1114件中 31 - 40件表示
  • ピエール・ラルマン

    ピエール・ラルマンから見た特許特許

    ラルマンは1865年、フランスを離れ米国、コネチカット州アンソニアに移住する。そこでさらに改良した自身の自転車を作成し、公開する。1866年4月にペダル式自転車に関する最初で唯一の特許を申請し、11月に認可されている。ラルマンの図にはベアリングが使用されており、くねくねしたフレームとあわせて、デニス・ジョンソンの製作したダンディ=ホーススタイルに大変よく似ている。違いは、ペダルとクランクが付加されていること、さらに、フレームの上部に細長い鉄板をばねとしてのせ、その上にサドルを取り付けていたことで、これにより快適な乗り心地となっていることだった。ピエール・ラルマン フレッシュアイペディアより)

  • 古賀常次郎

    古賀常次郎から見た特許特許

    1967年(昭和42年) - 「段付皿ビスと皿ビス用スプリングワッシャー」を発明し、西ドイツなど5か国で特許を取得古賀常次郎 フレッシュアイペディアより)

  • Eclipse Public License

    Eclipse Public Licenseから見た特許特許

    Eclipse Public License (エクリプスパブリックライセンス、EPL)は、オープンソースのソフトウェアのライセンスの1つで、Eclipse Foundationにより、そのソフトウェアであるEclipseなどのために使用されている。EPLは、IBMのCommon Public License (CPL) の派生であり、特許の訴訟に関するいくつかの用語を変更している。Eclipse Public License フレッシュアイペディアより)

  • プライヤ

    プライヤから見た特許特許

    ウオーターポンプ プライヤは、はさむ容量幅が大きくて便利な道具だが、はさむ物の厚みに合わせて予め軸を合わせてからハンドルを握って対象物をはさむ操作となっている。ユーザは、この2回の操作をわずらわしく思っていた。1984年にWilliam A. Warheit(ウイリアム・A・ウォーヘイト)によって開発されたロボグリップ(1987年米国特許登録No.4651598 / 日本特許庁特許登録 第1761629号)は、このユーザの不満を解消した柄を握るだけで自動的に軸の設定と対象物をはさむ作業が連続して出来る革新的ウオーターポンプ プライヤであり、発売以来世界中で注目を浴び爆発的に売れた商品である。発売当初はMADE IN USAであったが、2010年の最近では、MADE IN Chinaしか日本国内店頭ではお目にかかる事が出来なくなった。プライヤ フレッシュアイペディアより)

  • Vorbis

    Vorbisから見た特許特許

    広く使われているMP3などのフォーマットは特許の制限を受けるため、それらの代替として誰でも自由につかえる圧縮音声フォーマットを提供することを目指して作られた。仕様はパブリックドメイン、核となるエンコード・デコードのリファレンスコードは修正版BSDライセンス、フロントエンド・ツール類はGPLで提供されている。また、特許 (パテント)フィーも不要。Vorbis フレッシュアイペディアより)

  • ツヴィ・グリリカス

    ツヴィ・グリリカスから見た特許特許

    ツヴィ・グリリカス (Hirsh Zvi Griliches, 1930年9月12日 ? 1999年11月4日) はアメリカの経済学者。ハーバード大学教授。新技術の伝播、研究開発の役割、特許制度、教育等を含む技術革新の経済学における貢献で知られる。ツヴィ・グリリカス フレッシュアイペディアより)

  • 破産財団

    破産財団から見た特許権特許

    鉱業権、漁業権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、回路配置利用権、育成者権、著作権又は著作隣接権の任意売却破産財団 フレッシュアイペディアより)

  • RANDライセンス

    RANDライセンスから見た特許特許

    RANDライセンス とは、標準化プロセスでよく使われるライセンス方式の一種。Reasonable and Non Discriminatory Licensing(妥当で公平なライセンス)の略。一般に標準化団体に加盟する際、企業は標準規格の基礎となる技術について特許を得た場合、その標準規格を通しての特許使用を許諾し、「妥当な」特許料を徴収する権利を有するという契約を結ぶ。RANDライセンスは、同じ市場で競合する企業が標準規格を実装するという状況を可能にする。RANDライセンス フレッシュアイペディアより)

  • カーマーカーのアルゴリズム

    カーマーカーのアルゴリズムから見た特許特許

    カーマーカーのアルゴリズム()とは1984年、ナレンドラ・カーマーカーにより発見された線形計画問題の解法である。このアルゴリズムは、しばしば、カーマーカー法(Karmarkar's method)とも呼ばれる。また、本アルゴリズムを発明とする特許が米国や日本で出願されたため、請求特許は時折カーマーカー特許(Karmarkar's patent)とも呼称される。カーマーカーのアルゴリズム フレッシュアイペディアより)

  • Open Invention Network

    Open Invention Networkから見た特許特許

    Open Invention Network(略称OIN)はアメリカ合衆国の企業コンソーシアムである。同社は特許を買収し、Linux、Linuxに関連するシステムやアプリケーションに対しその特許を主張しないことに同意した企業、個人に同社が買収した特許をロイヤルティー・フリーでライセンスする。Open Invention Network フレッシュアイペディアより)

1114件中 31 - 40件表示

「特許」のニューストピックワード