1408件中 101 - 110件表示
  • 迫正人

    迫正人から見た特許特許

    現在、「有限会社 タラチネケミカル」を立ち上げ、世界で初めてシラスを主原料に水垢・油膜・酸焼けを同時に除去するクリーナーを完成(2008年に国内特許取得)。迫正人 フレッシュアイペディアより)

  • EDVAC

    EDVACから見た特許特許

    EDVACは1949年8月に弾道学研究室に運び込まれ、いくつかの問題に対処した後、1951年に部分的に稼動した。完成までに時間がかかったのは、ペンシルベニア大学とエッカート&モークリーとの間で特許権を巡る争いがあったためと言われている。このためエッカートとモークリーは大学を離れ、エッカート・モークリー・コンピュータ社を設立しEDVACに関わった技術者も引き抜いていった。EDVAC フレッシュアイペディアより)

  • 育成者権

    育成者権から見た特許権特許

    育成者権における権利の形態は、特許権や実用新案権のしくみと非常によく似ており、たとえば、優先権や専用利用権、通常利用権、先育成による通常利用権、裁定制度、職務育成品種、審査(実際に試験栽培が行われる)を経て登録がなされるなど、多くの共通点を有している。育成者権 フレッシュアイペディアより)

  • 握り鉄砲

    握り鉄砲から見たパテント特許

    同様の拳銃は近現代においても作られている。最初期のパームピストルはフランス人ジャック・ダービーのパテントによりシカゴアームズで生産され、円盤型の銃を握りこむようにして発砲する。アメリカのC.S.シャタック・アームピストルの22口径連発パームピストルは上から握り込んでダブルアクションで発砲する方式を採用している。ガウロイス・パームピストルは引き金の代わりにレバーを握り込む点を除けば通常の拳銃に近い形をしている。握り鉄砲 フレッシュアイペディアより)

  • ステライト

    ステライトから見た特許特許

    デロロステライトグループの創始者であり、アメリカ大陸で最初にガソリン車を開発した技術者であるエルウッド・ヘインズ(Elwood Haynes)が1900年頃発明し、1907年12月に特許を取得した。その後ヘインズは1910年にデロロステライトグループの前身であるDeloro Smelting and Refining Company(カナダオンタリオ州デロロ村)とのライセンス締結に至り、同社で1912年より製造を開始した。ステライト フレッシュアイペディアより)

  • ベルント・ヨルト

    ベルント・ヨルトから見た特許特許

    1892年、ヨルトはスウェーデンのもう一つの発明品であるフラン・リンドクヴィストが特許を持つプリムス・ストーブの全ての権利を取得し、1918年にはストックホルムの西に所在するリラ・エッシンゲン島(Lilla Essingen)のプリムスの工場を買い取った。ベルント・ヨルト フレッシュアイペディアより)

  • ヘルマン・ケンペル

    ヘルマン・ケンペルから見た特許特許

    1927年、磁石による浮上実験に成功する。1934年8月14日、磁気浮上鉄道(電磁吸引方式)に関する基本特許(DPR 643 316)を取得したのを始め、磁気浮上鉄道に関する3つの基本特許を取得した。.1930年代の彼の計算によると、磁気浮上式鉄道は1,000km/hでの走行が可能とのことであった。彼のアイデアとしては磁気浮上だけでなくチューブ内に軌道を入れて真空にして空気抵抗の影響も受けない1,000km/hから3,000km/hの高速交通機関を描いていたようだ。ヘルマン・ケンペル フレッシュアイペディアより)

  • KEF (企業)

    KEF (企業)から見た特許特許

    現行機種の大部分に採用されているUniQドライバーは、ウーハーの音響芯にツイーターを埋め込んだ同軸構造をしており、2ウェイにもかかわらず、あたかも1点から音が出てきているかのような位相特性を持つとされ、多数の国で特許を取得している。UniQ搭載システムは、帯域バランスと定位の良さから、世界に多数の愛用者を獲得している。KEF (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 先輪

    先輪から見た特許特許

    重要な点として、先台車は垂直な軸に沿って単純に回転するだけの動きをするわけではなく、わずかながら横方向の動きも許容しなければならない。そうでなければ、機関車はカーブに正確に沿って走ることができない。この動きを制御し、中心に戻ろうとする復元力を与えるために、通常スプリングなどを用いた機構が組み込まれている。この種のスライドする台車は、1865年にイギリスのウィリアム・アダムス (William Adams (locomotive engineer)) によって特許が取得された。先輪を初めて使ったと一般に考えられているのはアメリカ合衆国のジョン・ジャービス (John B. Jervis) で、1832年に2軸の先輪と1軸の動輪を備えた機関車の設計に採用した。この車軸配置はジャービスと呼ばれている。ホワイト式表記法によれば、この機関車は4-2-0と表され、4輪の先輪と2輪の動輪を備え、従輪を備えていないということである。UIC式表記法では車輪の数ではなく車軸の数を数え、また動軸の数を数えるために記号を用い、ジャービス式は2-Aとなる。先輪 フレッシュアイペディアより)

  • エルネスト・ソルベー

    エルネスト・ソルベーから見た特許特許

    1863年に最初の工場としてソルベーを設立し、1872年までに製造法を完成させ、特許を取得した。ソルベー法の工場はイギリスやアメリカ合衆国、ドイツ、オーストリアに建設された。今日でも世界中で約70の工場が稼動中である。エルネスト・ソルベー フレッシュアイペディアより)

1408件中 101 - 110件表示

「特許」のニューストピックワード