1408件中 91 - 100件表示
  • 回路配置利用権

    回路配置利用権から見た特許権特許

    なお、特許権の存続期間は出願日から20年、実用新案権は出願日から10年、著作権は著作者の死後50年(法人著作では公表後50年)である。回路配置利用権 フレッシュアイペディアより)

  • 特許・実用新案審査基準

    特許・実用新案審査基準から見た特許特許

    特許・実用新案審査基準(とっきょ・じつようしんあんしんさきじゅん)は、日本国特許庁の審査官による特許出願の審査および実用新案の技術評価が一定の基準に従って公平妥当かつ効率的に行われるように、特許法等の関連する法律の適用についての日本国特許庁の基本的な考え方をまとめた文書である。日本国特許庁のホームページで無料で公開されるとともに、その印刷物が発明協会から発売されている。特許・実用新案審査基準 フレッシュアイペディアより)

  • 韓国の特許制度

    韓国の特許制度から見た特許特許

    韓国の特許制度(かんこくのとっきょせいど)では、大韓民国の特許制度について説明する。韓国の特許制度 フレッシュアイペディアより)

  • 知的財産検定

    知的財産検定から見た特許特許

    実施試験科目は、1級(特許)、2級。さらに、2級の科目試験(特許、意匠・商標、著作権・不正競争防止法・独占禁止法等の3科目)もある。知的財産検定 フレッシュアイペディアより)

  • 模倣品

    模倣品から見た特許特許

    模倣品(もほうひん)は、産業財産権、すなわち、特許権、実用新案権、意匠権、商標権を侵害する物品である。一方、知的財産権のうちでも、著作権や著作隣接権を侵害する物品は海賊版と呼ばれる。模倣品 フレッシュアイペディアより)

  • 特許協力条約に基づく国際出願等に関する法律

    特許協力条約に基づく国際出願等に関する法律から見た特許特許

    特許協力条約に基づく国際出願等に関する法律(とっきょきょうりょくじょうやくにもとづくこくさいしゅつがんとうにかんするほうりつ、昭和53年法律第30号、略称:国際出願法)は、特許協力条約(PCT)に基づく特許の国際出願、国際調査及び国際予備審査の手続について定めた日本の法律である。特許協力条約に基づく国際出願等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 商業フランチャイズ経営管理条例

    商業フランチャイズ経営管理条例から見た特許特許

    フランチャイザーは、登録商標、ロゴタイプ、特許、ノウハウなどの知的財産権を経営資源として有する企業のみに許されていて(第3条)、かつ成熟した経営モデルや、フランチャイジーに対して経営指導、技術支援、業務訓練などを継続的に行える能力を有していなければならず、その数値的条件として2軒以上の店舗を1年超、直接経営した実績が必要とされる(第7条)。商業フランチャイズ経営管理条例 フレッシュアイペディアより)

  • ラジアル異方性磁石

    ラジアル異方性磁石から見た特許特許

    共栄磁石工業の田中英輔は、着磁の方法を工夫することで、初めてラジアル異方性磁石を発明し、特許を取ったが、当時はこの磁石に誰も関心を示さなかったという。その後、磁場中で磁粉を押し固めた後に焼く方法でラジアル異方性磁石を作る方法が開発され、現在はこの方法で生産されている。ラジアル異方性磁石 フレッシュアイペディアより)

  • IBM形式フロッピーディスク

    IBM形式フロッピーディスクから見た特許特許

    特許出願形式と呼ばれるものもIBM形式と似ている。東芝形式と同じくインデックス領域をJIS8で表現する。この特許出願形式をIBM形式と呼ぶことはない。IBM形式フロッピーディスク フレッシュアイペディアより)

  • 知的所有権協会

    知的所有権協会から見た特許特許

    「社団法人発明学会」は1992年に「一人一発明研究登録」と称して、知的所有権(著作権)の登録事業を開始した。この事業は、認可を受けた社団法人としての定款にない事業であった。また、発明について著作権の登録をしても、特許を取得した場合のような独占的な権利が得られるわけではないにもかかわらず、間違った認識を与えて、登録料を徴収し、特許等による保護の機会を失わせる恐れもあるものであった。知的所有権協会 フレッシュアイペディアより)

1408件中 91 - 100件表示

「特許」のニューストピックワード