146件中 41 - 50件表示
  • 浮野の戦い

    浮野の戦いから見た犬山城犬山城

    岩倉織田氏の内紛を見た信長は信賢との戦いに備え、父織田信秀死後独立勢力化していた犬山城主織田信清に対し、自分の妹を嫁がせ味方に組み入れた。浮野の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 八重緑

    八重緑から見た犬山城犬山城

    尾張国の織田信長による美濃国への侵攻に対抗するため、関城の長井道利、堂洞城の岸信周、加治田城の佐藤忠能が盟約を結んだ際、結束を固めるため、道利の勧めで岸方の養女(人質)として差し出された。しかし、信周は加治田城下の住人梅村良澤を犬山へ派遣し、丹羽長秀を通して信長に内通。この事を知った岸に、堂洞合戦前夜、八重緑は刺殺され竹の串に貫かれて、加治田城に面した長尾丸山に立てられた。亡骸は、佐藤の家臣西村治郎兵衛が忍んで奪い取り、龍福寺へ葬ったと伝えられている。八重緑 フレッシュアイペディアより)

  • 関・加治田合戦

    関・加治田合戦から見た犬山城犬山城

    永禄8年8月28日(1565年9月22日)に行われた堂洞合戦後、織田信長は加治田の佐藤忠能屋敷に一泊し、翌8月29日に加治田城下で討ち取った岸方の首実検を行った。それから犬山へ帰還途中、関城から長井道利が、井ノ口(岐阜)からの斎藤龍興援軍と合わせて3,000人余りで信長軍に襲い掛かった。信長の手兵は800ばかりで合戦は無理だったので、ひろ野に退いて体制を整え、かかるように見せかけておいて鵜沼へ退却した。道利が加治田に攻め寄せる様子だったので、信長は急遽、斎藤利治を主将として援軍5百を派遣した。関・加治田合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 中濃攻略戦

    中濃攻略戦から見た犬山城犬山城

    永禄8年(1565年)、斎藤氏と同盟の犬山城主織田信清攻略開始。本拠地を清洲城から小牧山城へ本拠を移しており、信長は尾張支配と同時に美濃中濃を攻めることによって、斎藤龍興の勢力をそぐ作戦を開始した。美濃へは森可成が初めに烏峰城(後の金山城)を攻略する。中濃攻略戦 フレッシュアイペディアより)

  • 山村良勝

    山村良勝から見た犬山城犬山城

    慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは東軍に属し、同じく木曾にありながら東軍に属した父・良候は西軍の石川貞清に敗れて犬山城に拘禁された。このため、良勝は木曾の国人を率いて犬山城攻めで武功を挙げて父を救出する。慶長7年(1602年)に父が死去すると、家督を継いで5700石の領主となった。山村良勝 フレッシュアイペディアより)

  • 梅村良澤

    梅村良澤から見た犬山城犬山城

    永禄8年(1565年)、織田信長が斎藤龍興の美濃侵攻にかかった際、加治田城主佐藤忠能の使者として密かに犬山へ行き、丹羽長秀を介して信長に内通の意を伝えた。喜んだ信長から、兵糧を整えるための黄金50枚を渡され(信長公記)、良沢自身は内応の働きにより大はさま(関市田原の迫間)150貫文を与えられたという(長谷川文書)。信長がこの地を生涯にわたって扶持したのは、良沢が単に使者を務めたのではなく、積極的に忠能に内通を働きかけたからとも見られる。梅村良澤 フレッシュアイペディアより)

  • 三好吉房

    三好吉房から見た犬山城犬山城

    三好 吉房(みよし よしふさ、大永2年(1522年) - 慶長5年(1600年))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。豊臣氏の家臣。尾張犬山城主。通称は弥助。後に三位法印とも称した。号は一路、または常閑や日海とも。官職は武蔵守。妻は日秀尼。豊臣秀次・秀勝・秀保らの実父。三好吉房 フレッシュアイペディアより)

  • 猪子一時

    猪子一時から見た犬山城犬山城

    初め、尾張の犬山城主織田信清に仕えて岩倉織田氏と交戦している。1560年前後には織田信長に仕えて赤母衣衆となっている。天正6年(1578年)には、有岡城攻めに参加、後に高槻城に守備要員の1人として入城している。本能寺の変で信長が死去した後は、豊臣秀吉に仕える。天正13年(1585年)に摂津国太田郡に1000石を知行、後に近江国愛智郡、河内国河内郡、伊勢国河曲郡において加増され、合わせて2730余石となり、黄母衣衆に列したという。文禄の役では名護屋城に駐屯。猪子一時 フレッシュアイペディアより)

  • 岩室重休

    岩室重休から見た犬山城犬山城

    以後も信長に仕えており、永禄4年(1561年)6月に発生した犬山城主織田信清の反乱を鎮圧する戦いにも従軍している。重休は信清方の小口城攻略にあたり城将中島豊後守の調略を試みたが拒否されている。この為、小口城の戦いが発生したが、その戦闘中にこめかみを槍で打ち抜かれて討死したという。岩室重休 フレッシュアイペディアより)

  • 生駒家宗

    生駒家宗から見た犬山城犬山城

    武家商人として飛騨国から三河国まで広範囲の商圏を有し、犬山城主・織田信清に属していた。その後、出戻りの娘・類(吉乃)が織田信長の側室となったことにより、信長に仕え重用された。屋敷は遠方から多種多様な人の集まる場所となっており、弾正忠家の信長は生駒氏の財力と情報力を求めて近づいたともいわれている。生駒家宗 フレッシュアイペディアより)

146件中 41 - 50件表示

「犬山城」のニューストピックワード