178件中 21 - 30件表示
  • 多良藩

    多良藩から見た犬山城犬山城

    一政は関ヶ原においては、はじめ西軍に与して竹中重門や稲葉貞通、加藤貞泰らと共に犬山城を守備していた。しかしやがて東軍に寝返り、関ヶ原本戦で戦功を挙げたため、戦後に関氏の旧領であった伊勢亀山藩に移され、多良藩は廃藩となった。跡地には後に美濃衆が復帰した。多良藩 フレッシュアイペディアより)

  • 新郷瀬川

    新郷瀬川から見た犬山城犬山城

    入鹿池から流れてきた五条川より、犬山市羽黒付近(岐阜県道・愛知県道16号多治見犬山線富士橋の南約200m)で分流する。犬山市内を北上し、犬山市松本町付近(岐阜県道122号・愛知県道186号御嵩犬山線新郷瀬川橋)で郷瀬川に合流する。郷瀬川は犬山城の東で木曽川に合流する。新郷瀬川 フレッシュアイペディアより)

  • 根来組

    根来組から見た犬山城犬山城

    天正13年(1585年)には、後の百人組の原型として最も早く設置され、50名が成瀬正成の組下に置かれた。また、鉄砲師範には後の牛久藩主、山口重政が任ぜられている。関東討入後は内藤新宿に配備され、四谷の成瀬正成の指揮下で甲州路の防衛に当たった。関ヶ原の戦いでは成瀬正成の指揮の下、最前線で活躍する。正成が尾張藩の附家老として犬山城に異動した後も成瀬氏の影響力が残ったといわれている。また、関ヶ原の戦い時には根来組はもうひと組あり、伊奈令成が組頭であったが合戦後に廃絶している。根来組 フレッシュアイペディアより)

  • 伊木忠次

    伊木忠次から見た犬山城犬山城

    織田信長の美濃攻めに従軍し、永禄4年(1561年)に犬山城の対岸にある伊木山に拠った斎藤勢を攻めた際に著しい武功を挙げた。この功により信長より「伊木」の姓を賜り、伊木山への築城を許され、伊木山城を構えたとされる。また、信長の重臣で家臣団を充足する必要に迫られた池田恒興の意向により、恒興の家臣の森寺秀勝から誘われて恒興に仕えた。家臣となった時期は永禄3年(1560年)とも永禄4年(1561年)とも伝えられているが、定かではない(前述の伊木姓の逸話との適合性も含めて)。伊木忠次 フレッシュアイペディアより)

  • 真福寺 (羽島市)

    真福寺 (羽島市)から見た犬山城犬山城

    1612年(慶長17年)、徳川家康の命令で犬山城主の成瀬正茂によって、真福寺の一院である「宝生院」が名古屋城城下に移転する。その際、古事記(真福寺本古事記)や古典籍、絵画の殆どが移動し、真福寺のある地名「大須」も移動される。このことがきっかけとなり、真福寺は衰退する。真福寺 (羽島市) フレッシュアイペディアより)

  • 下奈良城

    下奈良城から見た犬山城犬山城

    天正12年(1584年)小牧・長久手の戦いの際に秀吉が犬山城から楽田城へ本陣を移した際に最右翼として、織田・家康連合軍に対抗するために一時的に築かれた砦。下奈良城 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂雄吉

    小坂雄吉から見た犬山城犬山城

    永禄5年(1562年)に小口城攻めの際に小坂雄吉は犬山城の反撃に対する守備のため、尾張国丹羽郡前野村で警備につき、永禄7年(1564年)まで前野村に在住したといわれている。小坂雄吉 フレッシュアイペディアより)

  • 岩富藩

    岩富藩から見た犬山城犬山城

    「地黄八幡」として有名な勇将・北条綱成の孫・北条氏勝は、天正18年(1590年)の小田原征伐の際に玉縄城で善戦したが、本多忠勝や榊原康政の説得を受けて徳川家康に降伏し、やがてその家臣となった。この氏勝が小田原征伐後、原氏に替わって下総国岩富に1万石を与えられ、岩富藩を立藩したのである。氏勝は慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで尾張国犬山城を守備する功を挙げた。慶長16年3月に氏勝は死去し、後を養嗣子(保科正直の四男)の北条氏重が継いだ。氏重は慶長18年冬、下野富田藩に移封となったため、ここに岩富藩は廃藩となった。岩富藩 フレッシュアイペディアより)

  • 織田信清

    織田信清から見た犬山城犬山城

    織田 信清(おだ のぶきよ、生没年不詳)は戦国時代の武将。通称は十郎左衛門、下野守。号は鉄斎。津田鉄斎、犬山鉄斎と称した。津田姓も名乗った。犬山城主織田信清 フレッシュアイペディアより)

  • 中島豊後守

    中島豊後守から見た犬山城犬山城

    初め犬山城主織田信清の家老として、小口城主を務める。信清の敵対により信長が永禄4年(1561年)6月小口城を攻めると、これを撃退。しかし、信長が間近に小牧山城を築くと、城を明け渡して犬山城に退散する。その後、丹羽長秀の調略により、同じ信清家老の和田定利とともに信長方の兵を引き入れ、信清は甲斐に逃亡した。中島豊後守 フレッシュアイペディアより)

178件中 21 - 30件表示

「犬山城」のニューストピックワード