178件中 41 - 50件表示
  • 姫路百祭シロトピア

    姫路百祭シロトピアから見た犬山城犬山城

    ゆうじょうプラザ:国宝四城の姫路城・松本城・犬山城・彦根城を紹介。姫路百祭シロトピア フレッシュアイペディアより)

  • 平岩元重

    平岩元重から見た犬山城犬山城

    平岩元重は尾張清洲城では留守居役を勤める。その以前、三河在住時代に日近城の戦い、藤波畷の戦い、三方ヶ原の戦い、鳶ヶ巣山の戦いなどの徳川氏の主要な戦いに参加し、数多くの戦功をあげた。しかし、天正18年(1590年)8月朔日、徳川家康の関東入りに際しては三河国の自領に残留を主張して家康の勘気を受け改易となったため、後に勘気は解かれ家康四男松平忠吉に付属されて再仕官したものの、知行150石・清洲城留守居役に終わり、家康の近従出身で犬山城主12万3千石の大名格にまで昇った同族の平岩親吉とは対照的な処遇となった。平岩元重 フレッシュアイペディアより)

  • 平成百景

    平成百景から見た犬山城犬山城

    犬山城と日本ライン(愛知・岐阜)平成百景 フレッシュアイペディアより)

  • センゴク外伝 桶狭間戦記

    センゴク外伝 桶狭間戦記から見た犬山城犬山城

    通称は十郎左衛門。犬山城主。小豆坂の戦いで敗戦した信秀に織田秀俊と共に謀反を起こす。後に信秀によって鎮圧されるが、それが信秀の最後の戦となった。センゴク外伝 桶狭間戦記 フレッシュアイペディアより)

  • 木ノ下城

    木ノ下城から見た犬山城犬山城

    1537年(天文6年)、織田信康は乾山の砦に城郭を造営し、犬山城として整備する。木ノ下城は廃城され、織田信康は犬山城に拠点を移す。木ノ下城 フレッシュアイペディアより)

  • 津田信益

    津田信益から見た犬山城犬山城

    津田 信益(つだ のぶます)は、江戸時代初期の旗本、越前北ノ庄藩(福井藩)士。尾張犬山城主であった織田信清の子。織田信長の従甥。津田信益 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山殿

    犬山殿から見た犬山城犬山城

    名は不明。通称は犬山殿と呼ばれ、信長の姉に当たる。夫の織田信清は犬山城主で信長、犬山殿両者にとって従兄弟にあたるが、信長の父信秀の時代である天文18年(1549年)には領地を横領するなど敵対関係にあった。後を継いだ信長は信清との和解に動き、姉を信清に娶せたのである。しかし両者が協同して奪い取った岩倉城の処理をめぐって対立が再燃、永禄5年(1564年)、信長は犬山城を落城させ犬山殿は信清と離別、信長の庇護下に置かれた。犬山殿 フレッシュアイペディアより)

  • 伊木の森

    伊木の森から見た犬山城犬山城

    各務原市南東の伊木山(標高173メートル)の中腹に位置し、展望台からは名勝木曽川、国宝犬山城、遠くは御嶽山、伊吹山が望める。伊木の森 フレッシュアイペディアより)

  • 伊木氏

    伊木氏から見た犬山城犬山城

    [[画像:igiyamacastle.JPG|thumb|300px|right|伊木氏の苗字の元となった伊木山城跡。尾張(写真左側)・美濃(同右側)を隔てる木曽川を挟んで犬山城と対峙する。信長からすれば伊木山城は美濃攻めの橋頭堡確保という位置づけであった(犬山城天守から撮影。)]]遠祖は相模国の豪族・鎌倉氏とされ、橘氏の末裔とされる。伊木氏 フレッシュアイペディアより)

  • 岩室重休

    岩室重休から見た犬山城犬山城

    以後も信長に仕えており、永禄4年(1561年)6月、反乱を起こした犬山城主・織田信清の鎮圧にも従軍している。重休は信清方の小口城攻略にあたり城将・中島豊後守の調略を試みたが拒否されている。この為、小口城の戦いが発生したが、その戦闘中にこめかみを槍で打ち抜かれて討死したという。岩室重休 フレッシュアイペディアより)

178件中 41 - 50件表示

「犬山城」のニューストピックワード