前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
86件中 1 - 10件表示
  • 通信販売

    通信販売から見た特定商取引に関する法律特定商取引に関する法律

    通信販売業を規制する、特定商取引に関する法律(特定商取引法、旧訪問販売法)での通信販売の定義は通信販売 フレッシュアイペディアより)

  • 特定電子メールの送信の適正化等に関する法律

    特定電子メールの送信の適正化等に関する法律から見た特定商取引に関する法律特定商取引に関する法律

    一般的に用いられる略称は「特定電子メール法」又は「特定電子メール送信適正化法」、俗称は迷惑メール防止法である。なお通信業界関係者では特定商取引に関する法律の略称の「特商法」に対して「特電法」と呼ばれ、あわせて迷惑メール防止二法ということも多い。平成17年の改正により、送信者情報を偽装した広告・宣伝メールの送信(いわゆる「スパム」の大半が送信者情報を偽装しているのは周知の事実である。)については、刑事罰規定が設けられ、スパマー規制の道が開かれた。この改正による一定の成果はみられたものの、日本国外発のメールは規制の対象外であったため、依然として迷惑メールは増加傾向を示していた。また国内から発信されている場合であっても、ボットネットからの送信の場合、本当のスパマーを摘発するのは極めて困難である。特定電子メールの送信の適正化等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 催眠商法

    催眠商法から見た特定商取引に関する法律特定商取引に関する法律

    なお本項では、特定商取引に関する法律が同商法に関する規定・定義を行っているため、商法の内容に関する説明に留め、同商法に絡む法律上の定義や消費者保護に絡む制度に関しては訪問販売の項に譲る。催眠商法 フレッシュアイペディアより)

  • あさひアセットマネジメント

    あさひアセットマネジメントから見た特定商取引法特定商取引に関する法律

    2008年(平成20年)5月29日 - ロコ・ロンドン保証金取引に関し、特定商取引法違反の疑いで千葉県警察から捜索を受ける。あさひアセットマネジメント フレッシュアイペディアより)

  • 新聞拡張団

    新聞拡張団から見た特定商取引に関する法律特定商取引に関する法律

    威圧、圧迫、脅迫、暴力など人を威迫して困惑させて契約を締結する、刑法や特定商取引に関する法律に違反した行為で契約を取ることをいう。具体例では「客の玄関に居座り居直る」、「怒号をあげ威嚇する」、「ドアを力一杯たたく、蹴り上げる、強引に入ろうとする」、「客の襟首を掴んだり、手で押す」、「ドアに指や足を入れ閉めさせない」、「“何回でも、毎日でも来る”と脅す」などさまざまな例があり、閉めようとしたドアが体に当たったといって言いがかりをつけることもあるという。勢いあまって客を死亡させてしまうケースもある。また宅配便や郵便を装ってドアを開けさせ、開けた瞬間に足を突っ込んでドアを閉めさせない手口も報告されている。新聞拡張団 フレッシュアイペディアより)

  • ワンクリック契約

    ワンクリック契約から見た特定商取引に関する法律特定商取引に関する法律

    ワンクリック詐欺サイトが自称する映像送信型風俗特殊営業(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)においては、特定商取引に関する法律に沿って契約の重要事項などの必要な表示をし、サービス利用申し込み画面を申込画面例のように構成することが定められている。ワンクリック契約 フレッシュアイペディアより)

  • シーツー (企業)

    シーツー (企業)から見た特定商取引法特定商取引に関する法律

    2009年8月8日 - 携帯電話専用のウェブサイトを利用した連鎖販売取引ホットクリック事業に関して、特定商取引法違反にて経済産業省より3箇月間の業務停止命令を受ける。シーツー (企業) フレッシュアイペディアより)

  • マルチ商法

    マルチ商法から見た特定商取引法特定商取引に関する法律

    昭和40年代にアメリカのホリディ・マジック社が、「Multi-Level Marketing (マルチ・レベル・マーケティング)」と呼ばれる商形態とともに日本に上陸した頃から、国内における連鎖販売取引の歴史が始まったと言われている。マルチ商法は、Multi-Level Marketingの日本語訳として定着し使用されていた。当時、この商形態を規制する法律がなく、取引や勧誘に際しての問題や事件が発生し社会問題となったことから、1976年に制定された「訪問販売等に関する法律」において「連鎖販売取引」として定義され、要件に該当するものは、勧誘などの行為が法律による規制の対象となった。「訪問販売等に関する法律」は、2000年に「特定商取引法」に改称され、以降数度の法改正を重ねて現在に至っている。マルチ商法 フレッシュアイペディアより)

  • ニューウエイズ

    ニューウエイズから見た特定商取引に関する法律特定商取引に関する法律

    ニューウエイズが採用している販売方法のMLMを、ニューウエイズジャパンインク日本支社が日本市場向けに「ネットワーク・マーケティング・システム」(又はネットワーク・マーケティング)と称している。法律的には「特定商取引に関する法律」(特商法)に定義される「連鎖販売取引」に該当する取引方法にあたり、一般的には「マルチ商法、ネットワークビジネス、ネットワーク・ビジネス」などと呼ばれている。ニューウエイズ フレッシュアイペディアより)

  • 連鎖販売取引

    連鎖販売取引から見た特定商取引に関する法律特定商取引に関する法律

    連鎖販売取引(れんさはんばいとりひき)とは、特定商取引法第33条で定義される販売形態のこと。日本ではマルチ商法、ネットワークビジネスなどと呼ばれることが多い。アメリカでは"Multi-level marketing"(マルチレベルマーケティング、MLM)あるいは"network marketing"(ネットワークマーケティング)と呼ばれる。連鎖販売取引 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
86件中 1 - 10件表示

「特定商取引法違反」のニューストピックワード