前へ 1 2 3 4 5
42件中 1 - 10件表示
  • 特定商取引に関する法律

    特定商取引に関する法律から見たネガティブ・オプション

    ネガティブ・オプション(勝手に商品を送りつける方法)について、物品を送付した日から3ヶ月を経過した場合、業者は、当該物品の返還を請求することができなくなる。物品を送りつけられた者が、業者に対して引取りを請求した場合には、その期間が1ヶ月に短縮される。特定商取引に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 特定商取引に関する法律

    特定商取引に関する法律から見たエステティックサロン

    平成11年改正によって、特定継続的役務提供(具体例:エステティックサロン、外国語会話教室等)に対する規制が設けられた。特定商取引に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 特定商取引に関する法律

    特定商取引に関する法律から見た浄水器

    訪問販売などの勧誘をする場合は、事業者はその勧誘に先立って、商品を販売することが目的であることを消費者に対して明示することを義務付けた。このため、家庭への戸別訪問で行われることの多い「点検商法」(例・水道局や保健所をかたり水道水を点検→汚れているので浄水器を売り込む)などの手法は制約を受けることとなった。特定商取引に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 特定商取引に関する法律

    特定商取引に関する法律から見た認知症

    例えば、2005年には、埼玉県富士見市に居住する認知症を患った高齢者宅に、住宅リフォーム工事業者計17社が次々と訪問販売を行い、クレジット契約を利用して、総額約5000万円に及ぶリフォーム契約を締結させた結果、当該高齢者は支払い不能に陥り、クレジット業者が、当該高齢者の自宅について強制執行の申立てを行い、これが競売に付されるという事件が発生している。特定商取引に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 特定商取引に関する法律

    特定商取引に関する法律から見た新聞

    新聞の訪問販売に関する紛争の増加に対応するため、平成3年、本法それ自体は改正されなかったが、指定商品(これを対象とする訪問販売及び通信販売のみが、本法の適用を受ける。)に新聞紙が追加された。特定商取引に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 特定商取引に関する法律

    特定商取引に関する法律から見た通信販売

    しかし、訪問販売及び通信販売という新しい販売方法に関して、業界内での倫理が確立されておらず、消費者も、そうした販売方法に不慣れである上、販売業者と消費者との接触がその場限りに留まることが多く、事後的な紛争解決が困難であるという事情が重なり、販売業者と消費者との間における紛争が増加していた。特定商取引に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 特定商取引に関する法律

    特定商取引に関する法律から見た強制執行

    例えば、2005年には、埼玉県富士見市に居住する認知症を患った高齢者宅に、住宅リフォーム工事業者計17社が次々と訪問販売を行い、クレジット契約を利用して、総額約5000万円に及ぶリフォーム契約を締結させた結果、当該高齢者は支払い不能に陥り、クレジット業者が、当該高齢者の自宅について強制執行の申立てを行い、これが競売に付されるという事件が発生している。特定商取引に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 特定商取引に関する法律

    特定商取引に関する法律から見た消費者

    本法は、業者と消費者との間における紛争が生じやすい取引を「特定商取引」と定義し、特定商取引に関する不公正な勧誘等を規制している。特定商取引に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 特定商取引に関する法律

    特定商取引に関する法律から見たマルチ商法

    また、日本においては、1960年代後半から、悪質なマルチ商法が社会問題化していた。特定商取引に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 特定商取引に関する法律

    特定商取引に関する法律から見た2009年

    平成20年改正は、指定商品制の廃止など、大改正となり、改正法は、2009年12月1日に施行された。改正の主な内容は、以下のとおりである。特定商取引に関する法律 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
42件中 1 - 10件表示

「特定商取引法違反」のニューストピックワード