1408件中 61 - 70件表示
  • 安藤百福

    安藤百福から見た特許特許

    次に安藤は、麺を長期間保存ができるように乾燥させ、かつ熱湯をかけるとすぐに食べることができる状態になる性質を持たせることに挑んだ。安藤は天ぷらからヒントを得て、麺を高温の油で揚げることにした。安藤が意図したのは、麺を高温の油で揚げると水分がはじき出されると同時に麺に無数の穴が開き、熱湯を注いだ際にはその穴から湯が吸収されて麺が元に戻りやすくなるという仕組みであった。麺の固まりを油の中に入れるとバラバラに分解して浮かび上がるため、安藤は針金と金網を使って枠型を作り、その中に麺を入れて揚げる手法を考案した。これら一連の製法は「瞬間油熱乾燥法」と名付けられ、1962年に特許を取得した。安藤は、油熱乾燥させたラーメンは独特の香ばしさを持つようになるが、その香ばしさこそがおいしさの秘密であり、普通のラーメンとは違う食べ物にしているのだと述べている。安藤百福 フレッシュアイペディアより)

  • 平川義宏

    平川義宏から見た特許特許

    独創性と先進性が目立ち、2017年現在、自らの発明、特許願は全て特許査定(出願後の取り下げなどは1件もない。)されており、いわゆる休眠特許もない。平川義宏 フレッシュアイペディアより)

  • 三八式歩兵銃

    三八式歩兵銃から見た特許特許

    金属部分、特に銃身鋼材については、軍用銃には珍しいタングステン合金銃身鋼(高速度鋼)が使用されている。この銃身鋼材は八幡製鉄所で精錬し、鋼材を各工廠(陸軍造兵廠)で加工した。銃身鋼材を国内精錬とした初めての銃であるが、原料は国内調達ができず、タングステンこそ山口県産の重石鉱を使用したが、鉄鉱石は中国の鞍山産を使用している。また、銃身鋼の製法特許はオーストリアのボーレル社から取得している。また、銃身には製造工数は増えるが、耐久性の高いメトフォード型ライフリングが彫られていた。銃身の寿命は発射数8,000発程度と想定されていた。三八式歩兵銃 フレッシュアイペディアより)

  • PlayStation 2

    PlayStation 2から見た特許特許

    3月24日 - アメリカ社がカリフォルニア州オークランドの連邦地裁に起こしたコントローラ振動技術の特許権をめぐる訴訟で、SCEなどに米国での販売差し止めと約96億円の損害賠償を命じる判決。(俗にいうサブマリン特許)PlayStation 2 フレッシュアイペディアより)

  • 99.9 -刑事専門弁護士-

    99.9 -刑事専門弁護士-から見た特許特許

    「ウドウ光学研究所」社長。菊池とその研究をかなり気に掛けている様子を見せるが、菊池の過去の発明の特許に関しては、5万円しか報奨を渡さなかった。99.9 -刑事専門弁護士- フレッシュアイペディアより)

  • セカンドソース

    セカンドソースから見た特許特許

    知的財産権の概念が希薄だった時代には、他社がオリジナル製品を購入して開封し、製品の構造を顕微鏡で拡大撮影してマスクパターンを作成し、それを用いて同一製品を製造することも行われた。これに対しては、当初直接防止する法的手段がなかった。米国産の半導体製品を日本でコピーする例が相次ぎ、米国からの抗議をうけて、半導体集積回路の回路配置に関する法律が制定された。現在では、加えて特許や著作権等の知的財産権でオリジナル製品を保護するようになり、無闇なデッドコピーは影を潜めている。セカンドソース フレッシュアイペディアより)

  • 星野やすし

    星野やすしから見た特許特許

    群馬県勢多郡黒保根村(現・桐生市黒保根町)出身。人造偏光板・磁気録音読書機の発明者。数々の特許を申請し、特許数は日本国内で58件、海外(アメリカ、イギリス、ドイツ各国)で59件。日本最初の塗布型磁気テープを作製し磁気テープの父と呼ばれた。星野やすし フレッシュアイペディアより)

  • コンパクトカセット

    コンパクトカセットから見た特許特許

    往復型カートリッジの中でもフィリップスが開発したコンパクトカセットは小形の割に音質が良く、1965年にフィリップスが互換性厳守を条件に基本特許を無償公開したため、多くのメーカーの参入を得て事実上の標準規格となった。このため単に「カセットテープ」の呼称でも通じるようになっている。コンパクトカセット フレッシュアイペディアより)

  • スペースインベーダー

    スペースインベーダーから見た特許特許

    西角はデザインのためにブラウン管をペン状のデバイス(ライトペン)で直接描画し、それをデータとして利用できるシステムを発明した。これが世界で最初の実用コンピューター用ペンデバイスであったとされることがある(なお、ライトペンはWhirlwindで開発されSAGEで使われたのが最初 1 と一般には今日ではされている)。西角は、曰く「自分の作業をしやすくするための道具として作っただけ」という理由で、特許などは取得しなかった。スペースインベーダー フレッシュアイペディアより)

  • Google検索

    Google検索から見た特許特許

    Googleが成功した大きな理由の1つがページランクと呼ばれる特許取得済みのアルゴリズムであり、これによって検索文字列に最も適したウェブページを上位に表示できる。Google以前の主な検索エンジンはキーワードに基づいて検索結果の順位付けをしていた。それは、検索文字列がそのページ内に出現する頻度を順位付けの基本とし、それによって検索文字列とそのページの関連性の強さを評価していた。これに対してページランク・アルゴリズムでは、重要とされるページからリンクされている数を評価の基本とする。リンク元ページの重要度もページランクで決定されるため、そのアルゴリズムは再帰的になる。Googleはページランクだけでなく様々な指標を検索結果の順位付けに追加しており、今では200以上の異なる指標を使っているという。不当な順位の操作を防ぐためと、競合他社への優位を確保するため、詳細は秘密にされている。Google検索 フレッシュアイペディアより)

1408件中 61 - 70件表示

「特許」のニューストピックワード