1114件中 71 - 80件表示
  • ロバート・カーンズ

    ロバート・カーンズから見た特許特許

    ロバート・ウィリアム・カーンズ(Robert William Kearns、1927年3月10日 - 2005年2月9日)は、1969年以来現在に至るまでのほとんどの自動車で使用されている間欠式ワイパーの発明者である。カーンズのこの発明に対する最初の特許は1964年12月1日に提出された。ロバート・カーンズ フレッシュアイペディアより)

  • INPADOC

    INPADOCから見た特許特許

    INPADOC(インパドック)は、欧州特許庁(EPO)が作成している世界各国の特許の書誌事項のデータベースである。INPADOC フレッシュアイペディアより)

  • コフマン・エンジンスターター

    コフマン・エンジンスターターから見た特許特許

    コフマン式は最も一般的なブランド(もう一つは「ブリーズ・カートリッジ式」:Breeze cartridge system)であり、コフマンの特許の下で生産された。星型エンジンを搭載する米軍のほとんどの航空機と戦車がこの方式を採用していた。同様に英国のスーパーマリン スピットファイア機がロールス・ロイス マーリン エンジンを始動するためにコフマン方式を使用していた。ホーカー タイフーン機もネイピア セイバー エンジンの始動に同方式を採用していた。コフマン・エンジンスターター フレッシュアイペディアより)

  • ヴャチェスラフ・シュポルト

    ヴャチェスラフ・シュポルトから見た特許特許

    また、発明家としての一面も持ち、10件の特許を取得している。ヴャチェスラフ・シュポルト フレッシュアイペディアより)

  • 大学知的財産本部整備事業

    大学知的財産本部整備事業から見た特許特許

    大学知的財産本部整備事業(だいがくちてきざいさんほんぶせいびじぎょう)とは、特許等知的財産の機関帰属への移行を踏まえ、大学等における知的財産の創出・取得・管理・活用を戦略的に実施する体制の整備を支援するため、文部科学省では2003年(平成15年)度より「大学知的財産本部整備事業」を実施することとした。既に全国の国立大学・公立大学・私立大学・高等専門学校・大学共同利用機関から合計83件の申請が提出され、審査結果が2003年(平成15年)7月15日に取りまとめられた。大学知的財産本部整備事業 フレッシュアイペディアより)

  • IPオーストラリア

    IPオーストラリアから見た特許特許

    IPオーストラリア(アイピー・オーストラリア、IP Australia、略称:IPA)は、オーストラリアにおいて、特許、商標、意匠及び育成者権を所管する行政機関である。IPオーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • 優先権

    優先権から見た特許特許

    条約等に基づく国際的な優先権は、ある国で行われた特許、実用新案、意匠や商標の出願に対し、その出願人(または承継人)が別の国でも先の出願の時点で出願したとみなされる権利である。後の出願の際に先の出願を基礎として指定し優先権を主張する必要がある。この優先権は、基本的には工業所有権の保護に関するパリ条約に定められているので、パリ優先権ともいう。この優先権の制度がないと、発明等により特許等を受ける権利は国内でのみ有効なので、必要な全ての国で出願しなければならない。しかし他国に出願するための翻訳には時間と費用がかかり、この間に他者に先を越されれば権利を失い著しく不利益となる。これを避けるために優先権制度が設けられた。優先権 フレッシュアイペディアより)

  • CUBIC PRINTING

    CUBIC PRINTINGから見た特許特許

    1974年(昭和49年)に国内外で特許を申請。CUBIC PRINTING フレッシュアイペディアより)

  • ヨハン・ヨハンソン (発明家)

    ヨハン・ヨハンソン (発明家)から見た特許特許

    ヨハン・ペター・ヨハンソン(Johan Petter Johansson、1853年12月12日 - 1943年8月25日)(JPとしても知られる)は、スウェーデンの発明家で実業家である。彼は近代的なモンキーレンチ(Adjustable spanner)を発明した(特許、1891年、1892年5月11日)。ヨハンソンは総計100以上の特許を取得した。ヨハン・ヨハンソン (発明家) フレッシュアイペディアより)

  • ウェスティングハウス・ブレーキ・アンド・シグナル

    ウェスティングハウス・ブレーキ・アンド・シグナルから見た特許特許

    前身企業にはエヴァンズ・オドネル社 (Evans O'Donnell) やサクスビー・アンド・ファーマー社 (Saxby and Farmer) がある。サクスビー・アンド・ファーマーはジョン・サクスビー (John Saxby) とジョン・スティンソン・ファーマー (John Stinson Farmer) により19世紀半ばに鉄道の信号保安設備を製造するために設立された。空気ブレーキはアメリカ合衆国のジョージ・ウェスティングハウスによって1869年に特許が取得され、1872年に導入された。1920年にサクスビー・アンド・ファーマーとエヴァンズ・オドネルは合併してウェスティングハウス・ブレーキ・アンド・サクスビー・シグナルを設立した。ウェスティングハウス・ブレーキ・アンド・シグナル フレッシュアイペディアより)

1114件中 71 - 80件表示

「特許」のニューストピックワード