1408件中 111 - 120件表示
  • アレクサンドル・ポポフ (物理学者)

    アレクサンドル・ポポフ (物理学者)から見た特許特許

    同時期にマルコーニも特許出願しており、一般的な知名度はこちらの方が高いが、ポポフの公開実験はマルコーニが成功する実験より4月ほど早かった。また、マルコーニは実際に実験に成功したのではなく、ポポフの公開実験をボローニャ大学の教授アウグスト・リーギから聞いて出願したという説がある。アレクサンドル・ポポフ (物理学者) フレッシュアイペディアより)

  • カール・ヨハンソン

    カール・ヨハンソンから見た特許特許

    ヨハンソンは、「Joブロック」("Jo Blocks":"Johansson gauge blocks")としても知られるブロックゲージセットを発明した。ヨハンソンは1901年5月2日に自身の最初のスウェーデンでの特許、特許番号17017「精密測定用ブロック・ゲージ セット」を取得し、1911年にはエスキルステューナ(Eskilstuna)にCE・ヨハンソン株式会社(CE Johansson AB:CEJ AB)を設立した。アメリカ合衆国ではCEJ ゲージ・ブロック セットは1908年頃にキャデラック社(Cadillac Automobile Co.)のヘンリー・リーランド に最初に販売された。カール・ヨハンソン フレッシュアイペディアより)

  • マクテシム・アガン

    マクテシム・アガンから見た特許特許

    マクテシム・アガン(Makhteshim Agan Industries Ltd)は、イスラエル・テルアビブに本拠を置く世界的大手農薬メーカー。特にジェネリック(特許期限切れ)農薬の最大手として知られる。マクテシム・アガン フレッシュアイペディアより)

  • ロールボック

    ロールボックから見た特許特許

    特許上の理由から、それ以外のメーカーは標準軌車両の車軸を本当にこのフックに載せる仕組みのロールボックを製造した。この場合、かなり外側にフックが設置されている。しかしながらブレーキ装置と車輪の直径に関する問題があった。ロールボック フレッシュアイペディアより)

  • 消尽

    消尽から見た特許特許

    例えば特許権者は、業として特許製品を製造、使用、販売する権利を専有する。これを文言どおりに解釈すると、特許権者が製造販売した特許製品であっても、その使用や転売には一々特許権者の許諾が必要となる。特許権者によって適正に製造販売された特許製品の使用や転売に際して許諾という煩雑な手続を要求することは、特許製品の利用や商取引の妨げとなり、不合理である。そこで、特許権者によって適正に製造販売された特許製品については、使用や転売に許諾が必要でないことを説明するための理論が必要となる。消尽 フレッシュアイペディアより)

  • 動眼

    動眼から見た特許特許

    日本ではスズセイが発明し、昭和20年頃から特許を取得して生産していた。当時は有力な輸出商品であった。スズセイは昭和18年の創立以来、一貫して人形・動物ぬいぐるみの眼球及び付属部品の金型製作から成形、販売まで取り組んでいる。現在でも国内市場シェア率90%を誇り、目玉のスズセイと呼ばれるほどである。動眼 フレッシュアイペディアより)

  • 産業上の利用可能性

    産業上の利用可能性から見た特許特許

    特許法において、産業上の利用可能性(さんぎょうじょうのりようかのうせい、industrial applicability)とは、発明が産業に利用できるものであることをいう。発明について特許を受けるための要件の一つである。産業上の利用可能性 フレッシュアイペディアより)

  • フラン・リンドクヴィスト

    フラン・リンドクヴィストから見た特許特許

    1984年にプリムス・ストーブはスウェーデンの特許機構の100周年を記念した切手の図柄に採用された。フラン・リンドクヴィスト フレッシュアイペディアより)

  • 北欧特許庁

    北欧特許庁から見た特許特許

    北欧特許庁(ほくおうとっきょちょう、)は、デンマーク、アイスランド、ノルウェーによって設立された特許に関する国際機関である。北欧特許機構(ほくおうとっきょきこう)とも呼ばれる。北欧特許庁 フレッシュアイペディアより)

  • データサーブ

    データサーブから見た特許特許

    インテル社が競合するUMC社をCPUのマイクロプログラム方式の更新と非同期で作動するCPUの部位の技術に関する特許の侵害で訴えたときUMC社はそれらの技術が1972年にD23で既に使用されていたことが記された論文を提示することができた。インテル社の特許は1978年から有効だったので、その文書は先行していた技術が存在したことを証明しその特許が全く認められないものであることを示していた。後に提訴は取り下げられた。データサーブ フレッシュアイペディアより)

1408件中 111 - 120件表示

「特許」のニューストピックワード