1114件中 11 - 20件表示
  • ネット棋院

    ネット棋院から見た特許特許

    2006年 対局ソフトに関する「プロフェッショナル着手機能」特許取得ネット棋院 フレッシュアイペディアより)

  • 宍戸充

    宍戸充から見た特許特許

    1990年4月-1994年3月 東京地方裁判所(特許部)判事、東京簡易裁判所判事宍戸充 フレッシュアイペディアより)

  • 設備投資

    設備投資から見た特許特許

    投資対象となる設備は、有形固定資産(長期にわたって利用する資産のうち、半導体製造装置などの生産を行うための機械、事業所・店舗などの建物、搬送用の車輌、工具備品など)と、無形固定資産(長期にわたって利用する資産のうち、ソフトウェアや電話加入権、特許・商標権など)とに分かれる。設備投資 フレッシュアイペディアより)

  • Adaptive Public License

    Adaptive Public Licenseから見た特許特許

    特許の権利を譲渡するか否か。Adaptive Public License フレッシュアイペディアより)

  • ソフトウェアクリーンルーム

    ソフトウェアクリーンルームから見た特許特許

    ソフトウェアクリーンルーム(Cleanroom Software Engineering)とは、検証可能な信頼性を保ったソフトウェア開発工程のモデルの1つである。クリーンルーム手法はIBMにてハーラン・ミルズらが開発した。クリーンルーム手法の主眼はバグ除去よりもバグ予測にある。この名称は集積回路の製造工程で使われるクリーンルームが語源であり、欠陥を防ぐという目的の類似性から使われている。著作権や特許の侵害を防ぐクリーンルーム設計の開発とは関係しない。ソフトウェアクリーンルーム フレッシュアイペディアより)

  • 明細書 (特許法)

    明細書 (特許法)から見た特許特許

    特許法において、明細書(めいさいしょ、specification、description)は、特許出願人が、その技術分野の専門家が発明を実施することができる程度に十分に、発明を説明した書類である。発明について特許を受けるためには願書、特許請求の範囲などとともにこの書類を特許庁に提出する必要がある。提出された明細書の内容は特許庁によって公開されるので、特許権の存続期間が終わった後、明細書に記載された技術はパブリックドメインに属することになる。明細書 (特許法) フレッシュアイペディアより)

  • 島正博

    島正博から見た特許特許

    和歌山県和歌山市出身。10代の頃から発明に熱中し、16歳の時には手袋編み機の特許を取得している。島正博 フレッシュアイペディアより)

  • タイムリリース

    タイムリリースから見た特許特許

    なお、タイムリリースは特許公開2001?009162(ゲームシステム及び情報記憶媒体)で特許が出願されている(ただし、審査請求はなされていないため、特許とはなっていない)。→特許電子図書館サービス一覧タイムリリース フレッシュアイペディアより)

  • 早川延幸

    早川延幸から見た特許特許

    名古屋市西区生まれ。愛知工業大学建築科を卒業後、真柄建設に入社。1990年に、名古屋市西区に「建築設計・監理・早川設計」を個人事業として設立。2004年8月8日に、中国上海市に「上海早川建築諮詢有限公司」を設立。中国上海でいくつかの設計プランを手掛ける。また、2003年に「Dio-ARC(360度回転する家)」を設計し、特許を取得、日本および中国で申請中。世界最大の不動産見本市「MIPIM」1にて、上海国際博覧会の迎賓館を設計提案し、近未来的建造物で受賞をした。2008年9月9日には日本で株式会社Dio-X2を設立。主な作品として、上海地下鉄4号線宜山路駅などの設計がある。早川延幸 フレッシュアイペディアより)

  • 審判官 (特許庁)

    審判官 (特許庁)から見た特許特許

    特許庁における審判官(しんぱんかん)とは、特許、意匠、商標の審判等を行う特許庁の職員である。審判官 (特許庁) フレッシュアイペディアより)

1114件中 11 - 20件表示

「特許」のニューストピックワード