66件中 21 - 30件表示
  • 牧野聖修

    牧野聖修から見た民進党執行部

    だが選挙戦では静岡県連はもちろん、菅執行部も実質藤本支援に専念し、中本を切り捨てた格好になった。7月11日投開票の結果、藤本は2位当選したが、中本は大差で落選した。中本は敗因について「組織の力の前に及ばなかった。私にも県連の力が必要だった」と述べ、静岡県連の執行部の選挙戦術を批判した。牧野聖修 フレッシュアイペディアより)

  • 牧野聖修

    牧野聖修から見た静岡市

    満州国生まれ、静岡市育ち。アソカ幼稚園、静岡大学教育学部附属静岡小学校、静岡大学教育学部附属静岡中学校、静岡県立静岡高等学校、中央大学法学部法律学科卒業。牧野聖修 フレッシュアイペディアより)

  • 牧野聖修

    牧野聖修から見た普天間基地移設問題

    普天間基地移設問題では徳之島移設案の中心人物であったが、同案は2010年7月20日に断念された。牧野聖修 フレッシュアイペディアより)

  • 牧野聖修

    牧野聖修から見た法務省

    1993年、第40回衆議院議員総選挙において日本新党公認で初当選。羽田内閣では法務政務次官を務める。牧野聖修 フレッシュアイペディアより)

  • 牧野聖修

    牧野聖修から見た中央大学

    満州国生まれ、静岡市育ち。アソカ幼稚園、静岡大学教育学部附属静岡小学校、静岡大学教育学部附属静岡中学校、静岡県立静岡高等学校、中央大学法学部法律学科卒業。牧野聖修 フレッシュアイペディアより)

  • 牧野聖修

    牧野聖修から見た内閣支持率

    2010年の第22回参議院議員選挙で、当初民主党の選挙責任者となっていた幹事長の小沢一郎は、静岡県選挙区を含む2人区でも複数候補の擁立を進め、静岡では現職の藤本祐司に加えて、中本奈緒子を擁立した(2009年10月の第20回参議院議員補欠選挙で当選した土田博和は、静岡県選挙区から比例代表に移った)。しかし、中本の擁立に静岡県連や連合静岡(吉岡秀規会長)が反発し、そのため小沢側が藤本への選挙資金の提供を中止するなど、険悪な状況になった。小沢の幹事長辞職後、菅直人代表・枝野幸男幹事長体制になると、藤本への資金提供は再開された。静岡県連は改めて中本の公認取り消しを党本部に要求した。しかし、トップが鳩山から菅に交代し内閣支持率が急上昇したことを理由に、枝野ら党本部側は公認取り消しを拒否し、あくまで2人を擁立するよう主張した。中本も譲らず、2人公認は維持された。牧野聖修 フレッシュアイペディアより)

  • 牧野聖修

    牧野聖修から見た衆議院

    牧野 聖修(まきの せいしゅう、1945年5月4日 - )は、日本の政治家。元衆議院議員(4期)。牧野聖修 フレッシュアイペディアより)

  • 牧野聖修

    牧野聖修から見た経済産業副大臣

    静岡市議会議員、静岡県議会議員(3期)、衆議院政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員長、経済産業副大臣を歴任。牧野聖修 フレッシュアイペディアより)

  • 牧野聖修

    牧野聖修から見た政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会

    静岡市議会議員、静岡県議会議員(3期)、衆議院政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員長、経済産業副大臣を歴任。牧野聖修 フレッシュアイペディアより)

  • 牧野聖修

    牧野聖修から見た第39回衆議院議員総選挙

    1990年、第39回衆議院議員総選挙において無所属で旧静岡1区より立候補し落選。その後細川護熙らと日本新党を結成(党員番号1番)した。牧野聖修 フレッシュアイペディアより)

66件中 21 - 30件表示