1408件中 51 - 60件表示
  • 弁理士 (日本)

    弁理士 (日本)から見た特許特許

    弁理士は、優れた技術的思想の創作(発明)、斬新なデザイン(意匠)、商品やサービスのマーク(商標)に化体された業務上の信用等を特許権、意匠権、商標権等の形で権利化をするための特許庁への出願手続代理や、それらの権利を取消又は無効とするための審判請求手続・異議申立て手続の代理業務を行うものである。また、弁理士は、近年の知的財産権に関するニーズの多様化に伴い、ライセンス契約の交渉、仲裁手続の代理、外国出願関連業務等を含む知的財産分野全般に渡るサービスを提供するなどの幅広い活躍が期待されている。弁理士 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • カーマーカーのアルゴリズム

    カーマーカーのアルゴリズムから見た特許特許

    カーマーカーのアルゴリズム () とは1984年、ナレンドラ・カーマーカーにより発見された線形計画問題の解法である。このアルゴリズムは、しばしば、カーマーカー法 (Karmarkar's method) とも呼ばれる。また、このアルゴリズムを発明とする特許が米国や日本で出願され、請求特許は時折カーマーカー特許 (Karmarkar's patent) とも呼称される。カーマーカーのアルゴリズム フレッシュアイペディアより)

  • 特許状

    特許状から見た特許特許

    特定の特許状の様式は発明 (あるいは意匠権におけるデザイン) に対して独占権を付与する現代の特許 (米国の特許制度においては一般特許 (utility patent) とデザイン特許 (design patent) と呼ばれる。) へと進化した。このケースでは、他の発明者が特許権の侵害を避けることを考えたり、また発明の「練習」方法つまり実用化の方法を理解するのに、特許状が公的な書類の様式を取っていることが特に重要である。特許状 フレッシュアイペディアより)

  • 遺伝子組み換え作物

    遺伝子組み換え作物から見た特許特許

    なお、人道的な見地からゴールデンライスの開発者たちは、特許を無償公開し、特許料等の知的財産権に基づく金員の請求をしないことを表明している。ゴールデンライスは自家採種可能であるため、栽培農家は無償で永続的に栽培可能になる。遺伝子組み換え作物 フレッシュアイペディアより)

  • 臥雲辰致

    臥雲辰致から見た特許特許

    1878年に、長野県東筑摩郡波多村(現・松本市)の川澄多けと結婚し、後半生をこの村を基盤にして送った。1890年には、当時盛んであった養蚕に役立つ蚕網を織るための発明(従来の織機にくらべ生産能率が15倍のもじり網織機。1899年に特許取得)に成功し、第3回内国勧業博覧会に出品し3等有功賞を受ける。1896年ころ、工場を建てて自ら蚕網の製造に乗り出したが、4年後に病没した。長男は川澄家を継ぎ、四男紫朗(松本で臥雲商会を継ぎ、1914年ころに「臥雲式回転稲抜機」を発明するなどした)が臥雲姓を継いだ。臥雲辰致 フレッシュアイペディアより)

  • コンバインハーベスター

    コンバインハーベスターから見た特許特許

    コンバインは米国で発明され、1834年にハイラム・ムーア(Hiram Moore)が特許を取得、また同年に刈取機の特許をサイラス・マコーミック(Cyrus McCormick)が取得した。コンバインハーベスター フレッシュアイペディアより)

  • ソケットレンチ

    ソケットレンチから見た特許特許

    当初、ラチェット式のハンドルは無く、1864年に特許登録 (USPTO No. 45334) となっているD. M. Mooreの「IMPROVED WRENCH」の四角い開口のある「ドリル用ラチェット式ハンドル」が、現在の凸部のあるソケットレンチ用のラチェットハンドルとして一般に使用されたのは遅く、1930年代である。ソケットレンチ フレッシュアイペディアより)

  • ハイミー

    ハイミーから見た特許特許

    1913年、池田菊苗の弟子の小玉新太郎は、鰹節のうま味成分がイノシン酸であることを解明した。味の素社は早期から調味料としての実用性に着目し、1933年に「魚肉より調味料を製造する方法」として特許を取得した。東京大学農学部の国中明は、酵母の核酸を、発酵培養で得られた酵素で分解してイノシン酸とグアニル酸を得る方法、そしてこれらが呈味物質であることを解明した。ヤマサ醤油はこれに基づき1957年に特許を出願。武田薬品工業は、グアニル酸がシイタケのうま味成分であることを解明し、ヤマサ醤油とは異なる製造法の特許を出願した。味の素社は、1959年にグルタミン酸ナトリウム(MSG)に微量のイノシン酸ナトリウムを添加すると呈味力が相乗的に増加する効果を確認し、同年9月に特許を出願したが、ヤマサ醤油は前年4月に、すでにMSGと核酸との相乗効果に関する特許を出願しており、1961年4月にイノシン酸の相乗効果とグアニル酸の相乗効果とに特許を2分割した。味の素社と武田薬品は、ヤマサ醤油に対し実施料を支払うことで許諾を受けることとなった。このヤマサ醤油の特許であるが、のちの1970年に特許料の一部の不納によりヤマサ醤油は権利を喪失。味の素社、ヤマサ醤油、武田薬品工業、旭化成工業、協和醗酵の5社の特許係争の和解につながっている。ハイミー フレッシュアイペディアより)

  • 知的財産権

    知的財産権から見た特許権特許

    特許権: 特許権者に発明を実施する権利を与え、発明を保護する。(特許法・パリ条約・TRIPS協定)知的財産権 フレッシュアイペディアより)

  • テクノロジー史

    テクノロジー史から見た特許特許

    ルネサンス期には、印刷機、遠近法、特許法、2層構造のドーム、星形要塞といった技術革新があった。タッコラやレオナルド・ダ・ヴィンチらルネサンス期の芸術家兼技術者のノートには、当時知られていた機械技術への深い洞察が見られる。建築家や技術者は古代ローマの建築物に着想を得て、例えばフィリッポ・ブルネレスキはサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の巨大ドームを生み出した。彼はその建築物の天辺まで石材を持ち上げるために設計した巧妙なクレーンを保護するため、世界初の特許の1つを授与された。イタリアでは都市国家間の衝突が絶えず、そのためクロスボウや強力な大砲が広範囲に使用されるようになり、軍事技術も急速に発展した。メディチ家のような有力な一族が芸術や科学の強力な庇護者となった。ルネサンス期の科学から科学革命が生まれ、科学とテクノロジーは相互に影響しあって発展していった。テクノロジー史 フレッシュアイペディアより)

1408件中 51 - 60件表示

「特許」のニューストピックワード