156件中 81 - 90件表示
  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た縄文時代

    日本では縄文時代ごろから食用されていたとされ、多くの貝塚から殻が発見されており、ハマグリに次いで多く食べられていたと考えられている。室町時代ごろには養殖も行われるようになったという。大坂では明治時代まで広島から来る「牡蠣船」が土佐堀、堂島、道頓堀などで船上での行商を行い、晩秋の風物詩となっていた。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たウイルス

    現代において、食中毒症状を引き起こす原因としては貝毒、細菌(腸炎ビブリオ、大腸菌)とウイルス(特にノロウイルス)がよく知られているが、どの原因も生育環境(海水)に由来するものであり、二枚貝特有の摂餌行動などによって貝内部、特に消化器官(中腸腺など)に取り込まれ濃縮されるものである。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た懸濁態物質

    二枚貝は水中の懸濁態物質やプランクトンを取り込むため、カキを収穫することで、水中の栄養塩の回収につながる。特にカキは濾過量が他の2枚貝に比べて多い。米国チェサピーク湾では、オイスターガーデニングと呼ばれる水質浄化活動も行われている。カキの擬糞はゴカイなどの底生生物の餌となり、底生生物は魚類の餌となる。しかし、過剰なカキ養殖などにより底生生物による分解能力を超えて擬糞が発生すると、低層が貧酸素化し、底泥もヘドロ化することがある。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た瀬戸内海

    かつては多く食用にされ、能登半島や淡路島周辺が有名な産地であったが、現在は瀬戸内海地方で僅かに市場に出回る程度で、絶滅危惧種状態。食用のみならず貝殻が最上質の胡粉の原料となる点でも重要であり、本種の復活と養殖技術開発の努力がなされている。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た牡鹿半島

    宮城県(牡鹿半島、松島沿岸)カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たショウガ

    台湾などではショウガの味を利かせたカキのすまし汁にも人気がある。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た神農本草経

    貝殻は牡蠣(ボレイ)といい、焼成してから粉砕した粉は『日本薬局方』に「ボレイ」および「ボレイ末」として記載の生薬である。ボレイの歴史は古く梁の陶弘景が『神農本草経』を修訂した『神農本草経集注』に収載されている。現在市販されているものはマガキの左殻が普通である。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見たカルシウム

    グリコーゲンのほか、必須アミノ酸をすべて含むタンパク質やカルシウム、亜鉛などのミネラル類をはじめ、さまざまな栄養素が多量に含まれるため、「海のミルク」とも呼ばれる。カキフライのような揚げものや、鍋物の具にして食べるほか、新鮮なものは網焼きにしたり生食したりする。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た精巣

    産卵期にはカキは精巣と卵巣が非常に増大し、食用とはならない。一般にカキとして認識されているマガキの場合は、グリコーゲン含量が増える秋 - 冬にかけてが旬とされており、英名に「R」のつかない月、すなわちMay, June, July, Augustの5、6、7、8月は産卵期であり食用には適さないとされている。ただし、春から夏に旬を迎えるイワガキと呼ばれる種類のカキもあり、それぞれ養殖も盛んであることからマガキに限らないならば通年食べることができる。カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

  • カキ (貝)

    カキ (貝)から見た大村湾

    長崎県(九十九島、有明海、大村湾カキ (貝) フレッシュアイペディアより)

156件中 81 - 90件表示

「牡蠣」のニューストピックワード