前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
178件中 1 - 10件表示
  • あいち戦国姫隊

    あいち戦国姫隊から見た犬山城犬山城

    名古屋などほかの武将隊と同様、国の緊急雇用創出事業交付金を利用することで2011年(平成23年)7月に結成され、8月5日に名古屋城宵まつりで公式活動を開始した。プロデュースは西川流師範・西川千雅。県内の城やイベント会場に赴き、歌や演舞、写真撮影などで来場者をおもてなしするもので、当初は毎週水曜日に清洲城、木曜日に犬山城、金曜日に岡崎城で活動し、土日は各地のイベントで愛知のPR活動を行なっていた。交付金が終了するため当初は2011年度で活動を終了する予定だったが、観光地などへの集客効果があったことから愛知県が活動費を予算計上することで2012年度も活動が継続された。あいち戦国姫隊 フレッシュアイペディアより)

  • 伊木山

    伊木山から見た犬山城犬山城

    「キューピーの鼻」からの南東から北東への展望が良いといわれ、眼下に木曽川、対岸には犬山城、御嶽山が望める。伊木山 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山神社

    犬山神社から見た犬山城犬山城

    犬山神社(いぬやまじんじゃ)は、愛知県犬山市にある神社である。針綱神社、三光稲荷神社と同じく、犬山城の南の登城入り口近くにある。この地には犬山城の西御殿(平岩親吉の屋敷を移築した建物)が存在した場所である。犬山神社 フレッシュアイペディアより)

  • 石川貞清

    石川貞清から見た犬山城犬山城

    石川 貞清(いしかわ さだきよ)は、安土桃山時代の武将、大名。豊臣氏の譜代の家臣。犬山城主。江戸時代前期の商人、後に江戸幕府御家人。初名は光吉、あるは三吉ともいった。晩年は剃髪して石川宗林を称し、茶人でもあった。石川貞清 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬氏

    成瀬氏から見た犬山城犬山城

    正一の長男、正成は家康の元で武功を上げ、栗原藩主に封ぜられ諸侯に列した。後に尾張藩の御附家老として犬山城を与えられるが、正成の代から明治維新まで、犬山成瀬氏は陪臣の扱いを受け続けることになる。このために紀州や水戸の付家老と連携して大名への昇格を画策し、明治維新後、9代当主成瀬正肥は悲願の立藩を果たし、犬山藩の藩知事となるが、すぐに廃藩置県が実施される。維新後は男爵、1891年4月23日には子爵にした。成瀬氏 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山藩

    犬山藩から見た犬山城犬山城

    犬山藩(いぬやまはん)は、尾張国に存在した藩(ただし、藩と正式に認められて立藩したのは慶応4年(1868年)1月の新政府の計らいによるものであり、江戸幕府の幕藩体制のもとでは、藩として認められていなかった)。居城は犬山城(白帝城)であり、現在の愛知県犬山市犬山北古券を支配した。犬山藩 フレッシュアイペディアより)

  • 現存天守

    現存天守から見た犬山城犬山城

    現存天守が在籍していた城が存城であった当時に再建、改築されたものがほぼそのまま残っているもの(犬山城・松本城・高知城・松江城など)現存天守 フレッシュアイペディアより)

  • 彦根城

    彦根城から見た犬山城犬山城

    彦根城(ひこね じょう)は、日本の滋賀県彦根市金亀町にある城である。江戸時代および1869年(明治2年)の版籍奉還後から1871年(明治4年)の廃藩置県まで彦根藩の役所が置かれた。天守、附櫓及び多聞櫓は国宝、城跡は特別史跡かつ琵琶湖国定公園第1種特別地域である。天守が国宝指定された5城のうちの一つである(他は犬山城、松本城、姫路城、松江城)。彦根城 フレッシュアイペディアより)

  • 池田恒興

    池田恒興から見た犬山城犬山城

    尾張犬山城主、摂津兵庫城主、美濃大垣城主。通称は勝三郎。紀伊守を自称、晩年に入道し勝入と号した。諱を信輝としている軍記物もあるが、信頼できる同時代史料には見当たらない。池田恒興 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県の観光地

    愛知県の観光地から見た犬山城犬山城

    ファイル:Castle in Inuyama.JPG|犬山城天守愛知県の観光地 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
178件中 1 - 10件表示

「犬山城」のニューストピックワード