犬山城 ニュース&Wiki etc.

犬山城(いぬやまじょう)は、愛知県犬山市にあった城である。現在は江戸時代までに建造された天守が現存する。また天守が国宝指定された4城のうちの一つである。 (出典:Wikipedia)

「犬山城」Q&A

  • Q&A

    なばなの里と名古屋観光についてアドバイスをください。 はじめまして。来月の23、2…

    [続きを読む]

    回答数:6質問日時 - 2016年11月24日 11:31

  • Q&A

    犬山城での滞在時間ですが、下記の行程で2時間有ればどうでしょうか? 行程としては、犬…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年11月14日 19:42

  • Q&A

    この週末に家族三人(子供もうすぐ2歳)で 旅行へ行くのですが 1日目は下呂で宿泊。 …

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月1日 11:01

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「犬山城」のつながり調べ

  • 平岩元重

    平岩元重から見た犬山城

    平岩元重は尾張清洲城では留守居役を勤める。その以前、三河在住時代に日近城の戦い、藤波畷の戦い、三方ヶ原の戦い、鳶ヶ巣山の戦いなどの徳川氏の主要な戦いに参加し、数多くの戦功をあげた。しかし、天正18年(1590年)8月朔日、徳川家康の関東入りに際しては三河国の自領に残留を主張して家康の勘気を受け改易となるが、後に勘気は解かれ家康四男松平忠吉に付属されて再仕官したが、知行150石、清洲城留守居役に終わり、家康の近従出身で犬山城主12万3千石の大名格にまで昇った同族の平岩親吉とは好対照となった。(平岩元重 フレッシュアイペディアより)

  • 大須観音

    大須観音から見た犬山城

    その後、慶長17年(1612年)に徳川家康の命令で犬山城主の成瀬正茂によって現在地に移転する。 明治25年(1892年)3月21日には、境内にあった宝生座(芝居小屋)裏手からの出火(大須の大火)により本堂、五重塔と仁王門を焼失、第二次世界大戦の名古屋大空襲による2度目の焼失後、昭和45年(1970年)に本堂を再建し、現在に至る。(大須観音 フレッシュアイペディアより)

「犬山城」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「犬山城」のニューストピックワード