146件中 91 - 100件表示
  • 遠藤慶隆

    遠藤慶隆から見た犬山城犬山城

    慶長5年(1600年)、石田三成が徳川家康打倒の兵を挙げると、美濃では岐阜城主織田秀信が三成の西軍に加担し、八幡城主稲葉貞通は家康西上阻止のため犬山城に入った。慶隆は胤直と共に岐阜城に招かれ、秀信に西軍加担を勧誘されたが、小原に戻ると弟慶胤と相談し東軍加担を決めた。だが、胤直は西軍に加担したため、慶隆は子の慶勝をこれに備えさせた。慶隆は家康に八幡城奪還を願い出て許可され、江戸から飛騨に戻った金森可重と共に貞通が留守の八幡城を攻めた(八幡城の合戦)。激戦の末、城側が降伏して和議が成立したところへ、家康から郡上一円の安堵状も届いた。ところが、急報を受け帰還した貞通に急襲され、今度は慶隆が敗走するも、再度和議が成立。慶隆は胤直も降伏させ、信濃在陣中の徳川秀忠に戦況報告の使者を送って感状を貰う一方、自身は赤坂(現大垣市)へ向かって、岡山本陣で家康に謁した。関ヶ原の戦いで東軍が勝利すると、稲葉貞通は豊後臼杵5万石に転封になり、11月に慶隆は八幡城主の座を取り戻すことに成功した。同月15日には慶胤が死去し、慶隆は全郡上郡2万7000石を領有することとなった。遠藤慶隆 フレッシュアイペディアより)

  • 織田広近

    織田広近から見た犬山城犬山城

    兄敏広の命で斎藤氏に備えるため文明元年(1469年)、尾張丹羽郡に木ノ下城(犬山城)を築城し、小口城から移った。同年2月、徳林寺(後の吉祥山妙徳寺)を建立した。文明7年(1475年)、嫡男寛広を兄敏広の養子としたため、もう1人の子寛近(津田武永)に家督を譲り、小口に隠居所・万好軒(現在の吉祥山妙徳寺)を立て、閑居した。織田広近 フレッシュアイペディアより)

  • 織田寛広

    織田寛広から見た犬山城犬山城

    木ノ下城(後の犬山城)主織田広近の子で、伯父である岩倉城主の尾張守護代「織田伊勢守家」の当主織田敏広の養子となり、文明13年(1481年)3月、養父の死後にその家督を継いで岩倉城主となり、中島郡を除く尾張上四郡に加え、海西郡と山田郡の大半に勢力を築いた。後に主君の尾張守護・斯波義寛の一字「寛」の偏諱を受け、寛広と名乗ったとされる。織田寛広 フレッシュアイペディアより)

  • 関ヶ原の戦いの戦後処理

    関ヶ原の戦いの戦後処理から見た犬山城犬山城

    所領を安堵された武将は、大別すると徳川秀忠による信濃上田城の戦いに従軍した徳川氏譜代の大名や外様、および本戦やその前後において東軍に寝返った大名がほとんどを占める。前者は秀忠の失策が公になり、家康が大幅な加増を行うのをためらったとも考えられる。ただし程なくして従軍した大名の大半は、石高加増の恩恵にあずかっている。一方後者は小早川秀秋の寝返りに呼応したり、大垣城や犬山城を守備していたが工作によって降り、その後東軍の将として働いた大名達である。敵対の罪を帳消しにするため懸命な奉公を行って、辛うじて本領の安堵に漕ぎ着けている。関ヶ原の戦いの戦後処理 フレッシュアイペディアより)

  • 館山城

    館山城から見た犬山城犬山城

    現在建つ天守は、後に犬山城を模して1982年(昭和57年)に再建された模擬天守であり、当時の天守の概要や外観については不明である。この天守は現在、館山市立博物館分館(八犬伝博物館)として利用され、周辺は城山公園となっている。館山城 フレッシュアイペディアより)

  • 松平忠頼

    松平忠頼から見た犬山城犬山城

    天正10年(1582年)、松平忠吉の次男として生まれる。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは東軍に与して三河岡崎城の守備を務め、戦後は尾張犬山城と美濃金山城の守備を務めた。同年、異父兄・家広の跡を継いで武蔵松山藩の第2代藩主となるが、この功績により、美濃金山藩1万5,000石を加増されて2万5,000石の大名となる。松平忠頼 フレッシュアイペディアより)

  • 木ノ下城

    木ノ下城から見た犬山城犬山城

    1537年(天文6年)、織田信康は乾山の砦に城郭を造営し、犬山城として整備する。木ノ下城は廃城され、織田信康は犬山城に拠点を移す。木ノ下城 フレッシュアイペディアより)

  • 伊木氏

    伊木氏から見た犬山城犬山城

    [[画像:igiyamacastle.JPG|thumb|300px|right|伊木氏の苗字の元となった伊木山城跡。尾張(写真左側)・美濃(同右側)を隔てる木曽川を挟んで犬山城と対峙する。信長からすれば伊木山城は美濃攻めの橋頭堡確保という位置づけであった(犬山城天守から撮影。)]]遠祖は相模国の豪族・鎌倉氏とされ、橘氏の末裔とされる。伊木氏 フレッシュアイペディアより)

  • 津田信益

    津田信益から見た犬山城犬山城

    津田 信益(つだ のぶます、? - 寛永10年6月2日(1633年7月7日))は、江戸時代初期の旗本、越前北ノ庄藩(福井藩)士。尾張犬山城主であった織田信清の子。織田信長の従甥。通称は源十郎、左衛門佐(尉)、源二郎、弁左衛門。津田信益 フレッシュアイペディアより)

  • 石田芳弘

    石田芳弘から見た犬山城犬山城

    1995年4月27日に行われた犬山市長選挙に出馬し、当選。犬山市長在任中は、文化力を生かしたまちづくり(犬山城及び城下町の再生)や教育改革(市立小学校全校に30人学級の導入)等に取り組んだ。また市長在任中、全国学力テストについて「序列化や過度な競争を起こす危険性がある。国が個人情報を収集することにも問題がある」として反対の姿勢を示し、犬山市の公立小中学校は全国学力テストに参加しなかった。石田芳弘 フレッシュアイペディアより)

146件中 91 - 100件表示

「犬山城」のニューストピックワード