217件中 81 - 90件表示
  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た二枚貝

    カキ(牡蛎、蛎、牡蠣、蠣、牡?、?)は、ウグイスガイ目イタボガキ科とベッコウガキ科に属する二枚貝の総称、あるいはカキ目もしくはカキ上科に属する種の総称。海の岩から「かきおとす」ことから「カキ」と言う名がついたといわれる。古くから、世界各地の沿岸地域で食用、薬品や化粧品、建材(貝殻)として利用されている。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たオイスターソース

    カキ油(オイスターソース)は中華料理の重要な調味料。中国マカオのものが著名。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た軍艦巻

    貝の身を食べることに関して、アサリやハマグリ、シジミ、サザエなどは加熱してから丸のまま、ホタテは貝柱で生で食べることはあるにしても、丸ごとでは焼いたり茹でたりしてから食べ、アオヤギの小柱は軍艦巻などにしたり、舌の部分は湯振りしてから食べるのが基本等々だが、カキに関しては調理方法や食べ方については生食のケースが多いため、十分注意する必要がある。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た広東語

    広東語で「 / 」(干しガキ)は「ホウシー()」といい、「好市」(、良い市況)と似た発音なので、旧正月に好んで食べられる。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た瀬戸内市

    岡山県(瀬戸内海、備前市日生諸島、瀬戸内市虫明湾、浅口市寄島町)カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た地名

    しかし「蛎」「蠣」ともに常用漢字ではないため、商品名および地名など表記の指定がない限りは、漢字が使われることは少ない。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たヘドロ

    二枚貝は水中の懸濁態物質やプランクトンを取り込むため、カキを収穫することで、水中の栄養塩の回収につながる。特にカキは濾過量が他の2枚貝に比べて多い。米国チェサピーク湾では、オイスターガーデニングと呼ばれる水質浄化活動も行われている。カキの擬糞はゴカイなどの底生生物の餌となり、底生生物は魚類の餌となる。しかし、過剰なカキ養殖などにより底生生物による分解能力を超えて擬糞が発生すると、低層が貧酸素化し、底泥もヘドロ化することがある。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た土鍋

    土鍋の内側の周囲全体に味噌を厚く塗った中に、カキ、ネギやその他の具材を入れて加熱し、味噌が溶け出したら食べる。広島県の郷土料理。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た台湾

    台湾や中国福建省、広東省の一部で一般的な料理で、お好み焼きのように平たく焼いてから、甘い味のタレをかけて食べる。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たアクセント

    植物のカキ(柿)とは同音だが、共通語ではアクセントの位置が異なる。カキ(貝)の場合はカキであり、これは「夏季」「夏期」「下記」「火気」「花器」「火器」「花卉」等の熟語などとも同じ。他方、カキ(柿)はカキである(それぞれ太字にアクセント)。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

217件中 81 - 90件表示

「牡蠣」のニューストピックワード