1114件中 51 - 60件表示
  • ファミコン互換機

    ファミコン互換機から見た特許特許

    非公式のファミコン互換機は1990年ごろから登場している。特に南アメリカ・南アフリカ・旧ソ連諸国など、任天堂から正規品が発売されなかった地域では、互換機が手軽にファミコンソフトで遊べる唯一の手段となっていた。2003年に任天堂がファミコンの生産を打ち切り、ファミコンに関する特許権も消滅したため、現在は各メーカーが様々なファミコン互換機を生産しており、日本国内でも多数流通している。ファミコン互換機 フレッシュアイペディアより)

  • Google検索

    Google検索から見た特許特許

    Googleが成功した大きな原因の1つがページランクと呼ばれる特許取得済みのアルゴリズムであり、これによって検索文字列に最も適したウェブページを上位に表示できる。Google以前の主な検索エンジンはキーワードに基づいて検索結果の順位付けをしていた。それは、検索文字列がそのページ内に出現する頻度を順位付けの基本とし、それによって検索文字列とそのページの関連性の強さを評価していた。これに対してページランク・アルゴリズムでは、重要とされるページからリンクされている数を評価の基本とする。リンク元ページの重要度もページランクで決定されるため、そのアルゴリズムは再帰的になる。Googleはページランクだけでなく様々な指標を検索結果の順位付けに追加しており、今では200以上の異なる指標を使っているという。不当な順位の操作を防ぐためと、競合他社への優位を確保するため、詳細は秘密にされている。Google検索 フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation 2

    PlayStation 2から見た特許特許

    2005年3月24日、アメリカイマージョン社がカリフォルニア州オークランドの連邦地裁に起こしたコントローラ振動技術の特許権をめぐる訴訟で、SCEなどに米国での販売差し止めと約96億円の損害賠償を命じる判決。PlayStation 2 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄8700形蒸気機関車

    国鉄8700形蒸気機関車から見た特許特許

    そもそも各メーカーに提示された当初の要求仕様の段階で過熱式機関車であることが明示されていたにもかかわらず、また前述のとおり過熱式ボイラーを搭載する他の3形式との比較試験において、飽和式ボイラーの限界が明確に示されていたにもかかわらず、本形式のデッドコピー機が汽車製造へ発注された背景には、同様にドイツから輸入された8850形のデッドコピー機12両を受注した川崎造船所が蒸気過熱器の特許使用権を購入していたのに対し、汽車製造ではその購入を躊躇していたため、川崎造船所だけに大量の発注をするわけにいかず、機関車発注実績の均衡化のためにやむを得ず飽和式機関車の発注に踏み切ったものと見られている。両数の差は、過熱式機関車と飽和式機関車の単価差や性能差などと推測される。発注に当たっては、「過熱機関車との比較のため」との理由が付けられたが、これは後付けのものであった。国鉄8700形蒸気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • A.Cホールディングス

    A.Cホールディングスから見た特許特許

    1982年(昭和57年)11月 - 推進工事新工法(ユニットカーブ推進工法)の特許を出願。A.Cホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤忠勇

    佐藤忠勇から見た特許特許

    佐藤が的矢に来た目的は、真円真珠の養殖技術の確立であった。そこで佐藤は、1920年(大正9年)的矢の森本要助や渡鹿野の見瀬辰平らとともに的矢湾真珠養殖株式会社を設立、自らは常務取締役に就任する。しかし、同じ年に御木本幸吉に真円真珠養殖術で特許を取得されてしまい、目的を見失う。佐藤忠勇 フレッシュアイペディアより)

  • 後発医薬品

    後発医薬品から見た特許特許

    後発医薬品(こうはついやくひん、)とは、物質特許が切れた医薬品を他の製薬会社が製造或は供給する医薬品である。ジェネリック医薬品とも言われる。特許の対象は、有効成分、製造方法、効能効果、用法用量など多岐にわたる。なお、後発医薬品に対して先発の新薬は先発医薬品と呼ばれる。後発医薬品 フレッシュアイペディアより)

  • ピアノ

    ピアノから見た特許特許

    歴史的楽器では4つないし5つのペダルを持つものもあり、このうちのいくつかはシンバルや太鼓といった打楽器に連動されていた。シューベルトの一部の作品では、これらの打楽器に連動するペダル構造を用いた曲もある。現代でもファツィオリ社のグランドピアノでは第4のペダルを備えるものがある。このペダルを踏むことにより、鍵盤の前面が下がり、鍵盤の沈む深さが浅くなる。現代のピアノが沈む深さは平均して約1cmであるが、モーツァルトが活躍した時代の鍵盤が沈む深さは約6mmであり、操作は現代よりも遥かに軽やかであった。この時代のような鍵盤の軽やかさを現代のピアノに持たせるために第4のペダルが備えられたものである。ブリュートナー社は最近「ハーモニックペダル」の特許をとり、どのグランドピアノにも接続することができる第5ペダルといえるペダルを開発した。すでに新製品に組み込んだメーカーも出現している。ピアノ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国連邦裁判所

    アメリカ合衆国連邦裁判所から見た特許権特許

    特許権、著作権に関する訴訟アメリカ合衆国連邦裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • スペースインベーダー

    スペースインベーダーから見た特許特許

    西角はデザインのためにブラウン管をペン状のデバイス(ライトペン)で直接描画し、それをデータとして利用できるシステムを発明した。これが世界で最初の実用コンピューター用ペンデバイスであったとされることがある(なお、ライトペンはWhirlwindで開発されSAGEで使われたのが最初 1 と一般には今日ではされている)。西角は、曰く「自分の作業をしやすくするための道具として作っただけ」という理由で、特許などは取得しなかった。スペースインベーダー フレッシュアイペディアより)

1114件中 51 - 60件表示

「特許」のニューストピックワード