1114件中 61 - 70件表示
  • 遺伝子組み換え作物

    遺伝子組み換え作物から見た特許特許

    なお、人道的な見地からゴールデンライスの開発者たちは、特許を無償公開し、特許料等の知的財産権に基づく金員の請求をしないことを表明している。ゴールデンライスは自家採種可能であるため、栽培農家は無償で永続的に栽培可能になる。遺伝子組み換え作物 フレッシュアイペディアより)

  • PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜

    PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜から見た特許権特許

    しかし、金田一の成功を快く思わない統一郎は「究極の魔法瓶」に対して特許権侵害で訴訟する構えを見せ、ハピネス魔法瓶を追い詰めていく。悩んだ末に金田一は統一郎に関連工場の人たちの働く場を設ける約束を取り付けた上でハピネス魔法瓶の廃業を決断する。しかし統一郎は、金田一の約束を反故にしてしまう。その事が日頃より統一郎の方針に不満を抱いていた社員1507人の離反を招き、彼らは金田一の元に一緒に働きたいと集うのだった。PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜 フレッシュアイペディアより)

  • 杉本京太

    杉本京太から見た特許特許

    杉本 京太(すぎもと きょうた、1882年9月20日 - 1972年12月26日)は、邦文タイプライター(和文タイプライター)の発明者である。1985年、特許制度制定百周年を記念して人選された「日本の発明家十傑」に選ばれた。1953年藍綬褒章、1965年勲四等旭日小綬章を受勲した。杉本京太 フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・エジソン

    トーマス・エジソンから見た特許特許

    研究所で電話、レコードプレーヤー、電気鉄道、鉱石分離装置、電灯照明などを矢継ぎ早に商品化した。なかでも注力したのは白熱電球であり、数多い先行の白熱電球を実用的に改良した。彼は白熱電球の名称をゾロアスター教の光と英知の神、アフラ・マズダーから引用し、「マズダ」と名付けている。この特許の有効性について訴訟が起こり、裁判で特許 (番号223, 898) が有効と判定されるまでに時間がかかった。一方で白熱電球の売り込みのための合弁会社を成立。直流の電力を供給するシステムを確立させる。トーマス・エジソン フレッシュアイペディアより)

  • いとうせいこう

    いとうせいこうから見た特許特許

    『世界一受けたい授業』での特許の授業で塩が固くならない容器のアイデアを出して、優れたアイデアと認められたので特許を出願した。いとうせいこう フレッシュアイペディアより)

  • 特許権

    特許権から見た特許特許

    特許権 フレッシュアイペディアより)

  • パテント

    パテントから見た特許特許

    パテント フレッシュアイペディアより)

  • Patent

    Patentから見た特許特許

    Patent フレッシュアイペディアより)

  • クリプト (企業)

    クリプト (企業)から見た特許特許

    クリプト社はロシア生まれのスウェーデン人のボリス・ハーゲリンによってツークで設立された。元々はクリプトテクニック株式会社(Aktibolaget Cryptoteknik)という社名で、アルヴィッド・ゲルハルド・ダムが自身の持つ特許でC-36 機械式暗号機を製造するために1920年にストックホルムで設立した企業であった。ダムの死後、第二次世界大戦の直前にクリプトテクニック社は初期の出資者であるボリス・ハーゲリンの監督下に入り、戦争中は実質的には米国で活動しておりC-38(M-209を参照)として140,000基の暗号機をライセンス生産した。1950年代初めにスウェーデン政府の軍事上重要な技術/契約業者の国有化計画のために会社はストックホルムからツークへ移転し、1952年にスイスの会社組織となった。クリプト (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 磐井彦太郎

    磐井彦太郎から見た特許特許

    明治18年(1885年)に欧米に渡航し、点灯器の調査に従事、没頭する。明治22年(1889年)に帰国後、幾多も試験を積み重ねて蛍光灯を発明して特許を取る。これを「磐井燈」と名付け、その製造販売で成功した。磐井彦太郎 フレッシュアイペディアより)

1114件中 61 - 70件表示

「特許」のニューストピックワード