217件中 71 - 80件表示
  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た赤穂市

    兵庫県(瀬戸内海(相生市、赤穂市、姫路市(家島諸島)など))カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た中央区 (東京都)

    日本でも、大正時代まで東京湾は牡蠣の一大養殖地として著名だったが水質の悪化によって姿を消した。中央区の日本橋蛎殻町に地名として残っている。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た植林

    カキの餌となる植物プランクトンを増やすため、栄養塩が湾に流れ込む川の上流の植林なども行われている。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たカキオコ

    広島風お好み焼きの具材としてポピュラーである。また、お好み焼きの具にカキを使ったものでは岡山県の備前市日生地区のカキオコが有名。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た松島

    宮城県(牡鹿半島、松島沿岸)カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た大崎上島

    食中毒の原因となる寄生虫や病原微生物が少ない地下海水を使う陸上養殖も、日本では行われている。JR西日本は大崎上島(広島県)で育てた陸上養殖カキを「オイスターぼんぼん」の商品名で出荷している。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たメルテンシア・マリティマ

    メルテンシア・マリティマ:オイスターリーフとも呼ばれる牡蠣の味がする野菜カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た生牡蠣色

    カキの身のような色として、生牡蠣色がある。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たカツレツ

    カツレツの手法によって、生のカキに小麦粉をまぶし、溶き卵をくぐらせてからパン粉をつけて、油で揚げる。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た食用

    カキ(牡蛎、蛎、牡蠣、蠣、牡?、?)は、ウグイスガイ目イタボガキ科とベッコウガキ科に属する二枚貝の総称、あるいはカキ目もしくはカキ上科に属する種の総称。海の岩から「かきおとす」ことから「カキ」と言う名がついたといわれる。古くから、世界各地の沿岸地域で食用、薬品や化粧品、建材(貝殻)として利用されている。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

217件中 71 - 80件表示

「牡蠣」のニューストピックワード