1408件中 21 - 30件表示
  • グリッドリー・ブライアント

    グリッドリー・ブライアントから見た特許特許

    鉄道は本質的に新しい技術であったため、ブライアントは鉄道のほとんどの側面について設計しなければならなかった。車両(4輪および8輪)、線路、分岐器、車輪、転車台、および積み荷の積み替え設備などである。ブライアントは、イングランドの鉄道で既に用いられていたものと似たような技術を採用したが、より重く集中した荷重に耐えられるように、そして3フィート(約0.9 m)の深さに及ぶ冬期の土壌凍結に耐えられるように設計を変更した。ブライアントのグラニット鉄道とリバプール・アンド・マンチェスター鉄道の唯一の本質的な違いは動力にあった。ブライアントは列車を動かすためにウマと重力を用いていたが、リバプール・アンド・マンチェスター鉄道は蒸気機関車を採用していたのである。彼は機械類すべての設計と製造を行ったものの、どれについても特許を出願しなかった。1834年にロス・ワイナンズがブライアントが既に発明していた8輪の車両の設計についての特許を出願した。ブライアントはボルチモア・アンド・オハイオ鉄道がワイナンズの特許を無効化しようとした際に専門家の証人として呼ばれることになった。グリッドリー・ブライアント フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・フォンタナ

    リチャード・フォンタナから見た特許特許

    リチャード・フォンタナ(Richard Fontana)は、アメリカ合衆国のフリーソフトウェア、オープンソースソフトウェアに詳しい弁護士である。フォンタナは2005年12月から2008年2月まで、Software Freedom Law Center (SFLC)の法律顧問(法務相談役; legal counsel)を務めていた。フォンタナは現在、レッドハットのオープンソース・ライセンシング並びに特許関連顧問(Open Source Licensing and Patent Counsel)を務めている。リチャード・フォンタナ フレッシュアイペディアより)

  • 先願主義

    先願主義から見た特許特許

    先願主義(せんがんしゅぎ)とは、最初に特許出願を行った者に特許権を与える制度。例えば、同じ発明をした者が二人いた場合、どちらが先に発明をしたかにかかわらず、先に特許庁に出願した者(出願日が早いほう)が特許を受ける権利を有する。これに対して、先に発明した者が特許を受ける権利を有することを先発明主義という。先願主義 フレッシュアイペディアより)

  • 凍結含浸法

    凍結含浸法から見た特許特許

    凍結含浸法(とうけつがんしんほう)は、有益な物質(酵素、栄養成分、調味料など)を食品素材内部に急速導入する技術である。高齢者・介護用食品、機能性食品、医療用食品などの製造に利用される。減圧または加圧による急速酵素含浸法として、広島県が単独または企業との共同特許として、多数の特許を保有しており、大手食品会社を含む全国の企業にライセンス供与されている。主に商品化されている分野は、「やわらか食」または「咀嚼・嚥下困難者用食品」である。形状保持型のバリアフリー介護食として、酵素を利用した唯一の製造方法である。凍結含浸法に関連する学術論文、総説等は、学術雑誌に多数掲載されており、学術的にも高く評価されている。凍結含浸法 フレッシュアイペディアより)

  • 写真史

    写真史から見た特許特許

    1839年、ダゲールは銅板にヨウ化銀を乗せた方式を発明し、これをダゲレオタイプ(銀板写真)と呼んだ。これはニエプスの考えたように複製を無数に作ることはできず一枚限りのものだったが、これに似た方式は、今日でもポラロイドで使われている。ダゲレオタイプは1839年のフランス化学・芸術アカデミー席上で発表され、世界にセンセーションを起こした。フランス政府はこの特許を買い上げ、直ちにパブリックドメインにした。やがて多くの技術者達が改良を急速に進めていった。また、1840年代にはダゲレオタイプ熱が吹き荒れ肖像写真の流行が起こる。写真史 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄8700形蒸気機関車

    国鉄8700形蒸気機関車から見た特許特許

    そもそも各メーカーに提示された当初の要求仕様の段階で過熱式機関車であることが明示されていたにもかかわらず、また前述のとおり過熱式ボイラーを搭載する他の3形式との比較試験において、飽和式ボイラーの限界が明確に示されていたにもかかわらず、本形式のデッドコピー機が汽車製造へ発注された背景には、同様にドイツから輸入された8850形のデッドコピー機12両を受注した川崎造船所が蒸気過熱器の特許使用権を購入していたのに対し、汽車製造ではその購入を躊躇していたため、川崎造船所だけに大量の発注をするわけにいかず、機関車発注実績の均衡化のためにやむを得ず飽和式機関車の発注に踏み切ったものと見られている。両数の差は、過熱式機関車と飽和式機関車の単価差や性能差などと推測される。発注に当たっては、「過熱機関車との比較のため」との理由が付けられたが、これは後付けのものであった。国鉄8700形蒸気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 杉本京太

    杉本京太から見た特許特許

    杉本 京太(すぎもと きょうた、1882年9月20日 - 1972年12月26日)は、邦文タイプライター(和文タイプライター)の発明者である。1985年、特許制度制定百周年を記念して人選された「日本の発明家十傑」に選ばれた。1953年藍綬褒章、1965年勲四等旭日小綬章を受勲した。杉本京太 フレッシュアイペディアより)

  • アジアゲートホールディングス

    アジアゲートホールディングスから見た特許特許

    1982年(昭和57年)11月 - 推進工事新工法(ユニットカーブ推進工法)の特許を出願。アジアゲートホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • Open Invention Network

    Open Invention Networkから見た特許特許

    Open Invention Network(略称OIN)はアメリカ合衆国の企業コンソーシアムである。同社は特許を買収し、Linux、Linuxに関連するシステムやアプリケーションに対しその特許を主張しないことに同意した企業、個人に同社が買収した特許をロイヤルティー・フリーでライセンスする。Open Invention Network フレッシュアイペディアより)

  • 早川延幸

    早川延幸から見た特許特許

    名古屋市西区生まれ。愛知工業大学建築科を卒業後、真柄建設に入社。1990年に、名古屋市西区に「建築設計・監理・早川設計」を個人事業として設立。2004年8月8日に、中国上海市に「上海早川建築諮詢有限公司」を設立。中国上海でいくつかの設計プランを手掛ける。また、2003年に「Dio-ARC(360度回転する家)」を設計し、特許を取得、日本および中国で申請中。世界最大の不動産見本市「MIPIM」1にて、上海国際博覧会の迎賓館を設計提案し、近未来的建造物で受賞をした。2008年9月9日には日本で株式会社Dio-X2を設立。主な作品として、上海地下鉄4号線宜山路駅などの設計がある。早川延幸 フレッシュアイペディアより)

1408件中 21 - 30件表示

「特許」のニューストピックワード