1408件中 31 - 40件表示
  • ルイ・ル・プランス

    ルイ・ル・プランスから見た特許特許

    欧米の映画史黎明期は、カメラの特許取得競争で彩られている。1888年、ル・プランスは映画用カメラと映写機を兼ねた16レンズ機器の特許をアメリカで取得した。単レンズ型機器 (MkI) の特許は先例があるとしてアメリカでは却下されたが、数年後トーマス・エジソンはほぼ同じ特許をアメリカで取得している。ルイ・ル・プランス フレッシュアイペディアより)

  • 審判官 (特許庁)

    審判官 (特許庁)から見た特許特許

    特許庁における審判官(しんぱんかん)は、特許、意匠、商標の審判等を行う特許庁の職員である。審判官 (特許庁) フレッシュアイペディアより)

  • フェライト (磁性材料)

    フェライト (磁性材料)から見た特許特許

    1930年に加藤与五郎と武井武がハード・フェライトとソフト・フェライトを発見した。ソフト・フェライトについて、1930年1月21日の日本鉱業会の例会にて講演という形で日本語で発表した(口頭発表者は加藤)。この例会にて発表した内容については、質疑を含めて、論説および報告として10ページにまとめられ、日本鉱業会誌の1930年3月号に、加藤、武井の連名で「亞鐵酸亞鉛 (Zinc Ferrite) の組成、化學的性質及び磁性に關する研究」というタイトルで掲載された。また、の第57回 General Meeting of the American Electrochemical Societyにて、1930年5月30日に、日本鉱業会の例会の講演と同様の内容を""Studies on Zinc Ferrite. Its Formation, Composition, and Chemical and Magnetic Properties"のタイトルで、加藤、武井の連名で英語で講演した(口頭発表者は加藤)。同年12月に、特許を出願した。ハード・フェライトについても同年12月に特許を出願し、1933年の工業化学雑誌に「酸化金屬磁石に就て」というタイトルで論文発表した。1933年にフィリップス社のSnoekらが酸化物磁性材料の研究を開始した。1935年に斎藤憲三が東京電気化学を創業。1937年からソフトフェライトの生産を開始し、1938年にフィリップス社は東京電気化学製のフェライトのサンプルを入手した。1941年にフィリップス社がオランダ国内で特許を出願した。フェライト (磁性材料) フレッシュアイペディアより)

  • モーション・ピクチャー・パテンツ・カンパニー

    モーション・ピクチャー・パテンツ・カンパニーから見た特許特許

    モーション・ピクチャー・パテント・カンパニー(, 略称 、「映画特許会社」)は、1908年12月に当時のアメリカ合衆国の大手映画会社が組んだトラスト。別名、エジソン・トラスト()、あるいはザ・トラストとも。映画撮影の特許多数を保有し、映画製作会社も経営していた発明王トーマス・エジソンが、活況を呈した映画業界を管理下に置き、利益を吸収するために形成したトラストであった。モーション・ピクチャー・パテンツ・カンパニー フレッシュアイペディアより)

  • インボディ

    インボディから見た特許特許

    1998年(平成10年)10月 - 米国特許の取得インボディ フレッシュアイペディアより)

  • ファミコン互換機

    ファミコン互換機から見た特許特許

    非公式のファミコン互換機は1990年ごろから登場している。特に南アメリカ・南アフリカ・旧ソ連諸国など、任天堂から正規品が発売されなかった地域では、互換機が手軽にファミコンソフトで遊べる唯一の手段となっていた。2003年に任天堂がファミコンの生産を打ち切り、ファミコンに関する特許権も消滅したため、現在は各メーカーが様々なファミコン互換機を生産しており、日本国内でも多数流通している。ファミコン互換機 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国連邦裁判所

    アメリカ合衆国連邦裁判所から見た特許権特許

    特許権、種苗法、著作権、半導体集積回路の回路配置利用権、意匠権、商標権、不正競争に関する訴訟アメリカ合衆国連邦裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • プライヤ

    プライヤから見た特許特許

    ウオーターポンプ プライヤは、はさむ容量幅が大きくて便利な道具だが、はさむ物の厚みに合わせて予め軸を合わせてからハンドルを握って対象物をはさむ操作となっている。ユーザは、この2回の操作をわずらわしく思っていた。1984年にWilliam A. Warheit(ウイリアム・A・ウォーヘイト)によって開発されたロボグリップ(1987年米国特許登録No.4651598 / 日本特許庁特許登録 第1761629号)は、このユーザの不満を解消した柄を握るだけで自動的に軸の設定と対象物をはさむ作業が連続して出来る革新的ウオーターポンプ プライヤであり、発売以来世界中で注目を浴び爆発的に売れた商品である。発売当初はMADE IN USAであったが、2010年の最近では、MADE IN Chinaしか日本国内店頭ではお目にかかる事が出来なくなった。プライヤ フレッシュアイペディアより)

  • PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜

    PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜から見た特許権特許

    しかし、金田一の成功を快く思わない統一郎は「究極の魔法瓶」に対して特許権侵害で訴訟する構えを見せ、ハピネス魔法瓶を追い詰めていく。悩んだ末に金田一は統一郎に関連工場の人たちの働く場を設ける約束を取り付けた上でハピネス魔法瓶の廃業を決断する。しかし統一郎は、金田一の約束を反故にしてしまう。その事が日頃より統一郎の方針に不満を抱いていた社員1507人の離反を招き、彼らは金田一の元に一緒に働きたいと集うのだった。PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜 フレッシュアイペディアより)

  • イランの法制

    イランの法制から見た特許特許

    同様のことは、ビジネス法制の典型ともいうべき知的財産法制にも見られ、制度が古いままであったり、運用面での課題は多々ありつつも、フランス法の強い影響の下、特許・意匠・商標といった産業財産法制は一通り整備されている。イランの法制 フレッシュアイペディアより)

1408件中 31 - 40件表示

「特許」のニューストピックワード