108件中 61 - 70件表示
  • 出版不況

    出版不況から見た特定商取引に関する法律特定商取引に関する法律

    4月 - 全日法規(ぜんにち出版)、特定商取引法違反により電話勧誘販売業務を1年間業務停止処分。出版不況 フレッシュアイペディアより)

  • 新聞拡張団

    新聞拡張団から見た特商法特定商取引に関する法律

    意に反する契約を強要された場合には、遅滞なく特商法のクーリングオフ制度を利用する。新聞拡張団 フレッシュアイペディアより)

  • オークション詐欺

    オークション詐欺から見た特定商取引法特定商取引に関する法律

    出品者が法人の場合は特定商取引法(旧訪問販売法)に基づく表記があるか確認をするオークション詐欺 フレッシュアイペディアより)

  • 中山泰秀

    中山泰秀から見た特定商取引法特定商取引に関する法律

    「NOVA」が特定商取引法違反の疑いで経済産業省の立ち入り検査を受けた直後の2007年2月には、経済産業大臣甘利明のもとを訪問し、特定商取引法の見直しを主張した。中山は、立ち入り検査が訪問のきっかけだったことを認めた上で、検査への働きかけは否定し、「法改正の必要性を訴えただけだ」と述べている。また、甘利も「中山氏の訪問を受けて職員に何か伝えたり、指示したりしたことはない」と述べた。中山泰秀 フレッシュアイペディアより)

  • 宣伝

    宣伝から見た特定商取引に関する法律特定商取引に関する法律

    このような宣伝行為は、健全かつ公正な競争を維持できないばかりか、消費者の誤認を招き被害が発生する恐れがあるため、多くの場合(特に商行為)において不当表示(あるいはそれに順ずる行為)として禁じられている。日本における根拠法としては不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)が挙げられ、他にも宅地建物取引業法第32条、特定商取引に関する法律第12条、医薬品医療機器等法第66条などにて、誇大広告等につき禁止する旨の規定が設けられている。宣伝 フレッシュアイペディアより)

  • クラモト

    クラモトから見た特定商取引法特定商取引に関する法律

    視力検査車を使った訪問販売では強引な販売が多発し、各地の消費相談センターへの相談が急増していた。これを受けて、2012年2月9日には四国経済産業局と愛媛県は特定商取引法第8条第1項違反(勧誘目的不明示、再勧誘、公衆の出入りしない場所での勧誘、迷惑勧誘)があったとして翌2月10日から同年8月9日までの6ヶ月間にわたる業務停止命令を出した。クラモト フレッシュアイペディアより)

  • 社会保険労務士

    社会保険労務士から見た特定商取引に関する法律特定商取引に関する法律

    この陳述は、原則として当事者又は訴訟代理人が自らしたものとみなされる。またこの事務を受任しようとする場合の役務の提供については、特定商取引に関する法律が定める規制の対象外となる(平成27年3月30日基発0330第3号)。社会保険労務士 フレッシュアイペディアより)

  • 契約

    契約から見た特定商取引法特定商取引に関する法律

    また、消費者保護の観点から契約内容の自由が制限されている場合がある。 日本法では、消費者保護基本法、食品衛生法、医薬品医療機器等法、消費生活用製品安全法、不正競争防止法、特定商取引法、製造物責任法などによるものである。契約 フレッシュアイペディアより)

  • 48ホールディングス

    48ホールディングスから見た特定商取引法特定商取引に関する法律

    「デジタル仮想通貨」の「クローバーコイン」を販売、2016年9月から2017年6月までの10か月間に約192億円の売上高を計上し、雑誌『経済界』で「2017年注目企業43」の「オンリーワン部門」に当社が選ばれるなど業績好調であったが、2017年10月3日販売を終了。翌10月4日までに取引銀行4行すべての口座が凍結され、また10月24日までに全国の消費生活センターに367件の相談が寄せられた。同年10月27日、「クローバーコイン」は「完全に上がる」「買わないと損する」などと言って連鎖販売取引(マルチ商法)をしたことは、(1)氏名等不明示(2)不実告知(3)概要書面不交付の3点で特定商取引法違反にあたるとして、消費者庁から3か月間の一部取引停止を命じられた。2018年2月取引開始予定(取引所名は日本国内の返金・支払手数料問題解決後、公表可条件)。48ホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 連鎖販売取引

    連鎖販売取引から見た訪問販売等に関する法律特定商取引に関する法律

    訪問販売等に関する法律(1976年施行、現在は「特定商取引に関する法律」と改称)で、いわゆるマルチ商法とよばれるものが、一定の範囲で「連鎖販売取引」として法的に定義づけられ規制されることになった。その後、定義要件が拡大し、規制強化の流れで法改正が行われた。連鎖販売取引 フレッシュアイペディアより)

108件中 61 - 70件表示

「特定商取引法違反」のニューストピックワード