1114件中 21 - 30件表示
  • クロス (筆記具ブランド)

    クロス (筆記具ブランド)から見た特許特許

    クロス(A. T. Cross )とは、米国で最も長い歴史を持つ筆記具メーカーである。コンセプトは、筆記具を通じて開発力、創造力、情熱、そして技術を世界中にもたらし、常に人々の「ものを書くこと」に対する認識に革新を与えること。創業者のアロンゾ・タウンゼント・クロスはシャープペンシルの先駆けとなった「繰り出し式ペンシル」やボールペンの原型となった"スタイログラフィックペン"を発明、筆記具のデザイン、機能の分野で26以上の特許を取得し、当時の筆記具に革命的な影響を与えた。クロス (筆記具ブランド) フレッシュアイペディアより)

  • セカンドソース

    セカンドソースから見た特許特許

    知的財産権の概念が希薄だった時代には、他社がオリジナル製品を購入して開封し、製品の構造を顕微鏡で拡大撮影してマスクパターンを作成し、それを用いて同一製品を製造することも行われた。これに対しては、当初直接防止する法的手段がなかった。米国産の半導体製品を日本でコピーする例が相次ぎ、米国からの抗議をうけて、半導体集積回路の回路配置に関する法律が制定された。現在では、加えて特許や著作権等の知的財産権でオリジナル製品を保護するようになり、無闇なデッドコピーは影を潜めている。セカンドソース フレッシュアイペディアより)

  • ビブラート・ユニット

    ビブラート・ユニットから見たパテント特許

    テールピースの弦を通す穴の位置(高さ)が弦によって変えられており、ピッチ変化量が各弦で一定になるよう配慮されている。つまりアーミングしても和音があまり崩れない(他のビブラートユニットは和音が崩れる)。これは後のスタインバーガー・トランストレムの思想と一致する。ピッチの可変量を調整する機構も考案され、パテントを取得していたが、機構が複雑化する欠点があったため、採用は見送られている。ネッド・スタインバーガー(スタインバーガーの創立者)は、ビブラミュートがトランストレムと同様の思想で作られていた事を後年になってから知り、非常に驚いたと語っている(「ギターマガジン」誌のインタビュー)。ビブラート・ユニット フレッシュアイペディアより)

  • 360度歯ブラシ

    360度歯ブラシから見た特許特許

    歯ブラシが誕生した後、ブラシ形状は様々なタイプが考案されていた。360度歯ブラシもその一つで、特許出願文献を調べるとその歴史が古いものであったことがわかる。実際に商品化されたのはジーシーが1993年に発売したフリーアングル歯ブラシというねじりブラシが初めてであったが、歯間ブラシを大きくしたような形をしており、義歯のバネ(クラスプ)がかかる歯や、一番後ろの奥歯の後ろ側の清掃のために開発された特種なブラシであった。ビバテックは一般用途向けの円筒型の360度歯ブラシであるデンタルシグマを2003年に発表している。STBヒグチの「たんぽぽの種」は国際的に特許を取得している。360度歯ブラシ フレッシュアイペディアより)

  • ソケットレンチ

    ソケットレンチから見た特許特許

    当初、ラチェット式のハンドルは無く、1864年に特許登録(USPTO No.45334)となっているD.M.Mooreの「IMPROVED WRENCH」の四角い開口のある「ドリル用ラチェット式ハンドル」が、現在の凸部のあるソケットレンチ用のラチェットハンドルとして一般に使用されたのは遅く、1930年代である。ソケットレンチ フレッシュアイペディアより)

  • ウェスタン・エレクトリック

    ウェスタン・エレクトリックから見た特許特許

    1875年、グレイは持ち株をウエスタンユニオンに売却し、同時にグレアム・ベルの電話に関する特許に対する差し止め請求権も売却した。ウエスタンユニオンとベル電話会社の特許紛争が1879年に決着すると、ウエスタンユニオンは電話市場から撤退し、ベルは1881年にウェスタン・エレクトリックを買収した。ウェスタン・エレクトリック フレッシュアイペディアより)

  • 特許法

    特許法から見た特許権特許

    特許法(とっきょほう)は、発明をした者に特別の権利(特許権)を与える代わりに、発明を公開させることにより産業の発展を促進させる目的で各国で設けられる法律の総称である。特許法 フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・フォンタナ

    リチャード・フォンタナから見た特許特許

    リチャード・フォンタナ(Richard Fontana)は、アメリカ合衆国のフリーソフトウェア、オープンソースソフトウェアに詳しい弁護士である。フォンタナは2005年12月から2008年2月まで、Software Freedom Law Center (SFLC)の法律顧問(法務相談役; legal counsel)を務めていた。フォンタナは現在、レッドハットのオープンソース・ライセンシング並びに特許関連顧問(Open Source Licensing and Patent Counsel)を務めている。リチャード・フォンタナ フレッシュアイペディアより)

  • Winmau

    Winmauから見た特許特許

    1960年代初頭に入社した2人のキックスの息子であるハリー・ジュニアとイーアンは、Nodorの特許が切れるやいなや、ブリッスル・ダーツボードの製造を開始できた。Winmau フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・アタナソフ

    ジョン・アタナソフから見た特許特許

    ジョン・ヴィンセント・アタナソフ(John Vincent Atanasoff、Джон Винсент Атанасов、1903年10月4日 - 1995年6月15日)は、ブルガリア人の家系に生まれたアメリカ人物理学者。1973年、ハネウェルとスペリーランドの特許に関する裁判で、アタナソフは電気式自動デジタルコンピュータの発明者とされた。彼が開発したのは特殊用途のアタナソフ&ベリー・コンピュータである。ジョン・アタナソフ フレッシュアイペディアより)

1114件中 21 - 30件表示

「特許」のニューストピックワード