1114件中 41 - 50件表示
  • キース・バーゲルト

    キース・バーゲルトから見た特許特許

    ソ連崩壊の序曲となったベルリンの壁崩落ののち、バーゲルトは政府職員を辞め、民間セクターの職歴を刻み始めた。彼はカリフォルニア州メンローパークにあるSRI ConsultingのC-levelキャリアとして、イノベーションに特化した戦略コンサルティングに従事するようになる。SRI Consulting在籍時、彼は大手の戦略コンサルティングファームと共に知的財産権管理分野における初の戦略コンサルティング事業を立ち上げた。この事業により、顧客となった企業は特許、商標、著作権など法的な保護を受ける知的財産権や知識、ノウハウなどの非法的知的財産双方を、単なる無形固定資産から利益を生み出すのに適した固有のかたちでライセンス、合弁事業化、贈与、放棄、スピンアウト・スピンアップ・スピンインの作成を行い、それらの資産価値をより効率的に構築、管理、運用できるような企業戦略を立ち上げることができた。キース・バーゲルト フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国の科学技術

    中華人民共和国の科学技術から見た特許特許

    中華人民共和国の科学技術は近年急速な発展を遂げている。中国政府は投資、改革、そして科学技術の社会的地位を国家遺産と並び国家の社会経済発展に欠かせないものとして強調している。中国は教育、社会基盤、ハイテク産業、学術出版、特許、商業的な応用といった分野で急速な発展を遂げており、現在いくつかの分野や指標において世界をリードしている。中国は現在次第に目標を中国独自の技術革新へと変えつつあり、これまで弱点とされていた分野を改善することを目標とするようになっている。中華人民共和国の科学技術 フレッシュアイペディアより)

  • テクノロジー史

    テクノロジー史から見た特許特許

    ルネサンス期には、印刷機、遠近法、特許法、2層構造のドーム、星形要塞といった技術革新があった。タッコラやレオナルド・ダ・ヴィンチらルネサンス期の芸術家兼技術者のノートには、当時知られていた機械技術への深い洞察が見られる。建築家や技術者は古代ローマの建築物に着想を得て、例えばフィリッポ・ブルネレスキはサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の巨大ドームを生み出した。彼はその建築物の天辺まで石材を持ち上げるために設計した巧妙なクレーンを保護するため、世界初の特許の1つを授与された。イタリアでは都市国家間の衝突が絶えず、そのためクロスボウや強力な大砲が広範囲に使用されるようになり、軍事技術も急速に発展した。メディチ家のような有力な一族が芸術や科学の強力な庇護者となった。ルネサンス期の科学から科学革命が生まれ、科学とテクノロジーは相互に影響しあって発展していった。テクノロジー史 フレッシュアイペディアより)

  • グリッドリー・ブライアント

    グリッドリー・ブライアントから見た特許特許

    鉄道は本質的に新しい技術であったため、ブライアントは鉄道のほとんどの側面について設計しなければならなかった。車両(4輪および8輪)、線路、分岐器、車輪、転車台、および積み荷の積み替え設備などである。ブライアントは、イングランドの鉄道で既に用いられていたものと似たような技術を採用したが、より重く集中した荷重に耐えられるように、そして3フィート(約0.9 m)の深さに及ぶ冬期の土壌凍結に耐えられるように設計を変更した。ブライアントのグラニット鉄道とリバプール・アンド・マンチェスター鉄道の唯一の本質的な違いは動力にあった。ブライアントは列車を動かすためにウマと重力を用いていたが、リバプール・アンド・マンチェスター鉄道は蒸気機関車を採用していたのである。彼は機械類すべての設計と製造を行ったものの、どれについても特許を出願しなかった。1834年にロス・ワイナンズがブライアントが既に発明していた8輪の車両の設計についての特許を出願した。ブライアントはボルチモア・アンド・オハイオ鉄道がワイナンズの特許を無効化しようとした際に専門家の証人として呼ばれることになった。グリッドリー・ブライアント フレッシュアイペディアより)

  • 写真史

    写真史から見た特許特許

    1839年、ダゲールは銅板にヨウ化銀を乗せた方式を発明し、これをダゲレオタイプ(銀板写真)と呼んだ。これはニエプスの考えたように複製を無数に作ることはできず一枚限りのものだったが、これに似た方式は、今日でもポラロイドで使われている。ダゲレオタイプは1839年のフランス化学・芸術アカデミー席上で発表され、世界にセンセーションを起こした。フランス政府はこの特許を買い上げ、直ちにパブリックドメインにした。やがて多くの技術者達が改良を急速に進めていった。また、1840年代にはダゲレオタイプ熱が吹き荒れ肖像写真の流行が起こる。写真史 フレッシュアイペディアより)

  • モーション・ピクチャー・パテンツ・カンパニー

    モーション・ピクチャー・パテンツ・カンパニーから見た特許特許

    モーション・ピクチャー・パテント・カンパニー(, 略称 、「映画特許会社」)は、1908年12月に当時のアメリカ合衆国の大手映画会社が組んだトラスト。別名、エジソン・トラスト()、あるいはザ・トラストとも。映画撮影の特許多数を保有し、映画製作会社も経営していた発明王トーマス・エジソンが、活況を呈した映画業界を管理下に置き、利益を吸収するために形成したトラストであった。モーション・ピクチャー・パテンツ・カンパニー フレッシュアイペディアより)

  • コンバインハーベスター

    コンバインハーベスターから見た特許特許

    コンバインは米国で発明され、1834年にハイラム・ムーア(Hiram Moore)が特許を取得、また同年に刈取機の特許をサイラス・マコーミック(Cyrus McCormick)が取得した。コンバインハーベスター フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ル・プランス

    ルイ・ル・プランスから見た特許特許

    欧米の映画史黎明期は、カメラの特許取得競争で彩られている。1888年、ル・プランスは映画用カメラと映写機を兼ねた16レンズ機器の特許をアメリカで取得した。単レンズ型機器 (MkI) の特許は先例があるとしてアメリカでは却下されたが、数年後トーマス・エジソンはほぼ同じ特許をアメリカで取得している。ルイ・ル・プランス フレッシュアイペディアより)

  • 星野やすし

    星野やすしから見た特許特許

    群馬県勢多郡黒保根村(現・桐生市黒保根町)出身。人造偏光板・磁気録音読書機の発明者。数々の特許を申請し、特許数は日本国内で58件、海外(アメリカ、イギリス、ドイツ各国)で59件。日本最初の塗布型磁気テープを作製し磁気テープの父と呼ばれた。星野やすし フレッシュアイペディアより)

  • 先願主義

    先願主義から見た特許特許

    先願主義(せんがんしゅぎ)とは、最初に特許出願を行った者に特許権を与える制度。例えば、同じ発明をした者が二人いた場合、どちらが先に発明をしたかにかかわらず、先に特許庁に出願した者(出願日が早いほう)が特許を受ける権利を有する。これに対して、先に発明した者が特許を受ける権利を有することを先発明主義という。先願主義 フレッシュアイペディアより)

1114件中 41 - 50件表示

「特許」のニューストピックワード