108件中 41 - 50件表示
  • 営業職

    営業職から見た特定商取引に関する法律特定商取引に関する法律

    新規客を開拓するセールスマンの多くは、事前のアポイントメント(面会の約束。"アポイント"は誤用。略称アポとも)なしで一方的に訪問する(俗に言う飛び込み)ことが多く、営業活動や取引契約に際して、しばしばトラブルの原因ともなる。また、アポに基づいて訪問するタイプの営業であっても、元のアポ自体はほとんどの場合強引な無差別電話勧誘(テレマーケティングの一部)によるものであり、こちらもトラブルの原因となっている。個人宅への営業活動は押し売りなど消費者とのトラブルも多く、訪問販売の一つの形態として特定商取引に関する法律が適用され、消費者保護が図られている。また、最判平成20年4月11日によれば、飛び込み営業が住居侵入罪に該当する可能性も出てきた。営業職 フレッシュアイペディアより)

  • キュートーシステム

    キュートーシステムから見た特定商取引法特定商取引に関する法律

    2017年3月17日 - 消費者庁より、特定商取引法で禁じられた営業行為を行ったことを理由に、6ヶ月の一部業務停止命令を受けた。キュートーシステム フレッシュアイペディアより)

  • 消費者基本法

    消費者基本法から見た特定商取引に関する法律特定商取引に関する法律

    特定商取引に関する法律 - 2000年に訪問販売法を改正消費者基本法 フレッシュアイペディアより)

  • ダイレクトメール

    ダイレクトメールから見た特定商取引に関する法律特定商取引に関する法律

    ダイレクトメールを送付しての販売行為は通信販売にあたるため、日本では特定商取引法により幾つかの決まりことが適用される。これには虚実の内容を記載したり、あるいは誤解を招く表現や販売目的を隠しての勧誘などが禁じられている。しかし、悪徳商法の多くでは、「プレゼントが当たりました」や「特別優待」の形で、実際には商品を売り付けたりするようなプレゼント商法的な行為も横行している。ダイレクトメール フレッシュアイペディアより)

  • 次々商法

    次々商法から見た特定商取引法特定商取引に関する法律

    この商法は、訪問販売あるいは電話勧誘販売のため、特定商取引法に基いてクーリングオフできる場合がある。次々商法 フレッシュアイペディアより)

  • プラカード

    プラカードから見た特定商取引に関する法律特定商取引に関する法律

    こういった宣伝活動では、場合によってプラカードを掲げた者が宣伝している店舗のチラシやティッシュペーパーなどの粗品を配ったり、扱っている商品やサービスの内容を説明したり、あるいは駐車場の案内などを行うなど、複合的な情報提供を目的にプラカードを掲げ立っていることもある。かつてはこのプラカードを掲げている者がキャッチセールスなどの呼び込みや勧誘員を兼ねている場合もあったが、日本ではバブル景気の頃に前後して強引な勧誘が社会問題となり、特定商取引法や迷惑防止条例で規制されてからは、あまり積極的な客引きは行われなくなった。プラカード フレッシュアイペディアより)

  • 悪質リフォーム

    悪質リフォームから見た訪問販売法特定商取引に関する法律

    いわゆる悪い意味での手配師が、営業員を使い訪問販売という形をとって、一般の消費者のみならず、情報的、社会的弱者(高齢、気が弱い、信じやすい)などを相手に信頼関係やなかば脅迫により契約を結び、契約の不履行、遅滞や施工不良や建築基準法、建設業法違反や訪問販売法違反など様々な問題を起し被害者から高額な利潤を得たり損害を与える行為や、それを行う者を指す。悪質リフォーム フレッシュアイペディアより)

  • ネズミ講

    ネズミ講から見た特定商取引法特定商取引に関する法律

    なお、特定商取引法で規制されている連鎖販売取引及びそれらに類似したものの総称として用いる場合もある。ネズミ講 フレッシュアイペディアより)

  • NEW ART

    NEW ARTから見た特定商取引に関する法律特定商取引に関する法律

    生活に余裕のない若年者に高額な契約を結ばせたり、虚偽の説明を行うなどの悪質な行為があったとして、2008年3月24日、東京都は特定商取引に関する法律に基づき、翌25日から3ヶ月間新規契約の勧誘や締結を禁止する命令および東京都消費生活条例に基づく勧告を行った。NEW ART フレッシュアイペディアより)

  • 探偵

    探偵から見た特定商取引法特定商取引に関する法律

    また、特定商取引法に基づき、訪問販売により契約の締結について勧誘し契約を締結した場合、契約の申込みの撤回又は契約の解除を行うことができる。但し、8日を経過した場合においては、この限りでない。訪問販売に係る契約の申込みの撤回若しくは解除を妨げるため、不実のことを告げる行為、違約金の支払い請求をしてはならない。尚、探偵業者の営業所や依頼者からの要請により依頼者が居宅する場所において契約を締結した場合、特定商取引法は適用除外となる。探偵 フレッシュアイペディアより)

108件中 41 - 50件表示

「特定商取引法違反」のニューストピックワード