特定商取引法違反 ニュース&Wiki etc.

特定商取引に関する法律(とくていしょうとりひきにかんするほうりつ、昭和51年6月4日法律第57号)は、訪問販売等、業者と消費者の間における紛争が生じやすい取引について、勧誘行為の規制等、紛争を回避するための規制及びクーリング・オフ制度等の紛争解決手続を設けることによって、取引の公正性と消費者被害の防止を図る、日本の法律で… (出典:Wikipedia)

「特定商取引法違反」Q&A

  • Q&A

    四谷学院の冬期講習を申し込みましたが、やはり気が変わってキャンセルしようと思い申請し…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年10月24日 21:57

  • Q&A

    約2006年、ライブリーというネズミ講のような、物に騙されたのですが。約40万円を払…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年10月12日 19:00

  • Q&A

    会員登録した覚えの無い「DMM相談窓口」からメールが届きました。 本日中までの連絡し…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年9月9日 12:53

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「特定商取引に関する法律」のつながり調べ

  • エステティック

    エステティックから見た特定商取引法

    高額のクレジット契約を結んで会員になったにも関わらず、倒産によりサービスが提供されなかったが、クレジット会社は別であるために支払いのみは要求された、あるいは何の訓練も受けていない素人同然のエステティシャン()により施されたサービスで身体に不調が出たなど、サービスや支払いを巡ってトラブルになることも多く、エステティックは特定商取引法の特定継続的役務提供指定役務とされており、クーリングオフが認められている。(エステティック フレッシュアイペディアより)

  • 催眠商法

    催眠商法から見た特定商取引に関する法律

    なお本項では、特定商取引に関する法律が同商法に関する規定・定義を行っているため、商法の内容に関する説明に留め、同商法に絡む法律上の定義や消費者保護に絡む制度に関しては訪問販売の項に譲る。(催眠商法 フレッシュアイペディアより)

「特定商取引に関する法律」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「特定商取引法違反」のニューストピックワード