146件中 31 - 40件表示
  • 生駒家長

    生駒家長から見た犬山城犬山城

    初め犬山城主・織田信清の配下であった。その後、妹の吉乃(類)が織田信長に見初められ側室に迎えられ、縁戚関係を結んだため、父ともに信長の家臣となり、家長は信長に馬廻りとして仕えた。浮野の戦い、桶狭間の戦いなど次々に軍功を挙げた。生駒家長 フレッシュアイペディアより)

  • 織田広良

    織田広良から見た犬山城犬山城

    織田信秀死亡後は犬山城で独自の勢力を保っていたが、尾張上四郡の守護代への対抗のため兄信清とともに織田信長の下に付く。浮野の戦いや岩倉城攻略戦で信長を支援。永禄5年(1562年)5月、美濃攻めのため、信長は佐久間信盛を大将に任じ砦の築城を始める。織田広良 フレッシュアイペディアより)

  • 阿木川ダム

    阿木川ダムから見た犬山城犬山城

    付近には恵那峡の他、女城主で有名な岩村城や日本大正村、美濃焼・織部焼の窯元が集中する土岐・瑞浪があり、馬籠宿・妻籠宿・博物館明治村・犬山城も比較的近距離にある。東濃地域の観光地として訪れる人も多い。阿木川ダム フレッシュアイペディアより)

  • 首なし娘事件

    首なし娘事件から見た犬山城犬山城

    ところが2月11日。犬山城にほど近い犬山橋近くの木曽川河原で、ますえの頭部が遺留品とともに発見された。頭部からは毛髪ごと頭皮が剥ぎ取られていたうえに眼球がえぐられ、下顎が刃物で著しく損壊されていた。首なし娘事件 フレッシュアイペディアより)

  • 岐阜城の戦い

    岐阜城の戦いから見た犬山城犬山城

    追いつめられた秀信は8月22日夜、大垣城と犬山城に救援要請を行う。そして、援軍到着まで岐阜城に篭城、岐阜城と援軍で挟み撃ちを考える。家臣からは残存兵力を岐阜城に集め、徹底篭城の意見もでたが、秀信は各武将に命じ、岐阜城とそれを守る稲葉山砦、権現山砦、瑞龍寺山砦と岐阜城への入り口などを固める。岐阜城は秀信と織田秀則、岐阜城へ向かう登山口4箇所には、津田藤三郎、木造具康、百々綱家らを布陣し、兵力を分散させる。岐阜城の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 城戸久

    城戸久から見た犬山城犬山城

    犬山城と名古屋城 尾張の名城 名古屋鉄道 1949城戸久 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山市文化史料館

    犬山市文化史料館から見た犬山城犬山城

    2004年(平成16年)4月、(財)犬山城白帝文庫が設立され、犬山城及び旧犬山城主成瀬家が所有していた多数の古文書・美術工芸品などが展示されている。犬山市文化史料館 フレッシュアイペディアより)

  • 鵜沼城

    鵜沼城から見た犬山城犬山城

    鵜沼城(うぬまじょう)は、室町時代から安土桃山時代にかけて現在の岐阜県各務原市鵜沼南町7-23にあった城。木曽川の北岸の天然の岩山を指し、尾張犬山城は木曽川の対岸にある。別名:宇留間城、宇留馬城、志水山霧ヶ城。鵜沼城 フレッシュアイペディアより)

  • 多良藩

    多良藩から見た犬山城犬山城

    一政は関ヶ原においては、はじめ西軍に与して竹中重門や稲葉貞通、加藤貞泰らと共に犬山城を守備していた。しかしやがて東軍に寝返り、関ヶ原本戦で戦功を挙げたため、戦後に関氏の旧領であった伊勢亀山藩に移され、ここに多良藩は廃藩となった。多良藩 フレッシュアイペディアより)

  • 生熊長勝

    生熊長勝から見た犬山城犬山城

    豊臣秀吉の鉄砲組頭で、小牧・長久手の戦い、小田原の役に従軍する。朝鮮の役では、肥前国名護屋城に在陣する。秀吉の草津湯治の警護役を務める。慶長2年、丹波国および美濃国の内2万石を賜る。関ヶ原の戦いでは、尾張国犬山城主石川貞清が本戦に赴いた後に同城を守備し、戦後所領を没収の上、常陸国松岡城に幽閉されて自刃した。子孫は水戸徳川家に仕えた。生熊長勝 フレッシュアイペディアより)

146件中 31 - 40件表示

「犬山城」のニューストピックワード

  • ユナイテッドホリディ powered by ルックJTB

  • 株式会社ジェイティービーユナイテッド航空

  • スパイダー・イニシアティブ代表