地では生ガキが名物料理のひとつであり、生ガキをメニューの中心に据える「オイスターバー」と呼ばれるレストランもそれらの土地では珍しくない。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た

    中国広東省などでは、厚めのをつけた天ぷらが好まれている。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たアオヤギ

    貝の身を食べることに関して、アサリやハマグリ、シジミ、サザエなどは加熱してから丸のまま、ホタテは貝柱で生で食べることはあるにしても、丸ごとでは焼いたり茹でたりしてから食べ、アオヤギの小柱は軍艦巻などにしたり、舌の部分は湯振りしてから食べるのが基本等々だが、カキに関しては調理方法や食べ方については生食のケースが多いため、十分注意する必要がある。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

217件中 61 - 70件表示

「牡蠣」のニューストピックワード