1408件中 131 - 140件表示
  • フラジオレット (楽器)

    フラジオレット (楽器)から見た特許特許

    1810年頃に、イギリスのウィリアム・ベインブリッジ () は、和音を演奏できるように二つのイングリッシュ・フラジオレットから構成される、ダブル・フラジオレットの特許を取得した。また、彼はトリプル・フラジオレットや、オカリナと同様の運指法を持つドローン(drone)パイプも製作した。フラジオレット (楽器) フレッシュアイペディアより)

  • AMR-WB+

    AMR-WB+から見た特許特許

    AMR-WB+ に関する特許は、ノキア(Nokia Corporation)、エリクソン(Telefonaktiebolaget L. M. Ericsson)、ボイスエージ(VoiceAge Corporation)各社が所有しておりAMR-WB+ フレッシュアイペディアより)

  • ソフトウェア特許

    ソフトウェア特許から見た特許特許

    ソフトウェア特許(ソフトウェアとっきょ)とは、コンピュータを利用する発明に関する特許である。ソフトウェア特許 フレッシュアイペディアより)

  • 辻輝子

    辻輝子から見た特許特許

    1955年、硬質陶器製法の新手法を考案し特許を申請する。辻輝子 フレッシュアイペディアより)

  • RPX Corporation

    RPX Corporationから見た特許特許

    RPX Corporation()は特許リスク軽減を掲げるサービスを提供する企業である。このサービスには、特許リスク管理ソリューション、防衛的買収の引受の申出、引受買収(シンジケーション)、特許情報戦略(インテリジェンス)、アドバイザリー・サービスの提供などが含まれる。同社は2008年3月の設立以来訴訟に代わる合理的な手法を提供することにより特許市場に効率性を持ち込むことに成功したと主張している。サンフランシスコに基盤を持つ同社は、売買の元手となる元金を集めることだけではなく、特許に対する深い専門的知識、顧客が特許買収を行う際によりすぐれた原動力となるように寄与することなどと組み合わせることを取引の有力な手段としている。同社は潜在的な問題を引き起こす可能性のある特許を事前に買い取り、貴重な情報を同社の顧客に提供している。これら同社の手法により、成長著しい同社の顧客集団に向けられた特許権主張の申立を軽減しようと模索している。RPX Corporation フレッシュアイペディアより)

  • ヘルベルト・フリッチュ

    ヘルベルト・フリッチュから見た特許特許

    ミュンヘンのオットー・ファルケンベルク学校で俳優教育を受け、ドイツをはじめとして、複数の国で俳優として活躍。1990年から2007年にはベルリン・フォルクスビューネに所属し、フランク・カストルフやクラウス・パイマンの作品で大きな役割を担っていた。同時に映画監督として、「hamlet_X GbRプロダクション」を起こし、六〇本ほどの短編映画と一本の長編映画を製作。2009年にはオーバーハウゼン国際短編映画祭で回顧特集上映も行われた。フリッチュが開発し、特許を取った3Dの特殊技術による作品の展覧会も、ドイツやスイスなど各地で行われている。ヘルベルト・フリッチュ フレッシュアイペディアより)

  • ミノルタ・ハネウェル特許訴訟

    ミノルタ・ハネウェル特許訴訟から見た特許特許

    ミノルタ・ハネウェル特許訴訟事件(ミノルタ・ハネウェルとっきょそしょう)とは、ハネウェルがオートフォーカス式一眼レフカメラαシリーズの自動焦点機構が自社の特許4件を侵害し、また技術移転に関して契約違反していると主張して、ミノルタ(現コニカミノルタ)とその現地法人を相手取り1987年4月に起こした裁判である。ミノルタ・ハネウェル特許訴訟 フレッシュアイペディアより)

  • 音声コード

    音声コードから見た特許特許

    2003年8月に日本視覚障がい情報普及支援協会の溝口偦(さとし)により特許出願された。また、2004年には記号のデザインを変更し、アメリカ合衆国にて特許を申請、後に認可された。音声コード フレッシュアイペディアより)

  • 動産担保融資

    動産担保融資から見た特許特許

    動産担保融資(どうさんたんぽゆうし、、略称ABL) とは、米国で発達した主として売掛債権と棚卸資産を担保にした融資手法である。資産ベースの融資(Asset-based loan)の一種であるが、住宅ローンなど個人融資を除く、企業間融資を指すことが多い。近年日本の銀行でも似たような融資手法が導入されている。この担保となる資産には商標や特許など、いわゆる知的財産権も含まれることが特筆すべき点である。動産担保融資 フレッシュアイペディアより)

  • ギュスターヴ・トルーヴェ

    ギュスターヴ・トルーヴェから見た特許特許

    アンドル=エ=ロワール県のHaye-Descartesの貧しい家に生まれた。父親は牛の仲買人であった。工芸学校をでて、時計職人の仕事を見つけて、故郷をでてパリに住んだ。1865年から、工芸品や電気を使った発明品を自ら売る会社を作り、宝石やアクセサリーも人気を集めるが、発明家として高い評判をえるようになった。主な発明品は軍用の通信システムや電話の改良から始まり、1870年頃には初の電動の船外モーターを発明し、1880年に特許を得た。1870年には火薬の爆発を動力にした模型オーニソプターを発明し、フランス科学アカデミーで、70mのデモ飛行に成功したギュスターヴ・トルーヴェ フレッシュアイペディアより)

1408件中 131 - 140件表示

「特許」のニューストピックワード