1408件中 11 - 20件表示
  • 明細書 (特許法)

    明細書 (特許法)から見た特許特許

    特許法において、明細書(めいさいしょ、specification、description)は、特許出願人が、その技術分野の専門家が発明を実施することができる程度に十分に、発明を説明した書類である。発明について特許を受けるためには願書、特許請求の範囲などとともにこの書類を特許庁に提出する必要がある。提出された明細書の内容は特許庁によって公開されるので、特許権の存続期間が終わった後、明細書に記載された技術はパブリックドメインに属することになる。明細書 (特許法) フレッシュアイペディアより)

  • 破産財団

    破産財団から見た特許権特許

    鉱業権、漁業権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、回路配置利用権、育成者権、著作権又は著作隣接権の任意売却破産財団 フレッシュアイペディアより)

  • Winmau

    Winmauから見た特許特許

    1960年代初頭に入社した2人のキックスの息子であるハリー・ジュニアとイーアンは、Nodorの特許が切れるやいなや、ブリッスル・ダーツボードの製造を開始できた。Winmau フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤忠勇

    佐藤忠勇から見た特許特許

    佐藤が的矢に来た目的は、真円真珠の養殖技術の確立であった。そこで佐藤は、1920年(大正9年)的矢の森本要助や渡鹿野の見瀬辰平らとともに的矢湾真珠養殖株式会社を設立、自らは常務取締役に就任する。しかし、同じ年に御木本幸吉に真円真珠養殖術で特許を取得されてしまい、目的を見失う。佐藤忠勇 フレッシュアイペディアより)

  • 追試

    追試から見た特許特許

    発表された論文,特許,試験等に基づいてその実験・分析を第三者が行う事。追実験とも言う。本項ではこちらを扱う。追試 フレッシュアイペディアより)

  • キース・バーゲルト

    キース・バーゲルトから見た特許特許

    ソ連崩壊の序曲となったベルリンの壁崩落ののち、バーゲルトは政府職員を辞め、民間セクターの職歴を刻み始めた。彼はカリフォルニア州メンローパークにあるSRI ConsultingのC-levelキャリアとして、イノベーションに特化した戦略コンサルティングに従事するようになる。SRI Consulting在籍時、彼は大手の戦略コンサルティングファームと共に知的財産権管理分野における初の戦略コンサルティング事業を立ち上げた。この事業により、顧客となった企業は特許、商標、著作権など法的な保護を受ける知的財産権や知識、ノウハウなどの非法的知的財産双方を、単なる無形固定資産から利益を生み出すのに適した固有のかたちでライセンス、合弁事業化、贈与、放棄、スピンアウト・スピンアップ・スピンインの作成を行い、それらの資産価値をより効率的に構築、管理、運用できるような企業戦略を立ち上げることができた。キース・バーゲルト フレッシュアイペディアより)

  • クロス (筆記具ブランド)

    クロス (筆記具ブランド)から見た特許特許

    クロス(A. T. Cross )とは、米国で最も長い歴史を持つ筆記具メーカーである。コンセプトは、筆記具を通じて開発力、創造力、情熱、そして技術を世界中にもたらし、常に人々の「ものを書くこと」に対する認識に革新を与えること。創業者のアロンゾ・タウンゼント・クロスはシャープペンシルの先駆けとなった「繰り出し式ペンシル」やボールペンの原型となった"スタイログラフィックペン"を発明、筆記具のデザイン、機能の分野で26以上の特許を取得し、当時の筆記具に革命的な影響を与えた。クロス (筆記具ブランド) フレッシュアイペディアより)

  • ノリタケ伊勢電子

    ノリタケ伊勢電子から見た特許特許

    特許元のバロース(アメリカ)に15%の特許使用料を払う必要があるノリタケ伊勢電子 フレッシュアイペディアより)

  • ツヴィ・グリリカス

    ツヴィ・グリリカスから見た特許特許

    ツヴィ・グリリカス(Hirsh Zvi Griliches、1930年9月12日 - 1999年11月4日)はアメリカの経済学者。ハーバード大学教授。新技術の伝播、研究開発の役割、特許制度、教育等を含む技術革新の経済学における貢献で知られる。ツヴィ・グリリカス フレッシュアイペディアより)

  • Eclipse Public License

    Eclipse Public Licenseから見た特許特許

    Eclipse Public License (エクリプスパブリックライセンス、EPL)は、オープンソースのソフトウェアのライセンスの1つで、Eclipse Foundationにより、そのソフトウェアであるEclipseなどのために使用されている。EPLは、IBMのCommon Public License (CPL) の派生であり、特許の訴訟に関するいくつかの用語を変更している。Eclipse Public License フレッシュアイペディアより)

1408件中 11 - 20件表示

「特許」のニューストピックワード