86件中 61 - 70件表示
  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た特定商取引に関する法律特定商取引に関する法律

    悪徳商法の一つ、催眠商法がこれに相当。詐欺罪、不正競争防止法、景品表示法、特定商取引に関する法律において刑事罰が問われない行為について軽犯罪法が適用される可能性がある。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 平成18年豪雪

    平成18年豪雪から見た特定商取引に関する法律特定商取引に関する法律

    1月31日 経済産業省が特定商取引法の指定役務に雪かきを追加。クーリングオフなどの適用対象となる。平成18年豪雪 フレッシュアイペディアより)

  • 世界基督教統一神霊協会の年表

    世界基督教統一神霊協会の年表から見た特定商取引法特定商取引に関する法律

    7月13日 日本統一教会会長・徳野英治、印章販売会社「新世」が霊感商法により特定商取引法違反で摘発され社長始め幹部が逮捕された事を受けて辞任。新会長は国際勝共連合元理事長・梶栗玄太郎。世界基督教統一神霊協会の年表 フレッシュアイペディアより)

  • 宣伝

    宣伝から見た特定商取引に関する法律特定商取引に関する法律

    このような宣伝行為は、健全かつ公正な競争を維持できないばかりか、消費者の誤認を招き被害が発生する恐れがあるため、多くの場合(特に商行為)において不当表示(あるいはそれに順ずる行為)として禁じられている。日本における根拠法としては不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)が挙げられ、他にも宅地建物取引業法第32条、特定商取引に関する法律第12条、薬事法第66条などにて、誇大広告等につき禁止する旨の規定が設けられている。宣伝 フレッシュアイペディアより)

  • スパム (メール)

    スパム (メール)から見た特定商取引に関する法律特定商取引に関する法律

    日本においては、特定電子メールの送信の適正化等に関する法律・特定商取引に関する法律等によりスパムの送信方法に対する規制が行われている。規制内容は主に次の通りである。スパム (メール) フレッシュアイペディアより)

  • 出会い系サイト

    出会い系サイトから見た特定商取引に関する法律特定商取引に関する法律

    有料サイトの場合は、特定商取引に関する法律(特定商取引法)の指定役務に該当し、同法でいう通信販売となるため、連絡先窓口となる事業者の名称(さらに法人の場合には代表者か責任者の氏名)、住所及び電話番号等の記載が義務付けられている。出会い系サイト フレッシュアイペディアより)

  • 電子商取引

    電子商取引から見た特定商取引に関する法律特定商取引に関する法律

    日本では、インターネットによる一般消費者の国内業者からの商品の購入取引については、「特定商取引に関する法律」の通信販売に関する事項が適用されている。電子商取引 フレッシュアイペディアより)

  • 電話勧誘販売

    電話勧誘販売から見た特定商取引に関する法律特定商取引に関する法律

    電話口でのあいまいな返事で、販売者から一方的に契約を主張されることが多く、トラブルが多発したため、特定商取引に関する法律(特定商取引法)が改正され、電話の際に事業者の氏名、名称、商品等の種類を明示することや、執拗な勧誘の禁止、契約後には契約内容や、8日間のクーリングオフがあることなどを記載した書面の交付が義務付けられた。電話勧誘販売 フレッシュアイペディアより)

  • クーリングオフ

    クーリングオフから見た特定商取引に関する法律特定商取引に関する法律

    一般的な無店舗販売を規定する「特定商取引に関する法律」や「割賦販売法」のほか、個別の商品、販売方法、契約等の種類ごとに「特定商品等の預託等取引契約に関する法律」、「宅地建物取引業法」、「ゴルフ場等に係る会員契約の適正化に関する法律」、「有価証券に係る投資顧問業の規制等に関する法律」、「保険業法」等で規定されている。クーリングオフ フレッシュアイペディアより)

  • 訪問販売

    訪問販売から見た特定商取引に関する法律特定商取引に関する法律

    また、特定商取引に関する法律(特定商取引法)では、上記のような一般的な訪問販売の概念を拡張して、キャッチセールス、アポイントメント商法、催眠商法などのセールスマンの訪問がないものも「訪問販売」としている。訪問販売 フレッシュアイペディアより)

86件中 61 - 70件表示

「特定商取引法違反」のニューストピックワード