1114件中 81 - 90件表示
  • ふーすてっぷ

    ふーすてっぷから見た特許特許

    かつては警視庁化学捜査課の主任(当時の階級不明)であり、「サイバー捜査官 ココロ・エザキ」の名は闇世界でも恐れられるほどであった。「人を追い詰めるより自立の手助けをしたい」との思いから数年前に引退、現在の児童施設を開業した。捜査官時代に作ったプログラムのお陰で特許料がガンガン懐に入ってくるため、経済的にはかなり裕福(児童施設の運営費はそこから来ている)。ふーすてっぷ フレッシュアイペディアより)

  • 参加

    参加から見た特許特許

    特許の無効などに関する審判による紛争の解決は、その審判の当事者間で相対的になされるのが普通なので、第三者がこれに干渉する必要はない。しかし、第三者が当事者との間に何らかの法律的関係にあり、結果によっては法律上不測の損害を被るおそれがある場合、または特許法などでは審決の効力が第三者に及ぶことに基づき、他人の審判の結果が第三者の法律上の地位に影響を及ぼす場合には、第三者が、自己の法律上の利益を守るために、他人間に係属中の審判の当事者の一方に介入し、その当事者を補助して勝訴させ、または自らも請求人として、一方の当事者に加わって、他方の当事者に対して自己の請求の趣旨を主張して審判手続を追行することができる。なお、参加には申請が必要で、参加できるか否かは参加しようとする審判の審判官が審判により決定される。参加 フレッシュアイペディアより)

  • CAST-128

    CAST-128から見た特許特許

    秘匿通信のために使用するアルゴリズムとしてカナダ政府に認められた。CASTの設計手続きはEntrust社が特許を取得しているが、CAST-128は、商用か否かを問わず、世界中で利用可能である。CAST-128 フレッシュアイペディアより)

  • アン・クライン

    アン・クラインから見た特許特許

    1958年にクラインと離婚し、1963年にマシュー(愛称 チップ)・ルーベンシュタイン(Matthew “Chip” Rubenstein)と結婚。1967年にはミニスカート用ガードルで特許を取得している。1968年にルーベンシュタインとアンクライン社(アンクライン・ブランド)を立ち上げる。アン・クライン フレッシュアイペディアより)

  • 国際特許

    国際特許から見た特許特許

    国際特許(こくさいとっきょ)または世界特許(せかいとっきょ)とは、単一の手続によって取得可能、かつ、多数の国で有効な特許という仮想的な概念である。このような特許は現在のところ概念上だけのもので、実際には存在しない。特許権は国別(一部地域別)の独立した権利であり、それぞれの国(地域)で権利を主張するためには、その国(地域)ごとに個別に権利を取得する必要がある。国際特許 フレッシュアイペディアより)

  • 大下大蔵

    大下大蔵から見た特許特許

    1923年、殺虫剤「強力フマキラー液」を創製、翌1924年、祇園町に「大下回春堂」(現・フマキラー)を創業。同年専売特許に成功し、戦前までに国内のみならず欧米諸国にも市場を拡げ、上海に工場を設置するなど同社を躍進させた。戦後1950年、一子・俊治の社長就任で会長に退いた。大下大蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 和泉要助

    和泉要助から見た特許特許

    筑前国鞍手郡平泉村生まれ。筑前福岡藩の藩士出水要の養子となり、のち和泉要助と名を改めた。明治3年(1870年)に鈴木徳次郎、高山幸助と人力車の製作を行い、同年に東京府より製造と営業の許可を得た。人力車総行司となったが、人力車普及につれ特許制度の不備も重なり専売としての権利を維持することはできず特権を失ったとされる。明治6年(1873年)には下賜金が付与されたとの記録があることから(出典:国立公文書館デジタルアーカイブ明治6年12月5日文書)免許剥奪の代価として与えられた可能性がある。和泉要助 フレッシュアイペディアより)

  • 発明軍人 イッシン

    発明軍人 イッシンから見た特許特許

    一真からは「凡人」「無能」と罵られてはいたが、数々の発明で特許を取得しているので優秀な人物であることは確か。発明軍人 イッシン フレッシュアイペディアより)

  • 電子国土

    電子国土から見た特許特許

    電子国土の理念を具現化するツールの一つとして、国土地理院から無償提供されているソフトウェア。ActiveXコントロールを用いたウェブブラウザのプラグインとしてインストールされる。このソフトウェアは、「地図記号発生型・トポロジ暗示型データによる地図情報システム」(特許第3702444号)に基づく技術を用いて構成されている。すなわち、サーバから配信される唯一の地理情報から、クライアント側において異なる地図表現がなされた地図情報を生成できる機能を有している。実際この機能を用いて、触地図の原稿となるべき情報を国土地理院から配信されてきた背景地図情報から自動的に生成するソフトウェア「触地図原稿作成システム」を国土地理院から試験的に提供している。電子国土 フレッシュアイペディアより)

  • バーナム・クース・スティックニー

    バーナム・クース・スティックニーから見た特許特許

    バーナム・クース・スティックニー(Burnham Coos Stickney, 1864年4月9日 - 1937年6月11日)は、ニューハンプシャー生まれのタイプライター技術者である。アンダーウッド・タイプライター・カンパニーにおいて、タイプライターに関する特許を多く取得した。山下芳太郎と議論のすえ、カナキー配列を決め、1923年2月9日にアメリカ合衆国の特許を出願した(アメリカ合衆国特許第1549622号、第1600494号)。これがカナモジカイ標準キー配列の原型となっている。バーナム・クース・スティックニー フレッシュアイペディアより)

1114件中 81 - 90件表示

「特許」のニューストピックワード