178件中 91 - 100件表示
  • 下山順一郎

    下山順一郎から見た犬山城犬山城

    愛知県犬山市犬山城登り口に設置の「下山順一郎銅像案内板」下山順一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 織田広良

    織田広良から見た犬山城犬山城

    織田信秀死亡後は犬山城で独自の勢力を保っていたが、尾張上四郡の守護代への対抗のため兄信清とともに織田信長の下に付く。浮野の戦いや岩倉城攻略戦で信長を支援。永禄5年(1562年)5月、美濃攻めのため、信長は佐久間信盛を大将に任じ砦の築城を始める。織田広良 フレッシュアイペディアより)

  • 武功夜話

    武功夜話から見た犬山城犬山城

    蜂須賀小六正勝の事を『武功夜話』の記述「蜂須賀小六殿、川並衆の棟梁に御座候。この人、生来の才略に勝れたる御仁に候なり。天文の頃、南蛮伝来の種子島なる飛道具の名手たれば、種子島なる飛道具を脇より離さず、威風、川並七流の勇士魁合して義盟ス。これ、すなわち蜂須賀党という」をもとに「むしろ、織田信秀に追われた蜂須賀一家が宮後村へ流れ着いて生駒家を頼り、生駒家の護送役や用心棒をしながら口すぎをしている内に、生駒家の一員として犬山城へ出入りをしたり、主に斎藤道三の稲葉山城へ傭兵として出入りするようになったと考えられる。そして、いつの間にか小六はその人望や力量から生駒家の用心棒頭に推される様になった、のみならず、さらに川筋衆(川並衆)とか川賊とも呼ばれる一団の首領格に祭り上げられるようになり、濃尾境界の木曽川七流や長良川・揖斐川の中洲周辺に住む川筋土豪の猛者たちを始めとして地侍や野武士らを束ねて、その規模、数千人に及ぶとも言われる程の強大な蜂須賀党(川筋衆集団―ゲリラ集団)を作り上げていくことになる」武功夜話 フレッシュアイペディアより)

  • 楽田城

    楽田城から見た犬山城犬山城

    永正年間に尾張守護代であった織田久長が築城したと伝わる。以後は楽田織田氏の居城となったが、織田寛貞(織田忠寛の父)の代に、永禄初年に尾張で最大勢力となった織田家末流の織田信長についた犬山城主織田信清に攻略され、信清の出城となった。ところがまもなく永禄5年(1562年)に信清は信長に離反したために犬山城を追われ、楽田城は信長の武将・坂井政尚が守備した。しかし坂井氏は長男の久蔵尚恒が元亀元年(1570年)7月の姉川の戦いで討死、さらに政尚自身も同年12月に近江国滋賀郡堅田(現在の大津市堅田)で戦死したともあり、楽田城には梶川高盛が入って城主となった。楽田城 フレッシュアイペディアより)

  • 中村一栄

    中村一栄から見た犬山城犬山城

    慶長5年(1600年)、一氏は関ヶ原の戦いにおいて東軍に属すが、上杉氏討伐で東上する家康に病床で自らが参陣できないことを詫び、弟を陣代として会津征伐に参加させた。一氏は合戦前の7月17日に病死した。一栄は小山評定ののち反転した東軍に加わり、桂市兵衛、織田四郎左エ門、鈴木勝元らと犬山城を攻め開城させたが、関ヶ原の戦いの前日の杭瀬川の戦いでは、西軍の島清興隊の罠にはまり、有馬豊氏と共に撃破され、野一色助義ら30余名が討ち取られた。関ヶ原の戦いの本戦では、南宮山に拠る毛利軍の抑えとして甥の一忠とともに垂井に陣する。中村一栄 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山市立犬山北小学校

    犬山市立犬山北小学校から見た犬山城犬山城

    犬山城に近く、木曽川湖畔に位置する。近くに城下町や丸の内緑地などがあり、歴史と自然に囲まれている。校区内には、犬山市役所や犬山駅などがある。また、すぐ近くに旧市立体育館があったが2017年に取り壊された。犬山市立犬山北小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 六番町 (千代田区)

    六番町 (千代田区)から見た犬山城犬山城

    現在の六番町は、旧「下六番町」の全域を、1938年8月1日に町名変更したもの。ちなみに「中六番町」は現在の四番町、「上六番町」は現在の三番町の西半分に当たる。四谷見附近くには犬山城主成瀬家の屋敷があった。同家は尾張徳川家の附家老でもあったため、成瀬家中の士分は、一般の直参旗本と違って明治維新による徳川宗家の静岡移住に連座せず当地に存続した。そのため江戸時代の武家の気風が残り、番町の中でも最も住民意識が高い地域を形成している。特に六番町の南半分(奇数番地)の住民は、バブル時代の地上げ攻勢に対抗するため、1994年に「街づくり憲章」を設定し、高層ビルの新築を抑制し、都心住宅街の風致を守る決意を表明している。六番町 (千代田区) フレッシュアイペディアより)

  • 八重緑

    八重緑から見た犬山城犬山城

    尾張国の織田信長による美濃国への侵攻に対抗するため、関城の長井道利、堂洞城の岸信周、加治田城の佐藤忠能が盟約を結んだ際、結束を固めるため、道利の勧めで岸方の養女(人質)として差し出された。しかし、忠能は加治田城下の住人梅村良澤を犬山へ派遣し、丹羽長秀を通して信長に内通。亡骸は、佐藤の家臣西村治郎兵衛が忍んで奪い取り、龍福寺へ葬ったと伝えられている。八重緑 フレッシュアイペディアより)

  • 梅村良澤

    梅村良澤から見た犬山城犬山城

    永禄8年(1565年)、織田信長が斎藤龍興の美濃侵攻にかかった際、加治田城主佐藤忠能の使者として密かに犬山へ行き、丹羽長秀を介して信長に内通の意を伝えた。喜んだ信長から、兵糧を整えるための黄金50枚を渡された(信長公記)。梅村良澤 フレッシュアイペディアより)

  • 浮野の戦い

    浮野の戦いから見た犬山城犬山城

    岩倉織田氏の内紛を見た信長は信賢との戦いに備え、父織田信秀死後独立勢力化していた犬山城主織田信清に対し、自分の姉・犬山殿を嫁がせ味方に組み入れた。浮野の戦い フレッシュアイペディアより)

178件中 91 - 100件表示

「犬山城」のニューストピックワード